RSS

月別アーカイブ: 7月 2022

Sábado à Noite! O samba tà quente!!

土曜の夜だ!サンバが熱いぜ!!(年代を感じさせる訳でございます)

西宮北口のブラジル料理店、SAMBA BRASIL(サンバブラジル)での錦織賢治さんとのDUOライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。隣の建物はワクチンの接種会場、感染状況も気にしつつ・・・・のライブでございましたが、沢山お越しいただき、楽しく演奏させていただきました。
今回は初めてお越しの若いお客様が2組もおられて、みなさん、サンバ(音楽もお店も)が好きになってくれたらいいなあ、とお祈りしながら歌っておりました。

Nikkieさん、最近時々一緒に歌ってくれるので、今回はNikkieさん用のマイクとブームスタンドも用意。その甲斐あって(?)Falsa BaianaやMas Que Nadaを一緒に歌ってくださいました。もちろん本職(?)の7弦ギターはいつものように繊細かつのびやか。
シェフもノリノリで料理をしながら踊る踊る・・。お店全体が踊りだすような、渦のような高揚感。「ああ、ライブっていいなあ」と心から感じるひと時でした。

ライブ終了後は飛び切り美味しいシェフの料理を頂きながら、さながらミニ・カーニバルと化した盛り上がりは冷めやらず、ブラジルのシャンパンを開け(私は車でしたので飲んでませんよ!!!)、踊り、歌い、(あ、でも全員で入り乱れるようなことはしておりません。感染対策も大事ですからね)若いお客様も、シェイカー振ったりダンスに参戦したり、ほんとうに気持ちのよい、素敵な方たちでした。

みんなが笑顔、なんて素晴らしいことでしょう。
また、楽しんでいただけるよう(自分も楽しむことができるよう)、精進したいと思います。

あー、楽しかった!あー、美味しかった!
294047672_783863972618585_8581327359500973004_n20220723-120220723-3294476685_466986825193449_2924510771827850789_n294548838_354596563512287_8817392433807770790_n294603840_418690413621153_3004853354032216388_n294681552_878274210008121_2518418827815765375_n294703185_415316087227518_569033490103652740_n (1)295084476_429844772491654_5901038174245404797_n

今回のお品書き
プログラム1

 
コメントする

投稿者: : 2022/07/24 投稿先 ライブ報告

 

宵山

京都伏見区、納屋町商店街にありますLes Muses K’afe(レミューズカフェ)でのLa Fiestaライブに来てくださった皆様、暑い中をありがとうございました。

ライブの日は3年ぶりに開催された祇園祭の宵山の日でした。レミューズカフェさんにはJR京都から近鉄に乗り換えていくので、祇園周辺は通らないのですが、それでもJR京都、すごい人でした。コロナ以来閑散としていた観光案内書に沢山の人が!!!なんだか嬉しくなりました。電車内も浴衣のお嬢さんが何人もいて、こちらも見ていて楽しかったです。

レミューズカフェさん、久しぶりに出演させていただいたのですが、お店がリニューアルしていて、舞台がとても広くなっていました。舞台のカーテンの後ろは素敵な中庭があって、外に出ることもできます。
お店のFBから・・・・
https://www.facebook.com/lesmuseskafe/photos/pcb.2349172198568448/2349172025235132

サックスのチルさんと服の色があっていて(偶然です)いい感じ・・・。音響もいい感じでとても楽しく歌わせていただきました。

翌日はレッスン2本(ボーカルとボイストレーニング)のハシゴして、その後は名古屋から来た古い歌仲間と数名で師匠を囲み、美味しい串カツ(うちのは、揚げたものでお腹を壊すことが多く、好きなのだけれど慎重になるのですが、あまりの美味しさにパクパク食べてしまいました。その分アルコールは控えたので夜中の胃痙攣は免れました。よかった。)を頂きながら思い出話に花を咲かせました。
そのお店で、「たにし」を生まれて初めて食べました。いやあ、たにしって食べられるんですね、知らなかった。考えてみたら「貝」ですもんね。さざえに似た食感と味。とっても美味でした。
ということでこの連休も予定盛り盛りの家のでした。これから夏も本番。夏バテしないように、また次回に向けて頑張ります。

さて・・・・2,3日前に家の中に入り込んでしまって行方不明になっていたヤモちゃんが、無事に和室で発見され(扉開けたとたんにササっとにげようとし、Gかと思ってどきっとしました)ちょっと元気がなかったけれど、無事に庭に逃がしてやることができました。

可愛い!!!

DSC_1875DSC_1880

 
コメントする

投稿者: : 2022/07/18 投稿先 ライブ報告

 

七夕の思い出

ZACBARANでのLaFiestaライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。七夕ライブ。例年七夕の日はまだ梅雨が明けてなくて、星が見えないことの方が多いように思います。でも今年はなんと6月中に梅雨明け。星も月もきれいな七夕の夜となりました。京都の街明かりではもちろん天の川は見えないわけですが(位置的には見えるはずですか???天体にはとことん疎いうちのであります)、それでも七夕の気分を・・ということで、La Fiestaではとても珍しく(というか初めてのような気がする)、「When You Wish Upon A Star(星に願いを) La Fiestaバージョン」もお送りいたしました。

どちらが正しい、とかいうのではないのですが、七夕、旧暦でいうと8月だそうで、子供の頃住んでいた札幌では8月7日が七夕でした。古き良き(良かったかどうかは意見が分かれるのかも)昭和ののどかな時代。夏休みにはクワガタ採りや盆踊り、短い北国の夏を満喫していました。家の近所に「柳公園(やなぎ公園)」という公園がありまして、すごく広い公園だと思っていたのですが、大人になって訪れてそのかわいらしさにびっくりしたものです。道を挟んで隣に銭湯。我が家にはお風呂はありましたが、煙突があったからガスのスイッチ一つで焚けるものじゃなかったのだと思うのです。時々銭湯も利用していました。男湯と女湯に分かれて、男湯に父と入っている兄と「お兄ちゃー-ん!もう出るよー--!」などと会話したのも懐かしい思い出です。
あ、公園の話でした。公園は自然の坂を利用して高い部分と低い部分が滑り台のようにしつらえてあり、冬になるとそこで橇滑りを楽しんだものです。公園の周りには柳の木が沢山植えられていました。(だからやなぎ公園)。で、七夕の日はその木の枝に短冊飾りが施されていたのです。傾斜があるため盆踊りは別の公園で行われていたと思うのですが、それを見ていたので、わたしは七夕は柳に飾るものだと思い込んでいました。「笹の葉さ~らさら~♪」と歌っているのに???。何にも考えていないアホな子供でございました。
西宮に越してきて、初めて「ささのは」が「笹の葉」、植物の葉っぱのことだ、と認識した、というまあ、どうでもよいお話でした。

さあ、また次のライブに向けて精進いたします。
IMG_20220709_0001
季節外れですが・・・札幌時代の写真。幼稚園年長ぐらいかな??後ろに写っている橇(木製)でもよく遊びました。スキーはこんな子供のころから滑っていたのに下手くそで、直滑降しかできません。
今見たら、ストックが竹製!!!!時代ですねー。

 
コメントする

投稿者: : 2022/07/09 投稿先 ライブ報告

 

鞄の修理の話 ファクトリ越湖さん

たいていその時の課題曲(近々のライブの曲やショーロ学校の課題曲)の譜面とおもちゃの折りたたみピアノを持ち歩いており、空き時間に声の出せる場所が確保できればちょこちょこと練習をするのです。その「お稽古セット」を入れる鞄、過去いろいろ持ち替えていましたが、ここ数年はこの鞄に落ち着いていました。過去記事でもご紹介したこれ。

dsc_0686

https://luckynobee.com/2020/07/29/%e4%bb%8a%e5%be%8c%e3%81%ae%e4%ba%88%e5%ae%9a-2020-2%ef%bd%9e/

既成の手提げかばんにショルダーストラップを自分で取り付けたもの。A4ファイルが縦に入るマチ7センチほどの鞄です。大きすぎず、小さすぎず、目立たなくてとても気に入っていましたが、買った時からファスナーのつまみの金具が横に向いて動かなくなってしまいやすいことが不満で(ファスナーはやっぱりYKKですよ。世界に誇るファスナーブランド。昭和9年創業です。)した。やはりそこに無理がかかっていたようで、この度ファスナーが壊れ、ショルダーストラップをつける合皮もちぎれそうに。手芸店で買ったストラップも鞄の大きさにしては華奢なものだったのでちょっと伸びた感じになってしまっていました。
ファスナーは、自分で付け替えることができないわけではないのですが、時間がもったいないかなあ・・、底の角もちょっと擦り切れてきたしなあ・・・。と思案し、以前にオーダーで作っていただいたことのある鞄メーカーさんに似たものを作っていただくことにしました。
写真を送り、やり取りが進み、見本として実物も送ったところ「まだまだ使えそうなので、修理しては」という嬉しいご提案を頂きました。
ファスナー修理
手提げハンドル交換
ショルダーストラップ交換(金具も)
底に皮あて
というオーダー。気に入っていた鞄だったので、思いがけない提案に大喜びで即お願いしました。
待つこと1か月・・・。

帰ってきた!!!DSC_1854

丁寧なお仕事に感激です。ファスナー(YKKかどうかはわかりませんが)もしっかりしていて、いい感じです。何より、お気に入りの鞄を処分せずに使い続けられることが嬉しい。

ファクトリ越湖さん、とっても信頼できる鞄工房ですよ。ミュージシャンはとくにエフェクターとか、譜面立てとか、マイク、などの機材を入れるのに既成の鞄ではぴったりなものがなく、「これを入れる鞄がほしい」という声、本当によく聞きます。実物を送ってぴったりのサイズをオーダーすることもできますよ。

ファクトリ越湖さんのページはこちら
https://www.koshiko.com/

前にファクトリ越湖さんに作っていただいた時のお話
この時は静岡にあった工房が今は北海道の北見に移っておられます。ブログ引っ越しの関係で残念ながら写真は残っていません。
https://luckynobee.com/2007/06/24/%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%89%e3%81%ae%e3%82%88%e3%81%95/

こちらは以前自分で鞄を修理したお話
https://luckynobee.com/2016/03/21/%e5%b7%a5%e5%a4%ab%e7%99%96%e2%91%a2%e3%80%80%e9%9e%84%e3%81%ae%e8%a3%9c%e4%bf%ae%e3%81%ae%e5%b7%bb/

 
コメントする

投稿者: : 2022/07/02 投稿先 あれやこれや