RSS

冬将軍居座る

JKCafeでのライブに来てくださった皆様、寒い中お運びいただき、ありがとうございました。いつも賑やか(といってもソロのお客様が多いお店なので、おひとりおひとりは大抵静かに過ごされているのですが)なお店も、店の外を通る人も、斜向かいの鉄板焼きのお店も少し寂しい、寒さの厳しい夜でした。

JKCafeさん、とても天井が高いので(2階もありますが吹き抜けがあるので)、おそらく冷暖房をすべて電気では難しいと思うのです。で、冬になると大きな灯油のストーブが登場するのですが、これが、温もりといい、炎の色といい、灯油の匂いといい、うちのにとってはなんとも郷愁を誘うのであります。

と言いますのも、子供の頃は札幌に住んでおりまして、しかもそのころサラリーマンだった父親は会社の「石油ストーブ製造部門」におりまして、石油(灯油ですけどね)ストーブには並々ならぬ思い入れがあるのです。今はもちろん全く事情は違うと思いますが、子どもの頃は「エアコン」なんてなくて、家庭でも小学校の教室でも灯油のストーブが当たり前でした。札幌の小学校では冬になると先生の机の前に大きな石油ストーブが設置され、登校するやいなやストーブのまわりで暖をとり、手袋を乾かしたものです。それとてきっと朝早くから出勤し、ストーブを点火しておいてくれる人(たぶん用務員さん?)のお陰だったのでしょうね。子供の頃はそんなこと考えもしませんでしたが。

おそらく灯油はガソリンスタンドまで買いに行って一斗缶で運んだのでしょうし、ええ、オトナにとってはなかなかに厳しい冬の生活だったと思います。

でも、子どものうちのにとって、冬の朝、誰も踏んでいない新雪をかぶった街の風景と、2重窓のガラスに張り付いた雪の結晶は、子どもながらに涙が出そうなぐらいの美しさで、毎日の楽しみでした。多少その経験が美的センスを養ってくれているといいのですが。

そんなことやあんなことで、いつも何か懐かしい気持ちにさせられるJKCafeさんなのでした。

やっとライブをさせていただけるようになってきた駆け出し時代からお世話になっているし、その当時紅顔の美青年(?)だった中野さんが、いまや立派なイケメンマスターとして見守ってくれますし。

今年は7年ぶり(多分)にジャズストも当選致しまして、La Fiestaでの出演が決まり、高槻Loveなうちのです。

 
コメントする

投稿者: : 2018/02/08 投稿先 ライブ報告

 

今後の予定(2018.2-)

まだまだ寒い日が続きますが、春を待ちながら、音楽如何でしょうか。
お時間ございましたら是非お出かけください。

**********************

Jazz

2018年2月7日(水) 19時~

高槻JKカフェ

うちののぶこ(Vo)
西脇敦子(P)
渡部春雄(B)
土佐まさかず(Dr.)
music fee:お志

**********************

Jazz&Pops

2018年2月23日(金)20時~

Live&Bar Uncle Jam

(JR甲子園口駅徒歩3分)
http://www.uncle-jam.jp/index.html

82a482bf82cc_a4_20180223.jpg
うちののぶこ(Vo)
市川 強(G)
テーブルチャージ500円+投げ銭(別途、2ドリンクオーダーをお願いします)

**********************

Jazz

2018年3月3日(土)20:30~

Cheers Australian Wine Bar

西宮市上甲子園5丁目1-1

うちののぶこ(Vo)
錦織賢治(G)
music fee:¥1500-
http://www.cheers-winebar.com/
https://www.facebook.com/Cheers-WINE-BAR-151437314922733/

雛祭りライブ!
今回はBossa Nova & Samba、ブラジルものをたっぷりお送りいたします。ギターのNikKieさんとは初デユオ。とーーーーっても楽しみです。
阪急今津線の「阪神国道」か阪神本線の「久寿川」が最寄駅です。ワインとお食事、とっても美味しいですよ。是非!

Bossa Nova &Samba Night

**********************

La fiesta

2018年3月18日(日)15時~

高槻JKカフェ

土佐まさかず(Ds)
西脇 敦子 (P)
奥島 康幸(G)
宮下 典男(B)
平口 充(As)
うちののぶこ(Vo)
music fee:お志

こちらは昼ライブです、お気軽にお越しください。

***********************

 
コメントする

投稿者: : 2018/01/27 投稿先 ライブのお知らせ

 

至福のツインギター+α

Mクアトロでの錦織賢治さん・大野こうじさんとのライブにお越しくださった皆様、ありがとうございました。昨年8月に夢かなって実現したこのメンバーでのライブ。今回2回目、本当に心待ちにしておりました。あまりに楽しみにしすぎてついついマニアックな曲をてんこ盛り。
今回も錦織さんは、7弦ギター、6弦ギター、そしてカヴァコを、大野さんはギターとフルートを持って来てくださいました。それぞれの楽器の組み合わせによってカラーが変わって、本当に彩り豊か。この上なく贅沢な環境で楽しく歌わせて頂きました。

当日ほとんどリハの時間がなくて、サウンドチェック程度しかできず、ほんの1週間前に打ち合わせたはずのサイズがあっち行ったりこっち行ったり・・・。ジャズのスタンダードと違ってサンバやMPBはサイズが中途半端なものや繰り返しの場所がコーラスによって変わったりするので、ある程度サイズを決めておくor 譜面にきちんと明記しておくかしないと迷子になっちゃうんですよね。そこへわたしの出トチりや「後半もギターソロ弾いてもらおうっと!」という気まぐれが混じったりするものですから、もう・・それはそれはスリリングな演奏となりました。後で写真見てもお二人が私を凝視しておられます。「ここだったっけ?いや、ここか?おいおい、うちの、そこ違うやろ・・」みたいな・・・。

でもやっぱりブラジル音楽、楽しい!!楽しすぎる!
歌っている瞬間は至福でございました。

22351

めっちゃ見てるし・・・

22352

視線で打ち合わせしてる・・・・・

22353

お、多少余裕か・・・集中してます。

22354

凝視・・・。

プログラム1

お品書き。また是非お出かけください。

 
コメントする

投稿者: : 2018/01/19 投稿先 ライブ報告

 

未だ堅固かたほなり 上手の中に交じりて

徒然草より

備忘録的に。

第150段

能をつかんとする人、『よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得て、さし出でたらんこそ、いと心にくからめ』と常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。

未だ堅固かたほなるより、上手の中に交りて、毀り笑はるるにも恥ぢず、つれなく過ぎて嗜む人、天性、その骨なけれども、道になづまず、濫りにせずして、年を送れば、堪能の嗜まざるよりは、終に上手の位に至り、徳たけ、人に許されて、双なき名を得る事なり。

天下のものの上手といへども、始めは、不堪(ふかん)の聞えもあり、無下の瑕瑾(かきん)もありき。されども、その人、道の掟正しく、これを重くして、放埒せざれば、世の博士にて、万人の師となる事、諸道変るべからず。

 
コメントする

投稿者: : 2018/01/14 投稿先 あれやこれや

 

再会、そして新しい出会い

Cheers WINE BARでの野江直樹さんとのデュオライブにお運びくださった皆様、ありがとうございました。昨日のライブは、小学校中学校と同じクラス、中学では同じクラブでも汗を流した、建築設計事務所を営む同級生が、わたしと、彼女がいつもマラソン部(社会人のマラソンサークルだそう)でお世話になっているというお店のために企画してくれました。

ということで、お店には、わたしのお友達、お店の常連さん、そのお友達、そしてマラソン部の皆さん、そして同級生。賑やかなライブとなりました。その中には、中学の時にお世話になった体育の先生もおられ久しぶりの再会。しかもたまたまその先生のお誕生日ということで、お客様も一緒にHappy Birthdayを歌ってお祝いしました。

いろんなご縁で集まった方々、そしてお店のオーナーDavidさんが選りすぐった美味しいワイン、これまた素材から丁寧に選んで手を掛けた美味しいお料理と・・・。そんななかで皆さんに演奏を聴いていただけるなんて、どう控えめに言っても幸せ過ぎる・・・。

なんだか胸がいっぱいになって、ちょっと歌の方が怪しくなったりしました。(泣きながら、怒りながら、笑いながら。。。何によらず何かをしながら歌うというのは不可能ですねえ・・。)そこが一番肝心なところなのに・・・まだまだ修行が足りませんです。

こんな素敵なステージを用意してくれた同級生に感謝!!!来てくださった皆様にも感謝です。
本当にありがとうございました。

2018年、とてもよいスタートを切ることができました。さあ、これからもがんばります。
22219_thumb[2]
野江さんのギター、ボディもネックもすべて国産の木でできているのだそうです。とても良い音でした。
落ち着いた雰囲気の店内です。

お品書き
DSC_0038

 
2件のコメント

投稿者: : 2018/01/14 投稿先 ライブ報告

 

2018年も宜しくお願い致します。

新しい年が明けました。よい一年だといいですね。今年も素敵な歌を沢山歌って行きたいと思います。どうか、変わらずご愛顧宜しくお願いいたします。

 

**********************

Jazz

2018年1月13日(土)20:30~

Cheers Australian Wine Bar

西宮市上甲子園5丁目1-1

うちののぶこ(Vo)
野江直樹(G)
music fee:¥1500-
http://www.cheers-winebar.com/
https://www.facebook.com/Cheers-WINE-BAR-151437314922733/

小学校―中学校の同級生が縁を繋いでくれて、初めてライブさせていただくCheesさん。楽しみです。
阪急今津線の「阪神国道」か阪神本線の「久寿川」になります。ワインとお食事、とっても美味しいです。是非!

2018.1.13 Cheers

**********************

Samba&Bossa Nova

2018年1月17日(水) 19時30分~

Mクアトロ

(尼崎市南武庫之荘1-14-20ジミーズマーケット2F)
tel 06-6433-3126
http://www.geocities.jp/m_cuatoro/Mcuatro.htm

うちののぶこ(Vo)
大野こうじ(Gt,Fl)
錦織賢治(7G、cavaquinho)
music fee 2,200-

はがき2018.1.17

前回8月に続いてこの3人のメンバーでブラジルものをたっぷりお送りいたします。
贅沢すぎるツインギター+さまざまな楽器。是非是非ご予定くださいませ!

**********************

Jazz

2018年2月7日(水) 19時~

高槻JKカフェ

 

うちののぶこ(Vo)
西脇敦子(P)
渡部春雄(B)
土佐まさかず(Dr.)
music fee:お志

**********************

Jazz&Pops

2018年2月23日(金)20時~

Live&Bar Uncle Jam

(JR甲子園口駅徒歩3分)
http://www.uncle-jam.jp/index.html
うちののぶこ(Vo)
市川 強(G)
テーブルチャージ500円+投げ銭(別途、2ドリンクオーダーをお願いします)

**********************

La fiesta

2018年3月18日(土)15時~

高槻JKカフェ

土佐まさかず(Ds)
西脇 敦子 (P)
奥島 康幸(G)
宮下 典男(B)
平口 充(As)
うちののぶこ(Vo)
music fee:お志

こちらは昼ライブです、お気軽にお越しください。

***********************

 
コメントする

投稿者: : 2018/01/01 投稿先 ライブのお知らせ

 

大笑いのススメ 忘年同窓会

恒例になりつつある、小学校5-6年生高柳学級の関西忘年同窓会に参加してきました。今回は北新地の水炊きのお店「博多 華味鳥」。営業のお仕事を長くしてきたグルメ通の同級生が、いつも素敵なお店を探してくれるので、ほんとうに楽しみ。本場の水炊きの鶏スープの美味しさと言ったら・・・。あっさりしていて油っこいものが苦手なうちのにはとてもうれしいお店でした。明太子も美味しかったあ・・・。

さて、今回は関西在住の同窓生8名が集まりました。思い出話+それに対する現在のコメントが可笑しくて可笑しくて、笑いすぎでお腹が痛くなりました。ビールも吹きそうになるし、こんなに笑ったのは久しぶりではないかというぐらい笑い転げていました。

みんな記憶がちょっとづつ違っていたり、記憶している部分が違っていたり、みんなの話が、モザイクのように繋がって。厳しい突っ込みや、ネガティブ発言や、それもこれも全部ひっくるめて笑いに昇華できるって、すごいことだなあ・・・・。と思います。

それぞれ年齢を重ねてさまざまな経験をしてきたということもあります。でも翻って日々の仕事や人間関係で「クレーマーさん」とか大昔の「恨みつらみ」を大人になってからも引き摺っている人とか、現在自分の人生がうまく行かないことを過去のせいにしている人や、たくさん見かけるわけです。そういう不幸なことにならずに、今みんなで大笑いできるのも、当時の先生のお陰なんだろうなあ・・・としみじみ思うのでした。

忘年会201757042

(記念撮影!例によって笑いすぎで目がありません。)

たまたまなのですが、今回女子4名は、「集団下校」(これ、やってない地域や学校もあったようですが、当時私の通っていた小学校では必須でした。家が近い子が一緒に登下校するのです。登校は学年やクラスを超えて近所の子がみんなで揃って登校、下校はクラスで方向が同じ子が班を組んで下校することになっていました。)の班4名が全員集合していました。当時7歳離れた妹の通う保育所が下校途中にあったので、皆さんには妹の「お迎え」にも付きあってもらっていました。ちょうどおやつの時間なんかだと、3人(一人は保育所の前のマンションに住んでいたので帰宅済み)で保育所の小さなブランコやジャングルジムに持たれておしゃべりしていたり。

あれから長い歳月が流れました。その時間を経て、またこうして一緒に笑い転げる日が来るとは、もちろん当時は想像も及ばなかったことです。

本当に幸せなことです。

さあ、笑い声や、笑いすぎで流れる涙で、今年の恨みつらみ(いや、そんなものそもそもありませんが、ちょっとした澱のようなもの)はみんな流れていきました。

すっきりとした気持ちで新年が迎えられそうです。

同級生の皆さん、ありがとうございました。

 
コメントする

投稿者: : 2017/12/30 投稿先 あれやこれや