RSS

月別アーカイブ: 12月 2018

今後の予定 2019.1-

2018年もあと2日。あっという間の1年の中に、新しい経験がてんこ盛り・・という2018年でございました。涙あり、笑いあり、でしたが、今こうやって無事に元気に年を越すことができる幸せをかみしめています。
2019年は、もっともっといい歌をお届けできるよう、頑張りたいと思います。

今後のライブの予定です。皆様のお越しをお待ちしております。
(2018.12.30追記)
忙しくてレポートできずにおりましたが、23日にはK’z恒例のクリパが開催されました。今回は、とってもお久しぶりの歌仲間もたくさん集まって、より賑やか。妊娠中に、大きなお腹をさすりながら「I Can’t give you anything but love, baby~♪」と歌っていた歌仲間が、大きく育って立派な社会時となった息子さん(そのお腹にいた)と二人でデユエットを披露してくれているのを見て、「こんなにも時間が経ったのだな・・」としみじみしてしまいました。
時を経て、一緒に歌える喜び。本当に幸せなことです。

saved_file1546155133746-1.jpg

歌仲間が「うっちー用」と用意してくれた可愛い帽子頭に載せてご満悦です。

***********************

Jazz & Pops

2019年1月31日(木)20時~
Live&Bar Uncle Jam

(JR甲子園口駅徒歩3分)
http://www.uncle-jam.jp/index.html
うちののぶこ(Vo)
市川 強(G)
ーブルチャージ800円+投げ銭(別途、2ドリンクオーダーをお願いします)

20190131

2019年はUncle Jamさんからスタートです。
素晴らしい音響と、居心地のいい空間、美味しいお酒。日頃の雑事からひと時抜け出して、ほっと一息ついていただけたら・・と思っています。
是非お越しください。

**********************

La fiesta

2019年2月5日(火)19時30分~
Jazz Cafe ZAC BARAN

(京都市左京区 熊野神社前交差点 東入100m メタボ岡崎B1F)
TEL 075-751-9748

http://www.secondhouse.co.jp/zacbaran_top.html
https://www.facebook.com/ZAC-BARAN-654781627940759/timeline

土佐まさかず(Ds)
西脇 敦子 (P)
奥島 康幸(G)
宮下 典男(B)
平口充(As)
うちののぶこ(Vo)

真冬の京都!寒そう。でも演奏は熱いですよ!是非。

**********************

JAZZ

2019年2月21日(木) 19時~
高槻JKカフェ

うちののぶこ(Vo)
西脇 敦子 (P)
渡部春雄(B)
土佐まさかず(Ds)

music fee:お志

**********************

Samba&Bossa Nova

2019年3月2日(土)20:00~
Mクアトロ

(尼崎市南武庫之荘1-14-20ジミーズマーケット2F)
tel 06-6433-3126
http://www.geocities.jp/m_cuatoro/Mcuatro.htm

うちののぶこ(Vo)
大野こうじ(Gt,Fl)
錦織賢治(7G、cavaquinho)
music fee 2,200-

このメンバーでのライブでは初めての土曜開催。その昔シリーズにしていた「Samba de Sabado」の復活です。
ブラジル音楽をたっぷりお届けします。是非是非お越しください。お待ちしております。

**********************

La fiesta

2019年3月16日(土)15:00~

高槻JKカフェ

土佐まさかず(Ds)
西脇 敦子 (P)
奥島 康幸(G)
宮下 典男(B)
平口 充(As)
うちののぶこ(Vo)
music fee:お志

こちらは昼ライブです、お気軽にお越しください。

***********************

 
コメントする

投稿者: : 2018/12/29 投稿先 ライブのお知らせ

 

基本に立ち返るという当たり前のこと

武田梵声先生のレッスン受けに行ってきました。フースラーメソードという発声指導法の第一人者です。
その昔、「好き勝手に歌うカラオケ」から一歩進みたくて門を叩いた岡田恵子先生も(おそらくですが)このメソードを取り入れていたと思います。岡田先生の初めてのレッスンの思いではこちらにも綴りました。
https://luckynobee.com/2006/03/18/%E6%AD%8C%E6%89%8B%E3%81%9F%E3%81%A1/

フースラーの「Singen うたうこと」もだいぶ昔に読みましたが、かなり専門的な内容で、難しいのです。それに「声の出し方」ってどうしても文字では説明できないですよね。「模倣」するにも聴かないことにはわかりません。
thumbnail_DSC_0236

今回新幹線に乗ってまで武田先生に教えを乞いたい、と思ったのは長年克服できずにいるある発声の問題を乗り越える方法を教えて頂けるのでは、との思いからでした。

レッスンを受けてわかったこと。「細かなテクニック上の問題だけに注力して訓練しても意味はない、というか土台の「声」が出来ていないとそれは無理。」という当たり前のことでした。
声を出すときに働く筋肉がいろんな方向に可動し、自由に動くこと。まずこれがあってからのその先。もう当たり前すぎて恥ずかしいです。

なんだかぐるりと回ってスタート地点に戻ってきたような気がします。といっても、これはぐるりと回っている時間が無駄だったということではなく、多分(願わくは)螺旋階段のように、既に見た風景が何度も、でも少しずつ角度が変わって見えつつ高度を稼ぐ、という感じでしょうか。

それにしても、武田先生の声は、尋常ではないです。声量といい、豊かに変化する度合といい、もうとにかく「凄い」の一言。窓ガラスがよく割れないものだ・・・と思うほど。(多分ガラスに向かって声出したら本当に割れるのではないかしら)
解説もとてもわかりやすかったですし、わたしが思い込んでいたフースラーメソードと言えば「7つのアンザッツ」=「声を当てる場所」との理解は違っていて、「声の当て方」があくまでもイメージで、「方法」ではない、というお話など、フースラーがSingenを書いてからもう50年以上は経つわけで、進化、というか修正が常に加わっているの、というところにも納得することばかりでした。

「課題克服!」は少し脇へおいておいて、昨日教えていただいた訓練に、真剣に取り組みたいと思います。

 
コメントする

投稿者: : 2018/12/23 投稿先 あれやこれや, 音楽

 

駆け抜ける

CandyでのLa fiestaライブに来て下さった皆様、ありがとうございました。本年最後のライブでした。3月にちょっとした手術をして、4月の復帰ライブもCandyでしたので、感慨もひとしおです。こうやって元気に歌って年が越せることに本当に感謝しています。

「師」でもないのに11月からこっち、全力疾走しているような忙しさでしたので、(まだまだ予定は詰まっているものの)少し区切りがついてほっとした感じです。

そんな中でしたが、先日は恒例の母のクロマチックハーモニカの発表会に出かけました。今回は「ある愛の歌」うーん、ちょっと選曲を誤りましたかね。休符がまだまだ苦手なのに、ほとんどの小節の頭に8分休符ついているんだもの。。。。残念ながら4分の3.5拍子という現代音楽になってしまいました。でも、先生の助けをお借りしたとはいえ、エンディングはきっちり収めたのですから、頑張ったと言ってもいいと思います。随分練習したのに、と本人は落ち込んでおりましたが、80人近く出演する生徒の最高齢、舞台に立って音をちゃんと出しただけでも拍手、それにそれはとっても幸せなことです。今回はちょっと失敗したといっても、確実に進歩はしているのだから、あきらめずに続けてほしいものです。

さて、元気に歌って今夜の宿に戻ってきました。実は、今日は父の13回目の命日でもあります。今日は歌いながら、13年前にICUに入っている父を見舞ってその足でLa fiestaのライブに行って歌ったときのことなどを思い出していました。無宗教で、形式的なことを嫌う人でしたので特別なことはしないのですが、今日は父の大好きだったお酒を飲みながら、こうやって元気に歌っていることや、母のハーモニカのことを報告して、しばし心の中で父と語らいたいと思います。

 
コメントする

投稿者: : 2018/12/20 投稿先 ライブ報告

 

クリスマスツリー

高槻JKCafeでのLa Fiestaライブに来てくださった皆さま、ありがとうございました。
JKCafe、毎年飾られている大きなクリスマスツリーが設置されていました。

「地味」と仰有る方もありますが、私は上品で温かでとても気に入っています。

ライブが始まったときはお客様が一人で、あちゃー!と思いましたが、最終的には沢山のお客様が来てくださり、楽しかったよ、と声をかけて頂きました。

勿論、お客様がたった一人でも、同じ気持ちで歌うのですが、やはりお客様が多いと、お客様も一緒にみんなで音楽を作っている、そんな気がして、それがライブの醍醐味だな、と思います。

昼間は随分暖かかったのに、夜になって急に冷えてきました。

今日も楽しく歌えたことに感謝して。
今年のライブはあとひとつになりました。気を抜かず、楽しんで聴いていただけるよう、頑張ります。

 
コメントする

投稿者: : 2018/12/05 投稿先 ライブ報告