RSS

月別アーカイブ: 5月 2006

身体の疲れと心の疲れ

 
昨日は、LAUSANYによって明日のためにちょっと音合わせしてもらおうか、それともとにかく早く帰宅して身体を休めるか。。。迷った挙句に結局LAUSANYに行きました。行ってよかった。
 
 初めてお会いした常連のお客様に「雪村いづみの声を少し太くしたような声」と言われてすっかり気を良くしております。いえ、なにも雪村いづみのようにうまい歌手だと言われたわけではないのですが、声だけでもあんな大歌手に似ていると言われたら、有頂天です。
 
 というのも、その昔唄い始めた頃は声が出なくて、多分喉で唄っていたからだと思うのですが、細い声(鳥を絞め殺したような声)で・・・「うーん、松田聖子ちゃんが(これもデビュー当時の聖子さんという意味ですね。彼女もすっかり今は貫禄の歌声ですから)JAZZ唄ってるような感じだな・・・」なんていわれたものです。
 
 年齢的なものもあるのでしょうが、ちょっとづつの訓練が実を結ぶということほどうれしいことはありませんねえ。こういうとき、「年齢を重ねるって悪くないよな」と思うのでした。
 
 お疲れ気味ではありますが・・・・今日のライブ頑張ります。
 
来てね。
 
コメントする

投稿者: : 2006/05/23 投稿先 健康

 

ヒット! 鳥レバーのスイートチリソース煮

 雑誌で見かけたので作ってみました。分量などはテキトーで・・・。子供の頃からだが弱くて一時レバーばかり食べさせられたなあ。嫌いではありませんが、料理のバリエーションあまりないのでなかなか食べる機会がありません。
 
 鳥レバーをきれいに洗ってテキトーに切って(ここでしばらく牛乳につけると臭みが消えますが、牛乳がなかったのでスキップです。味付けが濃かったのでOKでした。)黒酢とスィートチリソースで煮切るだけ。とっても簡単。途中で思いついてウイスキーと羅漢果の顆粒もちょっと加えてみました。
 
 鍋をかけたままほかの事をしていたら煮すぎてしまって、味が濃くなってしまいましたが、美味しくできました。スィートチリソースに入っている糖分と添加物は少々気になるところですが・・・。スィートでないチリソース+蜂蜜なんかでもできるかなあ・・・今度やってみよう。
 
お酒のおつまみにお試しください。
 
 あ、前にやってみたのですが、鳥レバーを炒めてぽろぽろのひき肉のようにしてミートソースにしたらこれまた美味でしたよ。
 
 今日は高槻のJKカフェで、La Fiestaのライブです。鳥肝パワーで頑張ります。(おやじっぽい・・!?)
 
 そういえば鳥インフルエンザは・・・まだ広がっているのでしょうか?たった今思い出しました。
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2006/05/20 投稿先 料理ネタ

 

LAUSANY

 仕事のあまりの忙しさに、毎晩ほとんど帰って食べて(飲んで)寝るだけという生活。こんなんで唄なんて唄えるのかしらん?・・・とあせってみても仕方がありません。いまはひたすら体調を崩さないように心がけるだけです。時間を見つけては聴くほうに徹しています。
 
 しんどいことの後には福来る!!時間がたっぷりあって唄って唄って、唄のことばかり考えているときに必ずしも前進があるとは限らないわけだし・・・。
 
 ま、言い訳はやめて、今このときならではの唄を唄います。
5月24日(水)LAUSANY
皆様のお越しをお待ちしております。
 
LAUSANYって。。。どういう意味だかわかります?
 
今、その謎が解き明かされる!!
 
LA(ロスですね。アメリカの西海岸)+USA(アメリカ合衆国だよーん)+NY(ニューヨーク)
でした。
 
・・・・・
当たった?
 
コメントする

投稿者: : 2006/05/18 投稿先 あれやこれや

 

世界のどこかで

 昨日のSOENのライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。大盛り上がりでずいぶんと遅くまで演奏し続けたため、ダッシュで帰って終電の一本前。無事家にたどり着きました。布団に入ったとたんにグラッっと揺れて、驚きました。
 
 昨日は宮津からわざわざ来てくださった方がおられました。あまりのことに感激、感激。握手させていただきました。今朝起きたときに「夕べわたしの唄を聴いてくれた人が今宮津にいるんだわ」と思うと、ジワーっとこみあげる幸せを感じました。
 
 そういえば、お客さんとして聞いてくれた方で一番遠方の方はイタリアから旅行に来た人、それからずーっとまえにドイツの唄うたっていたときに、団体で来られたドイツから出張で来日したビジネスマン(あんな恥ずかしかったことはなかったな・・・カタカナ振って歌っていたけどドイツ語全くわからなかったし・・・・)、あとは後日縁あってお友達になったNZからの夫婦。
 
 近くのかただろうと、遠くからこられた方だろうと、同じぐらいたいせつではありますが、やっぱりなんだかあちこちに暮らしている人に聴いていただけるのは楽しいですよね・・・。
 
 記憶に残るような唄を唄いたいものです。
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2006/05/15 投稿先 ライブ報告

 

ハーブたち

 今年はなぜかフレンチパセリが大当たり。一緒に蒔いたイタリアンパセリはぜんぜんなのに。猫の額の庭ではびこっているのでせっせと食しております。我が家は基本的に「食べられる、もしくはお茶にできる植物」ばかりを植えています。居場所が決まって定住しているのは、ローズマリー、オレガノ、レモンバーム、スペアミント、セージ。サラダでたくさん食べるようなものはやはり1年草が多く(パセリは2年ですね)て、「ほったらかしていたらいつでも食べられる」と言うわけにはいかないのはなんだか皮肉な話です。(雑草が食べられたらとっても楽なのに)
 
 冬の間はルッコラを時間差で蒔いて食べていました。味もよいし、丈夫なので助かります。コリアンダーはやっと育ってきたところなので、もう少し成長した苗を買ってきて一緒に植えました。バジルは・・・これがなかなか難しいです。蒔く時期が早すぎると芽が出ない、遅いと虫にやられる。本当は芽が出るまでは室内で管理してある程度育ってから定植したらよいのでしょうけれど、「園芸」に割くことができる時間はわずかなので我が家は何でもじかまきの、一発勝負。今年は種はだめでした。苗を買ってきて植えたところ。
 
 お向かいのおうちはご夫婦共に園芸好きで、庭はさながら「花園」のよう。我が家はグリーンばかり。セージとローズマリーの花は紫色だし、ミントとかルッコラは白い花。うちは地味だ・・・。雑草もかなり・・・恥ずかしいなあ。
 
 で、ちょっと寂しいので、ラベンダー植えてみました。(これも紫だけど)うまく定着すればよいのですが・・。
 
 庭いじり、趣味といえるほどの知識も情熱も無いのですが・・・でも自家製のオーガニックハーブを食べられるのはとてもよいことですよね。
 
 今日はSOENでLaFiestaのライブです。長い一日になりそう・・・。
 
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2006/05/14 投稿先 趣味

 

サスティーンペダル騒動

 仕事の関係で借りることになったコロムビアのデジタルピアノ。ペダルなし。じゃ、わたし持ってるから・・・と自分のローランドのペダルを突っ込んでみると。。。。ペダル踏まないのにサスティーンかかって、踏むと止まる???????
 
 結論から言いますと、ROLAMD&YAMAHAとKORG&CASIOはペダルの信号が反対なのだそうです。そんなこと知らなかったよう!!!
 
 何せコロムビア、もう楽器作ってないんですね。それは仕方がないとしてもHP見ても何にも書いていない。○○年を持って生産を中止しました・・とかさ、書きませんかね?わたしとこ、楽器なんか作ったことありませんてなHPで、ちょっと腹を立ててしまった。(完全な八つ当たり)当然サポートも無いわけで・・・。
 
 三宮のビブレ5階の島村楽器の人がとても親切にいろいろ教えてくれて、結局CASIOでうまくいきました。CASIOはプラグがモノラル、KORGはステレオで、これまた悩みましたねー。「サスティーンがステレオってどういうことなんすかあ?」と聞いてみましたが、電気的なことで説明するのが難しいと・・・はいはい素人には無理ってことね。
 
 とにかく約1週間のペダル騒動は終了いたしました。あー、疲れた。ペダルの夢見そう。
 
 
コメントする

投稿者: : 2006/05/13 投稿先 あれやこれや

 

高槻JAZZ STREET

 La Fiestaを聴きにみずき児童遊園に来てくださった皆様、ありがとうございました。
 
 集合時間の12時に現地に行くと、スタッフさんがセッティングの真っ最中。天気も最高によくなったし、いい感じ。ところが・・・ドラムの土佐さんが「スネアのスタンドがない」
 
 たくさんの会場で一度にライブをするわけですから、機材の調達やセッティングはさぞ大変なのだろうと思います。スタッフの人があちこち連絡を取って、やっとスタンドが届き・・・。
 
 さあ、本番!!となったところでそのスネアスタンドが根元からボッキリ折れちゃったのです。とりあえず他のパートの人たちがドラムレスで演奏するなか、皆でマイクスタンドやガムテープなどでスネアを固定し、2曲目からは何とかフルで演奏できました。
 
 たくさんある会場のなかでは、大阪よりのはずれのほうだったので、お客さんが来てくれるかどうか心配だったのですが、結構人が集まってくれて、うれしかったです。高架下で左右が道路だったので、通行人もだいぶ足を止めて、中には身体をゆすって踊っている人もいて・・・・うれしいですねえ。
 
 わたしは4曲歌わせてもらいました。「A Felicidade,O Pato, Chega de Saudade,Triste」
 
 終了後は別の会場に走っていって、Asの平口充さんのバンドのスタッフとして参加しました。
 帰りの電車ではもうぐったり、死んだようになっていました。
 
 本番で歌うときに放出するエネルギーってすごいな。。。といつも思います。屋外とか大きいホールのときは特にそれが大きいような気がします。小さいハコだと自分から出て行った”気”がまた戻ってくるというか、それなりに場を”気”で満たすことが可能なのですが、大きいところだと出て行くばっかりという感じなのですね。そのかわりに聴いてくれる人が多くなれば、受け取る”気”も大きいのですが。
 
 唄は「かめはめは」だ・・・・そんなことをぼんやり考えながら帰宅しました。
また次に向けて”気”を溜めよう。
 
 
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2006/05/05 投稿先 ライブ報告

 

アンティークのヤモリ

 ホットヨガの帰りに、大丸サロンでアンティークの出店が出ていたのでのぞきに行きました。アンティークなら何でも好きというわけではありませんが、年月を経たものって本当によいと思います。使い込んでくたびれた革製品だとか、手彫りの銀細工とか、心惹かれてしまいます。めったに購入することはないのですが。
 
 で、100年以上前のもの、というイギリスの銀の「ヤモリ」のブローチ、見つけました。手彫りで模様がついていて、目もちゃんとついていて、ちょうど本物のヤモリぐらいの大きさ。
 実はヤモリの形がとても好きなのです。ヤモリ形のものを見るとついつい買いたくなる。家でヤモリを見つけたときはしゃがんで飽きずに眺めます。話しかけたりもします。(ちょっとコワイ?)
 
 4万5千円って・・・・ねえ?もちろん価値のあるものなのだと思いますが・・・。触らせてもらうだけで我慢しました。出店していた紳士は「苦楽園で店をやってますから。。。。お考えになってください」だって。
 
 
 明日は高槻JAZZストリートです。晴れるといいな。
 
これは心斎橋で見つけたワッペンのヤモリ。どこにもつけないまま部屋に飾っています。ヤモリ型のグッズを見つけた方、ご一報くださいね。
 
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2006/05/03 投稿先 あれやこれや