RSS

月別アーカイブ: 5月 2008

工夫癖 !

 
 古布が好きで、オールドタイシルクのパートゥンを何枚か持っています。国や地域によってサロン、と言ったりバーシンと言ったりしますが、要するに筒状に縫い合わせたスカートのこと。
身体にぐるっと巻きつけて着るのです。けれど、全くの直線で作ってあるので、なかなか上手くフィットしません。最初に買ったときは、着た姿が、お店の写真で見るのとぜんぜん違うのでがっかりでした。
 
そこで、考えたのが、ちょっとしたお直し。巻きスカートの型紙を使うことにしました。
 パートゥン
 
 脇と前後のサイドにダーツをとって、紐を取り付けるだけ。端がしっかりしている場合は、二重になる部分には紐はつけません。紐をぐるっと後ろから左にまわして、前で折りたたんだ布と左脇で結べば、ずれてくることもありません。家庭科2の実績のあるわたしでも出来ました。自分で手を加えたということで愛着もひとしお。3着も作っちゃいました。
 
・・・・。唐突ですが、久住 昌之という漫画家(大昔、タモリクラブという深夜のテレビに出ていた)のエッセイ「工夫癖」をご存知でしょうか?変なひらめきで、いろんな発明や改良(といってもとてもしょぼいものばかり)をしては家族を困らせるお父さんの話です。ツボにはまれば、おなかが痛くなるほど笑えます。
ちょっと似たところあるかも・・・!とふと思ってしまった・・・。びっくり
 
 
 
 
 

 

 

 
コメントする

投稿者: : 2008/05/30 投稿先 趣味

 

Just squeeze me

本日のホットヨガははじめてのスクイーズコース。スクイーズと言うだけあって捻り満載のキツ―いコースでした。続けたらかなり筋肉つきそう…。頭空っぽでいい汗かきました。
 
コメントする

投稿者: : 2008/05/30 投稿先 あれやこれや

 

シェーカーシャカシャカ

 

 Carlosとのライブが近づいているので、暇を見つけては卵形のシェーカーを振っています。楽器がCarlosのギターだけだし、是非ともシェーカーを振るように言われて練習しているのですが、

困った
難しい!難しすぎる。
 
以前に親友の送ってくれたパーカッションマガジンをひっぱり出して、コツなどが書いていないか探したりして。
 
少しわかってきたのは、
自分の手を見ないほうがよい
 
ということ。手拍子と違って、手の動きと音がずれるので、耳で聞くだけにして振ったほうがよいようです。(こんなことは常識かなあ?)
調子よくいってると思っていたらすぐに崩れてしまう。腕はすぐに悲鳴をあげるし。
サンバもままならないのに、Carlosのオリジナル曲ときたらバイヨンのリズム。あー、速すぎるよ・・・・。
さて、本番までに何とかできるのでしょうか?
 
シャカシャカ頑張ります。
 
 
コメントする

投稿者: : 2008/05/28 投稿先 あれやこれや

 

いやーん 新快速に乗り損なっちゃった

 JKカフェに来て下さった皆様、ありがとうございました。なんだか今夜は蒸しています。
今日は古い新曲、つまり、出会って長い間経っているけれどライブでは唄っていなかった曲を唄わせてもらいました。Bewitched。アニタ・オデイの名盤 Anita Sings the Mostでのこの曲が特に好きで、はじめて買ったウォークマン(アイワだったけど)でずーっと聴いていました。ここで問題です!何年前でしょう?!当たっても何にもあげませんよ―。

やっと唄えてなんだか感無量です。

 
コメントする

投稿者: : 2008/05/27 投稿先 ライブ報告

 

ビリンバウ

 
 今回のLuiz先生のレッスンの課題曲は、バーデン・パウエルのBerimbau。大好きな曲で、こんどのCarlosとのライブで唄うつもりなので、発音や訳を見てもらいつつ、文法のお勉強。
詩を書いたビニシウス・ジ・モライス本人が歌っている映像がYouTubeで見られると聞いたので、早速帰宅後見てみました。
 
 どう見ても食堂のようなテーブル(クロスの模様も食堂っぽい)に酒瓶を置いて座って唄うビニシウス・ジ・モライス。うーん、ありえないセット。ビジュアル無視。
ギターを弾いているのは若き日のトッキーニョ。「きれいな発音で唄いたいなら、これが一番のお手本」だそうです。
 
 書店でテキストを見つけてはじめて知ったのです。ラジオでブラジル・ポルトガル語講座、始まっていたのですね。もう数回聞き逃してしまった。残念。
テレビでもやってほしいなあ・・・。Luiz先生も知らなかったのですが、とっても喜んでいました。みなさん一緒に聞きましょう!!
 
コメントする

投稿者: : 2008/05/23 投稿先 あれやこれや

 

柳ヶ瀬 名代 なまずや さん

 岐阜から帰ってきました。
 昨日の夕方岐阜に着き、夕食に向かったのは柳ヶ瀬にある「なまずや」という川魚専門店。
 むかし、祖父母が柳ヶ瀬に程近いところで、おもちゃの問屋を営んでおりまして、夏休みなどによく遊びに来ていました。で、特にすることがないものだから、用もないのに柳ヶ瀬をぶらぶらしたものです。柳ヶ瀬って?ええと、美川憲一さんの柳ヶ瀬ブルースの柳ヶ瀬です。商店街であり、歓楽街であり、関西なら三宮のセンター街といったところかな?
小学生のころは、本当ににぎやかでした。呉服屋さんも、洋品店も、薬屋さんも、食べ物屋さんも、映画館も、お客さんであふれていて活気がありました。百貨店も2店舗ありましたし。道路をひとつ外れると、怪しげな店も!?あれ、キャバレーだったのかなあ?お店の入り口の上にネオンサインで、おでこの広いムームーのお姉ちゃんがウインクしている「ハワイ」っていう店。それがあっちこっちにあったような気がする。(夏休みの小学生に、まあ、なんという環境でしょ)。
 
 「なまずや」さんには、小学校3年生のときに初めて連れて行かれました。当時ウナギも鮎も食べられなかったわたしは、炊き込みご飯と焼き鳥を食べました。(しかも焼き鳥は他店からの持込)
その後、1回か2回行ったはずなのですが、あまり覚えていません。一番最後に行ったのは10年ほど前。祖母の1周忌のとき。このときはもうすっかり川魚好きになっていましたので、また行きたい!と思っていました。
 
 けれど、今回久しぶりに柳ヶ瀬に足を踏み入れてみると・・・・。ショック。シャッターの閉まった店の多いこと。土曜の夕方だというのに人影もまばら。「なまずやさん、なくなっているかもしれないね。」と心配していましたが、ありました。元気に営業していました。
 
 
鮎の塩焼き
 
うざくも、山菜てんぷらも、鮎の塩焼きも美味でございました。値段から考えても、養殖だとは思いますが、とても丁寧に、心を込めて調理していることが、ちゃんと伝わってくる味でした。
てんぷらはどちらかと苦手なのだけど、サクサクでぱくぱく食べてしまいました。
 
宿泊したのは、金華山のふもと、長良川を見下ろすホテル。朝、外をみると鮎釣りをしている人が大勢・・・。とても心和む風景でした。
 
今日は朝からお墓参り、親戚との会食、叔父の家での法要というスケジュールで、結構FULL。ちょっとくたびれたかな?
信仰心は全くないわたしですが、法要にかこつけて、たまに岐阜を訪れて、母と水入らずで呑んだりする機会を、祖父母が用意してくれているのかな・・・なんてお経を聞きながら、つらつらと考えておりました。
合掌
 
なまずやさん、頑張れ。10年後にも営業していてね。
 
 
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2008/05/18 投稿先 旅行

 

ライブラリーコンサート

音楽音楽
6月14日(土)、滋賀県湖南市の甲西図書館でのライブラリーコンサート「ボサ・ノバの夕べ」にLa Fiestaで出演します。19:00から。
湖南市は、平成16年に甲西町と石部町の合併によって誕生した市だそうです。名神の栗東ICから野洲川沿いに南下したあたり。
初めての場所にドキドキ。
 
この日は、15:00から17:00までは高槻のJKCafeで、Carlosとの初ライブ。こちらもドキドキですが、終わったらJRに飛び乗ることになります。
他のメンバーは、もっと早く現地入りしてリハーサル。ぎりぎりに駆けつけようなんて、いったいわたしは何様?
でも、図書館の方がSOENに来てくださったとき、帰り道、京都までご一緒してお話していたし、ジャズストにも聴きに来て下さって、わたしとしてはご縁を感じ、どうしても出たかったので、ちょっと無理なスケジュールですが、強行することにしたのです。スタッフの方が車車で駅まで迎えに来てくださるそうで、もったいなくもありがたく、感謝、感謝です。
 
そのあたたかいお気持ちに応えることが出来るよう、頑張ります。
湖南市の皆さーん、お会いするのを楽しみにしています。
 
今日は、Carlosのレッスン。ライブのリハも今日で最終、しっかり練習してきます。
終わったらその足で岐阜に行きます。明日は祖父母の法事。
鮎がもう出ているかしらん?あったら今夜は鮎で一杯・・・・ムフ。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中国のニュース、見ていられません。とても胸が痛みます。
ひとりでも多くの方が、救出されますように。
 
 
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2008/05/16 投稿先 ライブのお知らせ