RSS

月別アーカイブ: 2月 2010

O nosso amor (our love)

 
 予約していた ジョアン・ジルベルト「想いあふれて」が届きました。1958年にEP盤でリリースされたジョアンのアルバム 「Chega de Saudade」+ボーナストラック。ジョアンより先に(ジョアンはギターで参加)「Chega de Saudade」をレコーディングした エリゼッチ・カルドーゾのバージョンや、大好きなジョアン・ドナートの「minha Saudade」も入っています。
 何よりうれしかったのは、映画「黒いオルフェ」の中ででてくる「O nosso amor」。何度も何度も繰り返し見ているこの映画ですが、この挿入歌だけは、映画の中でしか聴いたことがなかったのです。
 楽譜集と首っ引きで聴いてしまった。楽譜が付箋だらけ。ああ・・また唄いたい曲が増えた。
 
 夕方からCarlosのレッスン。唄いたい曲は増えるものの、なかなかレパートりーには昇格しません。今日は4月のライブの選曲をしました。デビュー曲2曲。(でも英語では唄ってきた曲です。)大体レッスンに行くたびに、Carlosも、1曲か2曲、「これ、唄おう」という曲があり、わたしもあり・・・・。「予定」のリストはどんどん長くなっていっています。
 
 焦っても急には仕上がりませんから。気長に行きます。死ぬまでに全部レパートリーにできるやろか・・・。
 でもどうしても唄いたい。
 
 Quero cantar
 アテモヘーッ!
 でございます。なんだか、これ、呪文みたいでいいですねー。願いが叶いそう。
 
  ではもう一度。(忍者のように手印を組んでどうぞ)
 
  アテモヘーッ!
 
 合掌。なんで?
 
 
コメントする

投稿者: : 2010/02/27 投稿先 あれやこれや

 

春の雨は・・・

 
 JK茨木にお越しくださった皆様、ありがとうございました。大雨の中帰宅して、ちょっと一杯やっております。
 今日は一日中雨。こんな足元の悪い日に来てくださるお客様、ありがたいことです。
今日は、本番前に、なかなか行くことができない、阪急茨木駅前の「shuアモン」さんへ。経絡マッサージで身体のメンテナンス。
「か、かたいなあ・・・・」思わずマッサージさんの口からこぼれた言葉が・・・。 おかげで身体はラクラク。荷物を降ろしたような軽さで元気に唄わせていただきました。
 
 ふだん慢性的な肩こりなので、ほぐれてみて初めて、「凝ってたんだあ・・」と気がつくのです。大リーグボール養成ギブスはめているようなものかしら・・・・(って、わかる世代が限られるなあ)
 さあ、もう休みましょうか・・・。でももうカラスが鳴いているのです。いくらなんでもちょっと早すぎるんでないの。
 
 
コメントする

投稿者: : 2010/02/26 投稿先 ライブ報告

 

水ぬるむ

 

 Music Cafe SOEN でのLa Fiesta のライブにお越し下さった皆様、ありがとうございました。ライブハウス(だけではないですね)ではもっともお客様の少ないと言われるこの時期、こんなに大勢のお客様に来ていただいて、感謝感激です。

 久しぶりのラ・フェスタでした。たくさんの楽器が鳴っているのもいいですねー。音が一つになった時の快感が違います。鳥肌たっちゃう。楽しく唄わせて頂きました。

 京都も随分暖かくなってきましたね。とは言っても夜も更けてきて、冷え込んできましたよー。 春はもうすぐそこです。

  ……  ここで作業をちょっと中断。JR京都駅構内で徒競走。乗り換え案内では乗れないことになっている快速に滑り込みセーフです。

  広すぎるんだわさ、京都駅。

  ああ 息が切れる…。

   でもこれで芦屋まで乗ったまんま帰ることができます。(次の電車だと大阪止まり。乗り換えなくちゃいけないんです)

   ホッとしたら眠たくなっちゃった。 おやすみなさい… (*v_v*)zzZ

 
コメントする

投稿者: : 2010/02/21 投稿先 ライブ報告

 

セルビアのコロ

 
 伊丹アイフォニック地球音楽シリーズVol.147
 「春を告げる輪舞 セルビアのコロ」
 
 に行って来ました。セルビア国立コロ民族音楽舞踊団の公演です。「コロ」というのは「輪」という意味なのだそうな。
 アイフォニックホール、満員でした。楽隊は、ベース、チェロ、バイオリン、ヴィオラ、ギター、フルート、クラリネット、アコーディオン。それにバグパイプ(スコットランドのものとはちょっと形状が違っていて、パイプの部分、本当にくゆらせるパイプがくっついているようでした。)や、小さな縦笛、縦笛かなー、横笛かなーと悩むビミョーな角度で吹く長い笛、マンドリンをもう少し平たくして、フレットを長くしたような4弦の楽器、両面を使ってフクザツなリズムを刻む太鼓など、おそらくお国独特の民族楽器と思われる楽器が随時加わります。
 
 曲ごとに変わる民族衣装も素晴らしいし、クオリティの高いダンス、そして唄! ダンスしながら唄っているその声の大きくて深いことと言ったら・・・・「男性は全員フレディーマキュリー?、女性は・・・うーん、たとえようがない。」地鳴りのような、けれど美しい声、ハモリ。あのひとたちはダンサーなのか、歌手なのか?
 
 いやー素晴らしかったです。音楽も衣装も、歴史的にもフクザツなお国柄を反映し、コサックダンスのような(音楽はマイムマイム・・・・みたい)があるかと思えば、トルコ風衣装で、アラビア音階というのもあれば、東欧風の変拍子あり。あれで踊るなんて凄いわ・・・・。
 
 お客さん、みんな大興奮。立ち上がっている人もいたし、拍手が鳴りやみませんでした。
 いいステージを見せていただきました。
 
 あのダンス、ちょっとやってみたい・・・。
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2010/02/20 投稿先 あれやこれや

 

今後の予定

 
 
La Fiesta
     2月21日(日) 20時~
       Music Cafe SOEN
      京都府京都市右京区常盤御池町14−11
 
            La Fiesta  
                     土佐まさかず(Ds)
                     西脇 敦子 (P)
                     奥島 康幸(G)
                     宮下 典男(B))
                   平口 充(As)
                   うちののぶこ
 
  La Fiesta
   2月26日(金) 21時~
         JK 茨木
         阪急茨木市駅前
      土佐まさかず(Ds)   
     西脇 敦子 (P)  
     奥島 康幸(G)   
     宮下 典男(B)
     平口 充(As)  
     釣 千賀子(スチールパン)  
    うちののぶこ(Vo)  
    
   週末の夜は、La Fiestaの熱ーいリズムでお楽しみください。
 
 
Jazz
     3月3日 (水) 19時~
       高槻JKカフェ
 
              うちののぶこ(Vo)
      西脇敦子(P)
      香山正人(B)

           土佐まさかず(Dr.)
 
 「明かりをつけましょぼんぼりにぃー音楽」ひな祭りライブ!!!思い切りお笑い路線になってしまうこの4人囃子。何故???
 
 
Samba&Bossa Nova
   4
月3日(土)19時~
   OppiDOM
       (JR東淀川駅徒歩5分) 

     
  うちののぶこ(Vo)
          Carlos Ortega (Vo,G)
          Eric Wiegmann (Per.)    
 
    
        「土曜日のサンバ」第3弾!
     みんなでシェーカーを振ってみよう!のコーナーあり。だんだん皆さん上手になってきています。初めて!という方も心配ご無用。
           シェーカー(音の出るものならなんでも!)お持ちの方、是非ご持参ください。
 
 La Fiesta
     4月10日 (土) 15時~
       高槻JKカフェ
 
            La Fiesta  
                     土佐まさかず(Ds)
                     西脇 敦子 (P)
                     奥島 康幸(G)
                     宮下 典男(B))
                   平口 充(As)
                   うちののぶこ(Vo)
       土曜日の昼下がり、陽気なブラジリアンミュージックで・・・。
 
 Jazz
    4月13日(火)20時~
     GREENWICH HOUSE
   (阪急四条河原町駅徒歩5分) 
    
http://www.greenwich-house.com/
     うちののぶこ(Vo)
     西脇敦子(P)
     香山正人(B)
           土佐まさかず(Dr.)
 
   ほっこり、と言う言葉がぴったりの落ち着いたジャズバーです。春の京都へ、是非お越しやす!
 
 
 
Jazz 
  月14日(水) 19時30分~
  Jazz&Live Born-Free
    神戸市東灘区岡本2-5-8 music fee 1,500-
  
  うちののぶこ(Vo)
  市川 強(G) http://www.solo-guit.com/
 
 
    わお!2日連続ライブです。市川さんとのDUOのときは、なんだかとても優しい気持ちになれるのです。きっとギターの音色が優しいからでしょうね。
      是非聴きに来てください。
 
 
コメントする

投稿者: : 2010/02/18 投稿先 ライブのお知らせ

 

Born Free

 
 Born Free でのライブにお越しくださった皆様、ありがとうございました。ものすごーく寒い日でした。こんな夜に足を運んでくださった皆様に感謝!!!です。
 
 「今回は、日本語の唄がありませんでしたね」 お客様の声。
 そうです。たいてい1曲は日本語の唄を入れるようにするのですが、今回これはと思う曲が探せなかったのです。
 次はかならず一曲いれます。いい唄があったらおしえてくださーい。
 
  写真いただきました。
        
        今回は、デコ全開のうちのです。
 
           
         市川さんのギターの音色、包み込まれているような気分になります。
 
                
 
 
           
市川さんのHP http://www.solo-guit.com/
 
 

 
コメントする

投稿者: : 2010/02/18 投稿先 ライブ報告

 

古代ケルト人の城塞都市-音楽探検記

 
 妙に暖かい日が続きましたが、今日からまた寒くなるとのこと。
 
 OPPiDOMのマスターのブログに、6日のライブの報告が出ています。始めの写真をみると、お客様が4人だけ・・に見えますが、左手の写っていないところにちゃんといらっしゃるのよ!
 
 
 ・・・・日曜日に3人、間違いなく「淀川散歩」を見てきてくださったということですね。うーん残念。次回是非来てほしいなあ・・・。
 
 
 
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2010/02/10 投稿先 あれやこれや

 

Samba de Sábado終了

 
 身を切るような冷たい風の中、OppiDOMでのSamba de Sábadoにお越しくださった皆様、ありがとうございました。
 今回は、前回に引き続き、「みんなでサンバ」のコーナーを設けて、お客様にシェーカーを振ってもらい、歌も歌っていただきました。
 
 課題曲(って、ちょっと偉そうでないの?いえ、うちのにとっても課題曲であります。)は
 
 オルフェのサンバ。そう、あれ、
 
 アテモヘー!(死ぬまで)音楽
 
 ざんす。 死ぬまで、なんて訳すと物騒ですが、ポ語先輩のHAMAさんの解説によると、これは「死」を意識したものでは決してなく、サンバを踊っているかぎり、歌っている限り、生きつづける、生きること=サンバ、のようなニュアンスで捉えるべきのようです。
 
 ところで、この曲、4小節ごとに歌詞が、「全部入りますか?」って言うぐらい詰まった部分が出てきます。ま、そんなところテキトーに歌ってくださって構わないのですが、ここが近づくと、皆さん表情に、「さあ、来るぞ!」という緊張がはしる。。。というのも楽しいものです。するっと歌えちゃったときの快感もなかなかのものですし。
 
 アンコールにも(アンコールしていただいておいて、歌わせる、怠け者のうちの)この曲をしましたが、最後は、皆さんしっかり、歌詞もはまっていましたよ。素晴らしい!!LOVE
 次の、Samba de Sábadoは、4月3日、
 
 4月3日(土)
 
 (そうです。Sábado サバド とは土曜日のことです。) です。またこの曲を一緒に歌いたいと思います。今度は、是非どなたか前に出てマイクで歌ってくださいね。全部はちょっと・・・という方、うちのと掛け合いいたしましょう。ご希望の方にはレッスンいたしますよ。
 
 4月と言えば、もう暖かくなっているでしょうし・・・「Quero sambar ! 」 わたしは踊りたい!という方も歓迎いたします。一応トップレス等は禁止ですのであらかじめご了承ください。お子様も来ていただける健康的なお店でございますゆえ。
 
 
 
   
 今回の衣装、1950年代のビンテージです。From USA .
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2010/02/07 投稿先 ライブ報告

 

リハーサル

 
 昨日は、今週土曜日のSamba de Sábadoのリハーサル、十三のCross roadsスタジオに久しぶりにお邪魔しました。
 別に日をとってリハーサルしてもらえるなんて、なかなかないことです。ありがたや。テンポを変えてみたり、パーカッションを変えてみたり、楽しくて興奮している間に、2時間があっという間でした。
 
 遊んでいるかのように見えますが、なにか演奏する曲についての「共通認識」というのでしょうか、そういうものができることで、本番でリラックスした、自由な演奏が生まれるではないかしらん・・・・?
 
 リハーサルには、お客様の前でパフォーマンスするのとはまたちがった、濃さ、というか、凝縮、というかそういうものがあって、それはそれでちょっとした「麻薬」効果があります。そこにだけとどまってしまうと、危険なのでしょうね。パフォーマンスあってのリハーサル。リハーサルあってのパフォーマンス。もちろんぶっつけ本番のスリルも捨てがたいものがありますが、それを楽しもうと思うと、そうとうな力量も要求されるでしょう。
 
 今回も(新しい楽器で!繊細な音でした)参加してくれる、A子さんも途中加わって、楽しいひと時でした。
 
 本番が楽しみです。
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2010/02/02 投稿先 あれやこれや