RSS

日別アーカイブ: 2008/06/14

with Carlos 初ライブ&ライブラリーコンサート

 高槻JKカフェに来て下さった皆様、甲西図書館ライブラリーコンサートに来て下さったたくさんの皆様、ありがとうございました。
 
 カルロスとのライブは、ずっと唄いたくて、なかなか機会のなかった曲を、しかも敬愛するカルロスのギターで唄えて幸せでした。打ち合わせどうりにいかなかったところもありましたが…。カルロスのお友達のフラメンコダンサーの方がシェーカー振って下さったし。随分練習したつもりでしたが、わたしのショボい振りとは大違い。おかげさまでより気持ちよく唄わせていただきました。
 
 カルロスとのライブが終了し、さあ、次は湖南市へ!
 思ったより早くライブが終わったので、「あら 予定より早い電車に乗れそうだわ」と、先に現地入りしているLa fiestaのメンバーに連絡して駅へ。新快速に乗車…したつもりでした。ふと窓を見ると、別の電車が追い越していきます。「新快速」の表示を見たとき、血の気がさあっと引きました。間違えて普通電車に乗っていたのですね。だって(ええい、言い訳はおやめ!)阪神とかって、車体の色で「特急」とか「普通」が判別できるじゃないですか?一緒なんだもん…。不注意でした。
 
 ど どうしよう!?
 追い越していった新快速は一本早いのですから、もともと予定していた草津線には間に合うはずなのですが、もうパニックになってしまっていて、とにかく京都で降りたものの、オロオロして意味なくホームを歩き回るわたくし。
 昔は、大概ホームに駅員さんがいて、乗り換えの時間を聞くことができませんでした?それがいないんですよ 駅員さん。泣きそうになりました。
 不安を抱きつつ草津駅に着くと、ホームに駅員さんのブースがありました。「甲西には6番ホーム、15分発です」と教えてもらって、初めて、「間に合う!」と・・・。安堵のあまり頭がくらくらしました。
 自己嫌悪に陥ってる場合とちゃう!唄に集中するのだ!と自分を叱咤しつつ、もし予定どうりの時間で同じ失敗をしていたら…と思うと今もゾッとします。
 
 駅に着いたら、館長様直々に車で迎えて下さっていました。
 図書館コンサートといっても、舞台も音響反射板もあるという本格的なもの。お客様も満員で、300名近く来られていた のではないでしょうか?皆さん、とてもノリがよくて、本当に楽しく唄わせていただきました。花束まで頂いて感激でした。
 
 書架を移動するために中の本を出しているので、スタッフの方たちは今夜遅くまで作業されるとか、本当に有り難いことです。
 また駅まで送って頂いて、いま電車は山科を出たところです。
 出し尽くして、空っぽ。全身が抜け殻(スープをとったあとの出汁ガラのイメージもあるかな・・)のようですが、心は満ち足りています。
また明日から、次はもっといい唄が、もっと楽しく、聞き手も楽しくなるように唄えるよう、精進いたします。
あかん、居眠りしたら降り損なう。でもあと1時間、起きていられるかなあ。
無理っぽい。
(ρ_-)oZZzz….
 
コメントする

投稿者: : 2008/06/14 投稿先 ライブ報告