RSS

Vamos!!!!

サンバブラジルでの錦織賢治さんとのDUOライブに来てくださった皆様、寒い中のお越し、本当にありがとうございました。おかげさまで満員のお客様、テンションも上がり楽しく歌わせていただきました。

1セット始まってすぐちょっと喉に違和感を生じ「あ、やばい、咳出そう、咳出そう・・・」となって、数曲途中で声が途切れるという事態が発生し、内心真っ青になっておりましたが、なんとか持ち直し、最後まで歌うことができました。かなりお聞き苦しい場面があったかと思います。聴いてくださった皆様、本当にごめんなさい。

とはいえ・・・・
サンバブラジルさんでライブさせていただくのは3回目なのですが、お店の中に一歩入れば皆お友達!嫌なことなんて吹き飛んじゃう、という雰囲気があるんですよねー。カラフルで暖かみのある内装といい、陽気なバイーア出身のシェフ、レジナルドさんをはじめとするスタッフの皆さんの明るい笑顔、そして美味しいお料理。「お客様との一体感」を心から感じることができる、そんな環境で演奏させていただけるのは本当にありがたいことです。

共演のNikkieさんの深い音色のギター、音楽への愛を感じるバッキング、そしてソロ、今回も駆けつけてくれてパンデイロを披露してくださったSAPOさんをはじめ、厨房から出てきて踊ってくれるシェフ、シェイカーを振って下さるお客様、MCに鋭い突込みをいれてくださるお客様、MCに「うんうん、知ってる」「へー!そうなんだ」などなど反応を(言葉にしなくてもお顔に書いてある・・・)下さるお客様、ジーっと耳をすまして聴いてくださるお客様、一緒に口ずさんで下さっているお客様、美味しい料理を楽しんでお酒がどんどん(?!)進んでいるお客様、その場にいた誰一人欠けてもライブはまた違った雰囲気になったのだと思います。

ライブで歌うことの喜びをひしひしと感じた幸せな一夜でありました。
アンコールでは、シェフの故郷のバイーアの音楽、バイアォンを代表する曲ともいえるLuiz Gonzagaの「Asa Branca」を、お客様もご一緒にご唱和いただきました。

サンバブラジル最高!
サンバブラジルのお客様最高!

です。
幸せを噛み締めつつ、もっとよい演奏を楽しんでいただけるよう、今後も精進いたします。ありがとうございました。

DSC_0344_1581205001990_R

楽しくて仕方がない

202028西宮サンバブラジルライヴ_200209_0018_R

写真をたくさん撮ってくれた友人と記念撮影。

DSC_0347_1581204988754_R

ちょっとイイ女風じゃないですかー?

お品書き

プログラム1

 
コメントする

投稿者: : 2020/02/09 投稿先 ライブ報告

 

寒さ厳しき

ZACBARANでのLaFiestaライブにお越し下さった皆様、寒い中をありがとうございました。昨日からぐっと気温が下がり、冬の京都らしい寒い夜です。

いつものように昼間の仕事を終え、河原町に降りたって、あまりの人の少さに驚きました。新型肺炎の影響がこんなに広がっているのですね。

タクシーの運転士さんもしばらくこんな状態が続いたらどうなってしまうのやら、と嘆いておられました。

そんななか、来てくださったお客様に感謝するとともに、1日も早くこのウィルス騒ぎが終息しますように願っています。

次回ZACBARAN出演は5月8日金曜日です。

 
コメントする

投稿者: : 2020/02/07 投稿先 ライブ報告

 

誘惑に抗しきれず・・

 

そろそろ新しいパソコンも安定使用できるようになってきて、そうなるとやっぱりwin7のパソコンを処分するのには忍びなく・・・。

https://luckynobee.com/2020/01/01/2020%e5%b9%b4%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%81/

わりとあっさり(でもないんですが日常生活ややるべきことに支障がでないよう「1日15分」を守って気長に取り組みました。下調べに時間をかけたので手戻りなしです。)古いLavie君、win10にアップグレードできました。アップグレードというよりはクリーンインストールかな。PCを工場出荷状態に戻し、スタートアップサービスを停止してwin10をインストール。win7時代に使っていたWindows Live Writerやムービーメーカーもそのまま引き継ぐことができました。ウィルス対策もしたし、ネット環境も問題なく、もうこれで十分かな。寝室用のサブ機としてもう少し頑張ってもらいます。

でも、スムーズに進みすぎていささか拍子抜け。わたしのスキル、ということではなくやはりそのあたりも技術が進んでいるのでしょうね。

生まれ変わったLavie君

 
コメントする

投稿者: : 2020/01/25 投稿先 あれやこれや

 

今後の予定 2020.2~

暖かい冬ですね。寒がりのうちのとしてはありがたいですが、スキー場では雪不足だとか、もう花粉が飛んでいるとか聞くと喜んでいてはいけないのかなあ・・・なんて思ったりします。

ということで2月、3月の予定です。お時間あったら是非是非遊びに来てくださいね。

**********************

La Fiesta
2020年2月7日(金)19時30分~

Jazz Cafe ZAC BARAN

(京都市左京区 熊野神社前交差点 東入100m メタボ岡崎B1F)
TEL 075-751-9748

http://www.secondhouse.co.jp/zacbaran_top.html
https://www.facebook.com/ZAC-BARAN-654781627940759/timeline

土佐まさかず(Ds)
西脇 敦子 (P)
奥島 康幸(G)
宮下 典男(B)
平口充(As)
うちののぶこ(Vo)
misic fee お志

**********************

Samba&Bossa

2020年2月8日(土) 19:30~

ブラジル料理
SAMBA BRASIL

西宮市深津町3-25 深津橋本ビル 202
TEL 0798-61-5454

https://www.facebook.com/pages/category/Restaurant/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%90-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%AB%E6%96%99%E7%90%86%E5%BA%97-%E8%A5%BF%E5%AE%AE%E5%8C%97%E5%8F%A3-620540241480639/

2020.2.8 (2)

うちののぶこ(Vo)
錦織賢治(Gt)
ーブルチャージ500円+投げ銭(別途、1ドリンクオーダーをお願いします)

昨年8月以来のサンバブラジルさんでのライブ。嬉しーーーーい!
Nikkieさんとのデュオが楽しみです。シェフ、レジナルドさんの美味しいブラジル料理と、熱いサンバでお楽しみください。
ブラジル音楽をたっぷりお届けします。是非是非お越しください。お待ちしております。

**********************

La fiesta
2020年3月8日(日)20:00~

Music Cafe SOEN

京都府京都市右京区常盤御池町14−11
http://musiccafesoen.com/

土佐まさかず(Ds)
西脇 敦子 (P)
奥島 康幸(G)
宮下典男(B)
平口 充(As)
うちののぶこ(Vo)

**********************

Samba&Bossa Nova

2020年3月14日(土)19:30~

Mクアトロ

(尼崎市南武庫之荘1-14-20ジミーズマーケット2F)
tel 06-6433-3126
http://www.mcuatro.qcweb.jp/

20200314 (1)

うちののぶこ(Vo)
大野こうじ(Gt,Fl)
錦織賢治(7G、cavaquinho)
music fee 2,200-

Samba de Sabado ! 土曜日のサンバ。
贅沢なツインギター、7弦ギター+フルート、ギター+カヴァキーニョ、多彩な楽器の組み合わせでブラジル音楽をお楽しみいただきます。是非是非お越しください。お待ちしております。

**********************

La Fiesta

2020年3月25日(水) 20時~

JAZZ LIVE CANDY

京都市東山区花見小路新門前上ル汀(みぎわ)館 B1)
TEL 075-531-2148

http://candy-jazz.com/

土佐まさかず(Ds)
西脇 敦子 (P)
奥島 康幸(G)
宮下 典男(B)
平口充(As)
うちののぶこ(Vo)
misic fee ¥2.000-

**********************

 
コメントする

投稿者: : 2020/01/19 投稿先 ライブのお知らせ

 

怠惰な午後~Lazy Afternoon

11日に歌った「Lazy Afternoon」のお話です。MCでもお話ししたのですが・・・。

気だるい午後
農夫は刈り取りを放っぽりだし
牛たちは午睡にまどろみ
トラウトも遡上を休んで
誰もいない
わたしたち二人きり
ヒナギクが一斉に花開く音さえ聞こえそう
この怠惰な午後を
わたしと一緒に・・・

Lazy Afternoon
作詞:John Latouche
作曲:Jarome Moross
出典:ミュージカル The Golden Apple (1954) より

最初に聴いたのはたぶんPatti Austinのこのパージョン。

今聴いてもかっこいいなあ・・・。歌詞も曲も大好きな一曲なのですが、曲のイメージが共演者にきちんと伝わらないと採り上げても思うように決まらないので歌う機会がなかなかない曲でもあります。

原曲どおりバラードで歌うバージョンではなんといってもShirley Hornがピカ一!と思っています。

ドビュッシーの管弦楽曲に『「牧神の午後」への前奏曲』というのがありまして、私はクラシック音楽にそんなに明るいわけではなく、題名だけなんとなく記憶に残っていたのです。で、Lazy Afternoonを聴いたときに「牧神の午後のなんちゃら・・ってあったよなあ」と思い浮かんだのでした。で、ちょっと調べてみたとろこ、この管弦楽曲は(もちろん歌詞はないわけですが)、マラルメの詩『牧神の午後』から着想を得て書かれたとあります。(その詩の訳と解説をブログに掲載されている方がいらっしゃいました。https://poesie.hix05.com/Mallarme/mallarme11.faune.html

「牧神の午後」への前奏曲はこちら

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Claude_Debussy_-_Pr%C3%A9lude_%C3%A0_l%27apr%C3%A8s_midi_d%27un_Faune._Natalia_Ensemble.webm?embedplayer=yes

歌詞といい、繰り返し出てくるミラソ(C調だと)という旋律といい、「牧神の午後」を意識して作られているのではないか・・・と睨んでいるのですが、どうでしょうか?

でも、今ちょっとネットで検索していてわかったのですが、「The Golden Apple」はホメロスの叙事詩がベースだとか。となると関係ないのかなあ・・・。
このあたりのこと、詳しい方いらっしゃったら教えてください。

 
コメントする

投稿者: : 2020/01/13 投稿先 あれやこれや

 

夢を乗せて

Uncle Jamでの池田定男さんとのデュオライブにお越しくださった皆様、ありがとうございました。池田さんのギターでライブを・・・・・という夢が叶った至福の夜でございました。池田さん、きっちり譜面を読み、リハもしてくださった上で、わたしの雑多な曲リストに対応すべく、なんとギターを3本もお持ちくださいました。当然「ギター小僧」Uncle Jamのマスターも興奮気味に、しかしお二人でしっかりきっちり音を作ってくださいました。ああ、長生きはするもんだわ、と感慨に浸るうちのでございました。

曲調やリズムが偏らないよう・・と思っても、ついつい好きな曲ばかりならべてしまい、スローなナンバーが多すぎたかなあ・・と反省です。
けれど、自分の声と混ざり合うギターの音色がそれはそれは美しくて、「こんな風に・・」と思っていたイメージが形になっていく快感に酔いしれておりました。

2セット目からは歌の師匠も来店してくださって、うれしいやら緊張するやら。でも師匠が目の前に座っているのを見て、2003年に初めてきちんとした(?)リーダーライブをさせていただいた時のことが走馬灯のように頭を駆け巡っておりました。やるぞ!と決めて師匠に相談して、場所やメンバーを決めたのはいいけれど、練習してもしても思うようにいかないでレッスンから泣きながら帰ったり、集客できるかどうかが心配で眠れなかったり、本番はとても今聴けた出来ではないのですが、なんとか終えたときの喜び。

他人と比べてしまったらその歩みの鈍さにあきれるわけですが、それでもあれからずっと歌い続けて来られたことが何よりも幸せなことだなあ・・・としみじみ感じました。

さあ、また次に向けて頑張ります。

IMG_2296_R IMG_2295_R
美しい楽器たち

IMG_2298_R
お花もいただきました。

お品書き

プログラム1

 
コメントする

投稿者: : 2020/01/12 投稿先 ライブ報告

 

唄い初め!

ZACBARANでのLa Fiestaライブに来てくださった皆さま、ありがとうございました。

令和2年初ライブ、唄い初めでございました。今年も一年、元気に歌えますように。

今日は、偶然京都に遊びにいらしていた超絶美しいジャズヴァイオリニストのReikoさんや、アニタ・オデイが大好き!と仰有る紳士や、アルトサックスを吹かれる青年や、音楽好きのお客様にお越しいただき、本当に楽しく歌わせて頂きました。

雨がしとしと降っていますが、1月にしては随分暖かい京都の夜が更けていきます。

さあ、また明日から頑張りましょう。次回La FiestaのZACBARAN出演は2月7日、金曜日です。

 
コメントする

投稿者: : 2020/01/07 投稿先 ライブ報告