RSS

月別アーカイブ: 8月 2009

SING,SWING,SING! XXII 終了

 
 SING,SWING,SING終了しました。夏も終わりです。
 
 1stセットは、ゴスペルクアイアの皆さん。Angel Voicesの皆さん、去年のクリスマスパーティのときも泣かせてくれましたが、ますますハーモニーに磨きがかかっていました。今回黒1点となった男性のソロもとってもよかった。打ち上げで少しお話したときに 「持っているものを全部出し切ったという感じです」とおっしゃっていました。素晴らしいことですよね。
 
 Witch & Angel さん、いつも清楚な衣装で、透明感のあるハーモニー。今回はどなたかのお嬢さんでしょうか?天使のような少女が加わって、絵のようでした。
 Wacha!さん、ビジュアル重視!のグループ。全身ピカピカで羽を纏い、アフロな鬘まで・・。でもビジュアルだけじゃない、パワフルな唄いっぷりでした。
 Shining あいさん、だいぶメンバーが入れ替わっておられたように思いましたが、1セットラストを見事に飾る熱唱でした。
 
 2ndセットの最初が 「Walkin’」 でした。結局6人全員そろってあわせたのが昨日のこと。わたしも最後まで、わー、とかウーとかスキャットの言葉がうろ覚えで、申し訳ないことでした。改めて、プロのコーラスグループがいかに凄いか思い知りました。
 
 ソロシンガーは12人。わたしは一番最後でした。Here’s To Life は、あんなに注意されていたのに、やっぱり少し気持ちが急いてしまったかな・・・と思います。でも、バックのミュージシャンのかたが、最後のブリッジをうーんと盛り上げてくださったので、そこで一気に感情があふれてきて・・・ちょっと声がひっくり返ってしまいましたのを、あとで「泣きが入っていた」と言われました。
 
 なので、1曲目が終わったとき、言おうと思っていたことがみんな飛んでいってしまって、あーとかうーとか、意味不明でした。皆様、大変失礼致しました。
 2曲目のオルフェのサンバは、皆さん気持ちよく、手拍子で参加してくださって楽しく唄えました。
 
  そのままステージに残ってカーペンターズメドレー。情けないことにわたしだけカンペつき。ごめんなさああい!!!しかもカンペがあるにもかかわらず間違えまくり。。。ああ。ごめんよお・・・・。「全部うたいたい」などとブログで豪語しながらのこの体たらく。反省です。
 
  でも、今年もこうやってみんなで唄えてよかった。また来年、さらに前進したものを聴いていただけますように。
 
  打ち上げでは、SING,SWING,SINGの1回目はいつなのか?という、毎回お決まりの話題などで盛り上がりました。
  とにかく、22年以上はやってるってことね・・・。
 
  谷師匠に感謝!!!感謝!!!感謝!!!!
  皆さんに感謝!!!!
 
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2009/08/31 投稿先 ライブ報告

 

コジ ファン トゥッテ 

 
 昨日、芸文センター中ホールで行われたニューオペラシアター「コジ・ファントゥッテ」を見てきました。
 このモーツアルトのオペラは、LDで見たり、関西歌劇団で見たりで、何度か見ていて、筋も知っているので、字幕をあまり気にせずに楽しむことができます。携帯電話やホッカイロが小道具で出てきて、字幕も、「手紙を下さいね」というところが、「メールを・・・」となっていたり、変装して現れる二人の男性が、ステロタイプなホストさんのようだったり・・と楽しい演出になっていました。
 
 フィオルディリージ役の吉田早夜華さん、グリエルモ役の松澤正也さん、とてもすばらしかったです。 
 
 けれどなんといってもこのオペラの主役、というか一番おいしい役どころはデスピーナだと思うのです。(演るなら、絶対この役がやりたいな・・・。って唄えもしないのに・・・)女中の役ですが、役の中で医者に化けたり公証人に化けたり、楽しい役どころ。昨日デスピーナを演じていた飯田美奈子さん、とってもハマっていてよかった。
 この役は、LDではテレサ・ストラータスが演じていて、大好きだったのですが、飯田さん、負けてませんねー。会場を沸かせていました。
 室内楽オペラ、ということでオーケストラではありませんでしたが、充分楽しませていただきました。
 疑問がひとつ・・・・チェンバロの後ろから、妙に色鮮やかな緑色のホースのような管が出ていたのはあれはナンだったのだろう・・?誰か知っていたら教えてください。
 
 ということで、今日は仕事をしていても、「ウーナ ドーンナ クインヂ チアーンニ」(発音おかしいかなあ)というデスピーナのアリアが頭の中をぐるぐる回っていました。
 あさっての練習せなあかんのに・・・・ちょっと黙っててよデスピーナ!という感じであります。
 日曜日は、最近のヒット(わたしのなかでの)Here’s to lifeとオルフェのサンバ、コーラスでwalkin’を唄います。カーペンターズメドレーも頑張ります。遊びに来てね~。
 
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2009/08/28 投稿先 あれやこれや

 

アルコールの効果ですかしら

 
 Greenwich House にお越しいただいたみなさま、ありがとうございました。1セット目は、ジャズにお詳しいおじさまとそのお仲間。2セット目は、東京からいらしたというカップル(男性は学生時代ジャズ研でドラムを叩いておられたとか・・・そういうお客様はコワいです)、入れ替え制のステージ(いえ、入れ替えではないんですよ。)でした。
 
 1セット目に聞いて下ったおじさま、「You’d Be So Nice・・・」をリクエストしてくださり、「うーん!のぶちゃん、ヘレンメリルに似てるわ」って。。。。似てないし。
楽しいお客様でした。
 
 またお会いできますように・・・・また来てね。
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2009/08/25 投稿先 ライブ報告

 

夏はどこへいったの?

 
 7月から雨が続いている間に夏も終わろうとしています。
 昨日はCarlosのレッスン、9月のライブのリハーサルも最後です。最後にきてキーを変えたりテンポを変えたり、相変わらずな二人。フレキシブルって言っちゃあ聞こえがよいですが、ユルい、とも言えますね・・。
さて、当日はどうなることやら・・・。
 
 明日は約3ヶ月ぶりのreenwich Houseです。京都の皆さーん。おこしやす。LOVE
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2009/08/23 投稿先 あれやこれや

 

おごと温泉 琵琶湖のほとり

 
 おごと温泉を後にして電車に揺られています。
 先生方の集まりでした。「先生」と呼ばれるたくさんの人に、散々ご迷惑、ご心配をかけてきたものだから、思わず「気をつけ!」 してしまうぐらい緊張しました。
 100名弱…。みんな先生。うわあ ごめんなさい!(何もしていないのにとりあえず謝る)
 
  いえいえ、緊張も初めだけ。皆様、とても暖かい拍手で盛り上げて下さって、本当に楽しく唄わせて頂きました。
 本当にありがとうございました。 温泉に入ってもよい、とおっしゃって頂いたのですが、終電に間に合わなくなりそうだったため、断念いたしました。残念!
 
 でも 楽しく唄って幸せいっぱいでございます。
 
 
コメントする

投稿者: : 2009/08/21 投稿先 ライブ報告

 

どこまででも行く!

 
   明日はおごと温泉に出かけます。といっても、遊びに行くわけではありません。
  一般のお客様向けのライブではないので、告知はしませんでしたが、とある研究集会(のようなものだと思う。よくわかっていないうちの)のパーティでLa fiestaでボーカルとして出演するのです。
  日本全体から見たら、地元、といっていいほど近い滋賀県ですが、「おごと」という地名は、北野武監督が、むかしタケチャンマンだったころ、中洲とかススキノ(子供の頃は札幌におりましたので、ススキノは知っていましたが)とセットで知りました。最近は、女性も安心して宿泊できるようなおしゃれなスパつきの温泉などが立ちならぶ街なのだとか。初めて行くので、ちょっと楽しみ。
 
 土曜日に何も用事がなければ、宿泊しちゃうことも考えたのですが、ゆっくり泊まれないのももったいないないので、今回は残念ながら、夜現地について、唄って、去る、といういつものパターンです。それでも街の様子をよく見てこようと思います。
 
 大津、甲賀、湖南に続いて滋賀県にもご縁が広がってきてうれしい。滋賀の向こうは・・・わお!もう岐阜じゃないの。。。
 
 
コメントする

投稿者: : 2009/08/20 投稿先 あれやこれや

 

今後の予定(追加がありました)

 今後の予定 追加がありましたので改めて。。

  

 Jazz
     8月24日(月)20時~
        GREENWICH HOUSE
   (阪急四条河原町駅徒歩5分) 
    http://www.greenwich-house.com/
       うちののぶこ(Vo)
     西脇敦子(P)
     香山正人(B)
            土佐まさかず(Ds)   
 
    
      8月30日(日)13時~
  SING,SWING,SING ! XXII
   RUG TIME
     大阪市中央区心斎橋筋2-6-14アクロスビル4F
    今年もK’zの仲間たちとはじけますよー!
 
  Jazz&Bossa

     月9日(水)20時~
        YAKATA de Voce  
   (地下鉄なんば駅14番出口5分) 
   大阪市中央区難波1-6-18 ディキシービル4F
   tel 06-6211-4157 
    http://yakata-de-voce.petit.cc/muscat2/
       うちののぶこ(Vo)
     生島大輔(P)
     土本浩司(B)
             河本肇(Ds)   

    
    ピアノの生島さんとは、2年前にご一緒しましたが、他のメンバーは初対面。初めてお世話になるお店です。緊張!
    応援に来てくださーい!  
         

  Samba&Bossa Nova
    9月13日(日)18時~
          OppiDOM
       (JR東淀川駅徒歩5分) 
          うちののぶこ(Vo)
                  Carlos Ortega(G,Vo)
                  Eric Wiegmann(Per)     
     とっても素敵なお店です。いろいろな民族音楽のライブもされていますが、ブラジルものは初めてということで、マスターも張り切ってくださっています。
    是非お越しください。
         
         
       Jazz
           9月16日(水) 19時~
    高槻JKカフェ

           阪急高槻市駅徒歩5分
             うちののぶこ(Vo)
     西脇敦子(P)
     香山正人(B)

            土佐まさかず(Ds)   
     
   POPS
           9月27日(日) 
  地域ふれあいコンサート
      高須東公園さくら広場
    
       FANTANAさんとPOPSをお送りします。(しかしフライヤーではなぜかボサノババンドということになっているらしいです。はい、ボサノバもやりますわよ。
       他にファミリーバンドアイアイさん、ロックタンジーさんほか、多数のバンドが参加する予定。
       私の出番は、午前10時半から、11時台ぐらいの予定です。
       ご近所の方、朝の散歩がてら遊びに来てね。
 
 
  La Fiesta
           9月27日(日) 21時~
  嵐山音楽祭
      嵐山カフェレスとトラン赤マンマ会場
     京都市右京区嵯峨天龍寺瀬戸川町26
           La Fiesta   
           土佐まさかず(Ds)   
           西脇 敦子 (P)  
           奥島 康幸(G)   
           宮下 典男(B)
           平口 充(As)  
           うちののぶこ(Vo)   
 
       ¥1,000-
  昨年も高須のふれあいコンサートと嵐山音楽祭は同日でした。今回はちょっと嵐山の出演時間が遅めなので、ゆっくり移動できます。
  嵐山、とってもいいシーズンだと思います。(紅葉には早いけど)観光がてら如何でしょうか?
 
コメントする

投稿者: : 2009/08/19 投稿先 ライブのお知らせ

 

びば! ドーミーイン新潟

 
 新潟での宿泊は、信濃川に掛かる万代橋の近くの、「ドーミーイン新潟」というところにしました。新潟駅からも歩いて10分もかからない好立地です。ネットでテキトーに選んだわけです。決め手は値段の安さと、「人口温泉の大浴場あり」。ユニットバスが嫌いなわたくしとしては、どうせ寝るだけだしこの条件ならオンの字・・・と決めました。
 
 ですから、たいした期待はしていなかったわけですが、この宿が大正解。
 いえ、ただのビジネスホテルなんですよ。でもとても行き届いたビジネスホテルでした。真ん中が吹き抜けになっているから、遅くなって、一人で部屋に入るときでも安心だし、部屋はきれいだったし、空気清浄機つき加湿器が完備。(ワンダホー!!)部屋には冷蔵庫(空っぽ)、ミニシンク、電熱器、やかんを完備。(鍋も貸すと書いてありました。ちょっとした調理が出来るのです)、ネットももちろん繋げるし、パソコンも貸し出しあり。
 
 大浴場は2階と10階の2箇所で日替わりで男女入れ替え。どちらもサウナつき。ほとんど一晩中入れて、防犯のために、女性用のお風呂になった場合は、チェックインのときにもらった暗証番号を打ち込まないと入れないという仕組みになっています。10階のほうは、露天風呂やら、ハーブ湯やらたくさんあって、洗い場もとても清潔。出口には牛乳の販売機(もちろん、白、コーヒー牛乳、フルーツ牛乳の御三家揃踏み!!)。
 
 いやー素晴らしい。
 朝食バイキングも、おいしかった。新潟産コシヒカリにお味噌汁、おかずも手作りとおぼしきものがたくさん。サトイモの煮っ転がしおいしかったなあ・・・。
 
 しかーも!!!
 このホテル、出張マッサージが受けられるのですが、これがリフレクソロジーとか、アロマトリートメントとか、メニューが抱負でそのうえ午前2時まで来てくれるのです。
 マッサージフリークのわたくし、もう我慢が出来ません。
 
 夜の11時ごろに来てもらいました。やってきたのは20代とお見受けするかわいらしい女の子。でもリンパトリートメント、とっても上手でした。
 「夜おそいと大変だねー。帰り道も危ないね」と言ったら、
 「でも始まるのが遅いから、そんなにつらくないんですよー。ただ友達と遊びには行けなくなりましたね」と言っていました。
 頑張ってるなあ。
 
 いつも、マッサージしてもらうと「ああ、このままここで寝たい。また靴履いて帰るのが面倒くさい」、と思いますが、今日はこのままここで寝ていいんだわ・・・と思うと、気持ちよさもひとしおでございました。おかげでぐっすり眠ることができました。
 
 皆様、新潟に出張の際は、ドーミーイン新潟、オススメですよ!
 いや、これを読んでくださる方で新潟に出張の人、おらんかな・・・。
 
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2009/08/18 投稿先 あれやこれや

 

新潟にいます 経麻朗ジャムセッション at SWAN

 
 新潟にやってきました。昨日の伊丹空港はお盆とあってすごい混雑。早めに搭乗口へ・・・・と思い、急いでいったのですが、あれえ・・・誰もいないよ。場所間違えたかしらん?だけどちゃんと新潟行き、って書いてあるしなあ・・・。
 
 結局プロペラ機に乗り込んだのは、10人ぐらい。いいんかなあ・・・。軽すぎて飛ばんのと違うやろか? おかげでゆったり座ることができました。乗ってしまったら、新潟までは1時間ぐらい、早いもんです。それにしても、この路線、今になくなってしまうのではないかしら・・・。新幹線だと東京経由になるし、飛行機の便がないと困りますよねえ・・・10人といえどもさ。
 
 新潟に住む親友のMさんの案内で、新潟駅近くのお寿司屋さんに行きました。のどぐろ、ソイ、キス、あまり普段見かけない鮮魚の名前が並びます。お寿司に舌鼓を打った後は、旧市街というのでしょうか、町屋の残る中心部に移動、そこで偶然Mさんのお友達にも遭遇しご挨拶、趣のあるカフェでコーヒーをいただいたあと、いよいよジャズ喫茶スワンへ。
先代がお店を開いたのが1960年代前半、という老舗ジャズ喫茶です。新潟は、ジャズストリートを年3回開催しているという、熱いところなのですが、そのジャズストでも中心的な役割を果たしていらっしゃるとか。
 
 昨日のライブは1部が経麻朗さん(G)と西川美香さん(P)、2部がジャムセッションというメニュー。ずうずうしくも、1部と2部の間にゲストとして4曲も歌わせていただけることに・・・。簡単にリハをさせていただく間にお客様がどんどん入ってこられます。うう・・・緊張・・・。
 
 1部の西川美香さん、本格的なライブは初めてとは信じられないぐらいの堂々とした弾きっぷり。アドリブにもセンスが光ります。そのうえ・・う、美しい・・・・!!いや、ほんと可憐だわあ・・・。思わず目がハートのうちの。(危ナイ?)これからのご活躍を予感しました。
 
 1部が終わり、休憩かなあ・・・・と思っていたらいきなり「関西からきてくれたゲストを・・・」と言われ・・・。
 久しぶりにとっても緊張して、ちょっと息があがってしまいました。歌詞は飛んでいくし・・・・それでも4曲、親友の送ってくれたCDを聴いてずっと憧れていた経麻朗さんのギターの音色に包まれるようで、幸せいっぱいで唄わせていただきました。聴いてくださったみなさま、ありがとうございました。
 
 2部ではMさんと「プレリュードのサンバ」をデュエット。20年来の親友で、お互いに唄を続けてきましたが、一緒に唄うのは初めてのこと。なんだか感激してしまいました。ジャムセッションに参加されたシンガーの皆さん、楽器の皆さんも、それぞれの個性が光っていて、とても魅力的でした。
 
 経麻朗さんは、ずっとギター弾きっぱなし。若い人を育てていく姿勢、すばらしいと思いました。月1回このようなセッションをされているとか。お店の熱意も伝わってきます。
 熱い新潟をひしひしと感じ、ここで唄を続けている親友がうらやましくなりました。
 
 Mさんが、国立時代(彼女は転勤族の妻で、知り合ってから少なくとも6回ぐらい転居したのでは・・・と思います。でも行った先々で、音楽の輪をどんどん広げていくスゴイ人なのだ)に知り合った詩人ミヤケヨウコさんの詩に彼女自身が曲をつけたオリジナルを唄ったときには、もう涙があふれて・・・マスカラが落ちちゃいました。
 
 昼間のライブでしたので、夜は居酒屋で二人でゆっくり。またまた地元のおいしい魚をいただきながら尽くせぬ話に花が咲きました。
 本当に来てよかった。Mさんに感謝。経麻朗さん、SWANのマスター&ママにも感謝。ご縁の会った皆さんに感謝!!です。
 
 今日大阪に帰ります。また新たな気持ちで唄えそうな気がします。
  
 
2件のコメント

投稿者: : 2009/08/16 投稿先 ライブ報告

 

fraseo フラセオ?

 
 本日のCarlosのレッスンは、9月13日に向けてのリハーサル。
 
 七夕の日のCarlosとのライブのときに、JAZZ評論家とも言っていいのではないかと思うぐらいの方が聴いてくださったのですが、その方が、「サンバって、どう聞いてもズレている、としか思えないぐらい、メロディが前に行ったり後ろに行ったりするでしょ?あれがどうもわかんないんだよねー。ラテンの人は、「それをやってこそ」みたいに言うんだけど。。。。と仰っていました。
 
 わたしも、ジョアン・ジルベルトのコンサートに行ったとき、「ズレてる・・・」と思ったっけ・・と思い出しました。誰もが・・・ということではないのですが、(小野リサさんなんて絶対やらない)サンバ・ボサノバでは、リズムをキープしつつ、前に前にメロディを倒したり、後ろへ持ってきたり(けれども必ずシンコペーションしている)・・・ということは普通です。Carlosのところへ行き始めたときには、全くそれが出来ませんでした。言われてやってみても、ただ歌詞を急いで歌ったり、伸ばしているに過ぎず、ぜんぜんリズムに乗れませんでした。
 
 最近、やっと「あ、こうかな・・・」とちょっと冒険できるようになったところ。で、そういうのをスペイン語で「Fraseo」というのだそうな。(タンゴでは常識だとか。)直訳しちゃうとフレージングだけど、ちょっと違うかなあ・・・「シンコペーション」と「アンティシペーション」とはちょっと違うし、日本語でなんと言ったらいいのだろう・・・。誰か知ってたら教えてください。
 
 ということで、fraseo を意識して・・・と言われたのでありました。
 
 さあ、明日は新潟です。ああ。。。興奮する。
 今日は眠れないのではなかろうか・・・・。
 
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2009/08/15 投稿先 あれやこれや