RSS

the Father Time

JKCafeでのライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。お店が停電しているのではないか、と心配でしたし、当日の朝、北海道で大きな地震があって、気が滅入りましたが、JKCafe、元気に営業していました。

マスターは4日の雨が一番ひどかった時、お店におられたそうです。道路に面してほぼガラス張りの作りだから怖かったのではないかしら。お店の中で、嵐を迎え撃つ(撃つわけではないけれど)マスターを想像すると、ヒーローに見えますね。

高槻周辺は6月に地震で被害を受けたばかり。補修中のお家もあったでしょうし、より不安が大きかったのではないかと思います。地元のお客様にそんな話を伺いつつ、それでも元気に楽しく歌わせていただきました。

時の神様は最近ご機嫌が悪いのでしょうか、自然災害が頻発していますね。人工知能、癌や認知症の治療薬、考えも及ばないほど技術は進歩していくのに、自然の脅威の前では人間の無力さを思い知らされます。

いろんなところで、災害を最小にする努力はなされているとは思います。「未然に防いだ」功は見えにくく、どうしても起こったネガティブな部分ばかり報道されるし、そちらに目が行きがちですが。例えば今回JRが前日に運休を決めたのはとてもよかったのではないでしょうか。(もちろんそれでとっても困った方もいらっしゃるでしょうけれど)大きな台風が来るとわかっていてもなんとなく「まあ大丈夫か・・・」と出かけてしまうことは防げたと思います。前なら、大抵台風の中、居酒屋さんなんかは営業していて、「帰れなくなってもいいのか?あなたは大丈夫でも従業員帰れないやん?」って思っていましたが、今回は閉店を決めたお店が多く、従業員さんの安全も守られて、いいことだよなあ。。。と思っておりました。

これだけ自然災害が多いのですから、台風を止めることはできなくても、「備え」の部分でまだまだ学習して変えていくことができそうですね。

ライフラインや、インフラの復旧に携わっている方も、きっと今かなり厳しい状況で仕事されていると思います。くれぐれも無理しすぎないようにしてください。

 
コメントする

投稿者: : 2018/09/08 投稿先 ライブ報告

 

今後の予定 2018.9-

高校野球も終わってそろそろ夏も終わりですね。酷暑に加えて大雨や台風での被害、技術の発達でいろんなことが便利になっても、人工知能が人間のようにいろんなことができるようになっても、やっぱり自然の力の前には謙虚になるしかないのかなあ・・・と思います。

今後のライブの予定です。皆様のお越しをお待ちしております。

***********************

JAZZ

2018年9月6日(木) 19時~
高槻JKカフェ

うちののぶこ(Vo)

西脇 敦子 (P)
渡部春雄(B)
土佐まさかず(Ds)

music fee:お志
S__4399111

**********************

La fiesta

2018年10月12日(金) 19時~
Les Muses Kafe レ ミューズ カフェ

京都市伏見区納屋町132-1 075-622-0014
http://lesmuseskafe.com/
土佐まさかず(Drs)
西脇 敦子 (Pf)
奥島 康幸(Gt)
宮下 典男(B)
うちののぶこ(Vo)

わたしは、2セット目からの出演になります。
1536275760944.jpg

***********************

Jazz & Pops

2018年10月18日(木)20時~
Live&Bar Uncle Jam

(JR甲子園口駅徒歩3分)
http://www.uncle-jam.jp/index.html
うちののぶこ(Vo)
市川 強(G)
ーブルチャージ800円+投げ銭(別途、2ドリンクオーダーをお願いします)

うちの_a4_20181018

デザイン一新!!Uncle Jamのマスターが作ってくださいました。渋くてとっても気に入っています。
素晴らしい音響、座り心地が良くて思わず眠ってしまいそうなソファ、グラスにもこだわった美味しいお酒。日頃の雑事からひと時抜け出して、ほっと一息ついていただけたら・・と思っています。
是非お越しください。


***********************

Samba&Bossa Nova

2018年10月29日(月)20:00~
Mクアトロ

(尼崎市南武庫之荘1-14-20ジミーズマーケット2F)
tel 06-6433-3126
http://www.geocities.jp/m_cuatoro/Mcuatro.htm

うちののぶこ(Vo)
大野こうじ(Gt,Fl)
錦織賢治(7G、cavaquinho)
music fee 2,200-

Samba&Bossa Nova

このメンバーでのライブも4回目。今回もブラジル音楽をたっぷりお届けします。歌いたい曲がありすぎて選曲に頭を悩ませております。
週初めのライブになりますが、是非是非お越しください。お待ちしております。

**********************

La fiesta

2018年10月30日(火)19時30分~
Jazz Cafe ZAC BARAN

(京都市左京区 熊野神社前交差点 東入100m メタボ岡崎B1F)
TEL 075-751-9748

http://www.secondhouse.co.jp/zacbaran_top.html
https://www.facebook.com/ZAC-BARAN-654781627940759/timeline

土佐まさかず(Ds)
西脇 敦子 (P)
奥島 康幸(G)
宮下 典男(B)
平口充(As)
うちののぶこ(Vo)

2日連続ライブ!!頑張ります。

**********************

 
コメントする

投稿者: : 2018/08/25 投稿先 ライブのお知らせ

 

送り火 帰っていく魂に

CandyででのLa fiestaライブに来て下さった皆様、ありがとうございました。京都はお盆で家族のもとへ帰ってきていた亡くなった方の魂を送る(というのも諸説あると聞きますけれど)「送り火」の日でした。日頃ほぼ無宗教のうちのですが、いつもより多い観光客以上に人の気配を感じた気がしました。ちょうどライブの時間と重なっていましたので送り火を見ることはできませんでしたが、自分や大切なひとたちが送った人のことを少し想う瞬間がありました。

さて、昨日は小学校の同級生が来てくれました。なんと偶然河原町に来ていたのです。同窓会のLINEでときどき近況をつぶやくのですが、「送り火で凄い人です」と報告したところ二人も京都にいることがわかり、息子さんとのお約束の間を縫って店に来てくれたのでした。

送り火の日の嬉しい偶然。

他にもとっても穏やかで上品な美男美女カップル。ダンディな紳士、かわいらしいあっちゃん(P)のお弟子さん、いつも来て下さる美女と、お店は華やかな空気に包まれていました。

さあ、そろそろ夏を送って、また頑張ります。

 
コメントする

投稿者: : 2018/08/17 投稿先 ライブ報告

 

チカラヅヨク

JKCafeでのLa Fiestaライブを聴いてくださった皆様、熱い中のお越し、ありがとうございました。地震の影響を心配していましたが、高槻の商店街も、JKCafeも、元気に営業していて安心しました。でも、地元のお客様に伺ったところ、まだまだブルーシートに覆われたお家や、避難生活を余儀なくされている方もいらっしゃるとか。一日も早く普段の生活を取り戻すことができますように。

本当に今日も暑さが厳しくて、お店に着くまでに汗だくになっていましたが、JKCafeにはいつものとおり、美味しいコーヒーの香りが漂い、いつも同じ席で聴いてくださる無口なお客様や、お久しぶりのお客様、初めてお顔を見るお客様、それから音楽を聴きに来られたわけではないと思いますが、地元選出の国会議員さんも(!!!!)お越しでした。

真夏の昼下がり、元気に楽しく歌わせていただきました。前回のZACBARANに続いて一曲だけピアノとデュオ。本日は「Falando de Amor」ピアノの敦っちゃんと愛を語ってみました。概ね音大きめのにぎやかなバンドですので、一曲ぐらいはデュオでしっとりもいいですよね。

さあ夏も後半、頑張ります。

 
2件のコメント

投稿者: : 2018/08/12 投稿先 ライブ報告

 

夏真っ盛り

Uncle Jam での市川強さんとのデュオライブに来て下さった皆さま、お暑い中ありがとうございました。少々夏バテ気味だったのですが、お店の音響のよさ、居心地の良い空間と、温かいお客様の拍手、素晴らしい環境で歌わせていただいて歌っている間はすっかり元気いっぱいでございました。

今回も、スタンダードジャズ、昭和歌謡、80年代フュージョン、ブラジルのナンバー、ハワイアン、と「おもちゃ箱」のようなプログラムでお送りいたしました。それぞれ大好きな曲ばかり。そしてそれぞれの難しさがあるなあ・・・と改めて実感した今回のライブでありました。

聴いて下さる方がそれぞれ持っている曲のイメージをぶち壊して全く新しい世界を目指す、まさに芸術的な演奏を目指す演奏家もいらっしゃいます。(あ、話に聞いただけですが、先日のFUJI ROCK FESTIVALでのボブ・ディランはまさにこれだったようですね。しかもご自分で作った世界を一度壊すって、大御所になればなるほどなかなかできないことだと思いますし、凄いなあ…と思います。聴いているお客さんの受け取り方はそれぞれでしょうけれど)

自分としては、聴き手が知っている曲なら「イメージがより膨らむ」(ちょっぴり聴き手のイメージしていた世界が広がる、少しだけ未知の場所が加わる)、知らない曲なら「”お、この曲良いな”と思っていただける」演奏が理想かなあ・・・なんて漠然と考えております。

また次に向けて精進致します。
Uncle Jam、次回出演は10月18日木曜日です。

プログラム1

お品書き

 
コメントする

投稿者: : 2018/08/04 投稿先 ライブ報告

 

決勝戦の日

大雨が去って一気に酷暑が来た感があります。大雨の被害に遭われた地域での復旧作業、辛そうです。ボランティアさんも全国から行っておられるようで、頭が下がります。熱中症や作業中の怪我がないよう祈るばかり。

Sonoma American Wine Bar での大野こうじさんとのデュオライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。
海の日前日の日曜日、夜10時からはウィンブルドン選手権の決勝戦、夜中0時からはサッカーワールドカップの決勝戦(フランス対クロアチア)という、スポーツ好きの方にはたまらない日だったのではないでしょうか?ウィンブルドンでは車椅子テニスで日本の上地結衣さんがダブルスで優勝されたとか。おめでとうございます!!!

テレビの気になるそんな日でも来てくださったお客様に感謝です。いつものことながら大野さんの奏でる、一つ一つの音の粒がきらきらと輝くような、美しくもスリリングなギターの音色に包まれて、幸せな気持ちで歌わせていただきました。先日、師匠Carlos Ortega &Oliver Roseのライブにお客さんとして参加して、一曲「Berimbau」を歌わせてもらったのですが、そのときにわたしの歌を気に入って下さって今回のライブに来てくださったお客様がおられて、本当に感激でした。歌手は巫女なので、聴いていただきたいのは「わたし」でなく「SONG」であるわけなのですが、それでもわたしが歌っているのを聴いて「コイツの歌う歌をもっと聴きたい」と思って下さる方がいらっしゃるとしたら、そんな幸せなことはありません。

「偶然入ってみたらライブやっていてよかったです」と言ってくださったお若いお二人(カップル・・・だと思うのですが。もう、なんていうか微笑ましくも美しいお二人で・・・眩しいぐらい)も、幼なじみの素敵な女性と一緒に来てくれた歌仲間も、カウンターでソロ飲みしつつ聴いてくださった方も・・・・・。皆さん本当にありがとうございました。

前にもご紹介しましたが、SONOMAのある甲子園口界隈は小・中・高の頃を過ごした街で(家はもう少し北、阪急以北でしたが)。わたしにとっては「地元」。スーパーがあって商店街があって、通学路で・・という生活感溢れるイメージではあるのですが、階段を昇ってSONOMAに一歩足を踏み入れるとまるでおしゃれな外国の(ざっくりしてますねえ・・。)のよう。窓から見下ろす街までおしゃれに見えてくるから不思議です。(昨日お客様もそうおっしゃっておられました)SONOMAさん、美味しいワインとお料理だけでなくお店の雰囲気もカジュアルでありながら「非日常」を味わうことができるとっても素敵なお店です。歩いて帰ることができる距離にこんなお店欲しいなあ・・。

昨日はお店の名前の由来のSONOMA(カリフォルニア州のワインの産地として有名なところだそうです。公式サイトもありました。https://www.sonomacounty.com/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA)さんの「BENCHI」というピノ・ノワールもいただいたのですが、重くないのにまろやかな芯のある美味しいワインでした。最近少しだけ赤ワインの味も楽しめるようになってきたうちのでございます。オーナーのダービーさんはSONOMAのご出身なのかなあ…。今度聞いてみようと思います。

また素敵な歌を沢山の方にご紹介できるよう、精進したいと思います。
プログラム1
お品書き

 
コメントする

投稿者: : 2018/07/16 投稿先 ライブ報告

 

簪コレクション

必殺シリーズに「飾り職人の秀(かざりしょくにんのひで)」っていましたねー。三田村邦彦さんが演じていましたっけ。

まあ、今回はどうでもよい話題です。肌がカブレやすいこともあって、髪の毛が顔や首にかかるのがとっても嫌なのです。その昔バブルのころは流行りの「ソバージュ」なんかにして垂らしていたこともあるのですが、その後お猿さんのようなベリーショートにしたときその快適さ(清潔ですよねー)に感動したものですが、本当に「お猿さん」みたいだし、それよりもショートヘアーってロングよりももっと頻繁に美容院に行ってちゃんと整えないと悲惨なことになっちゃう。
そんなこんなで、現在はほぼ毎日セミロングの髪をくるくるっと結い上げてかんざしを挿しております。なので、アクセサリー屋さんにいっても、骨董品屋さんにいってもかんざしが気になります。プレゼントしていただいたものなども含めると結構なコレクションになりました。

thumbnail_DSC_0014

左から4番目のバチ型のもの、その左のオレンジ色のものは骨董市で見つけたもの。でもこれらはきっちり結ったあとの髪に挿すもの(飾りとして)なので、あまり出番はありません。基本的にはかんざし1本で留まる軸のしっかりした玉かんざしを使うことが多いです(真ん中あたりの黒、オレンジ、白、青)。右端は動物の骨でできています。とっても気に入っていたのですが、皮の紐がさすがに汚れてきてしまいました。

このあいだ河原町で見つけたかんざしやさんは、伝統的なものからとってもモダンなものまでたくさんの種類があったので、また覗いてみようと思います。

 
コメントする

投稿者: : 2018/07/14 投稿先 あれやこれや