RSS

月別アーカイブ: 2月 2008

bomdianet  

 
星
  YouTubeで ”bomdianet” を検索してください。Luiz先生のブラジルポルトガル講座を見ることが出来ます。Luiz先生の画像もあるよ。
昨日、レッスンだったのです。Luiz先生、最近ネットを使って、イギリス、USAの生徒にも教えているそうです。で、宣伝と実験を兼ねてYouTubeにもビデオをUPしたのだとか。
だけど、こんなにたくさん、全部ひとりで作ったって言うのだから・・・・・商売になってないのとちがうん??YouTube、タダだし。わたしにとっては、予習復習にとっても役立つので助かっちゃうけど。
英語と日本語の混じったLuiz先生とわたしの雑談に、ほんのちょっぴりポルトガル語が混じってきたのがうれしいです。(なにかひとつ言うのに、えらく時間はかかってしまいますが。)Luiz先生はなんと、ロシア語も堪能らしい・・・・。ゆくゆくはロシア語の講座もUPするつもりだとか・・・。あなた、一体何者なの????
みなさんも、ご一緒にブラジルポルトガル語を勉強しましょう。
 
ひらめき
 わたしは、「人間嫌い」では決してありませんが・・・
 自称活字中毒だったわたしも、なかなか最近読書の時間が確保できずにいます。
 そんな中、中島義道(「人間嫌い」の哲学者)の『「人間嫌い」のルール』という新書が、久しぶりにヒットでした。
 
 この人の書くことを読んでいると、普段、自分がなんとなく胡散臭いと思ったり、なんだか嫌だなー、と漠然と感じていることを、明確に言葉で代弁してくれている、と感じます。(なにもかも、というわけではないけど) 「そう、そう、そうなのよ!よく言ってくださった!」と膝を打ちながら、激しくうなずきながら読んでしまいました。かといって、この人のように極端な生き方は、余計にしんどいように思いますが、とにかく、いろいろな考え方、感じ方がある、ということがもっと許容される世界だといいなあ・・・と。心から思います。
 わたしの仲良くしている人たちは、キャパの広い人が多いので、人間嫌いにならなくても、したくないことしなくてもOK。そんな友人でなくちゃ、結局は続きませんね。
 
 「自分は人間嫌いかも」とお悩みの方以外は、決して読んではいけません。(うちのはこういう嫌なやつなのか!と思われるのがコワいから)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2008/02/29 投稿先 あれやこれや

 

絡み合う音

 
 昨日は、仕事で弦楽5重奏を聴く機会がありました。
 ずっと昔、バイオリンの音が、神経に障った時期がありました。癒されるなんてとんでもない!って思っていました。最近は弦の音を深く愛しております。
とはいえ、なかなか生演奏、しかも5重奏を生で聴く機会はありません。
バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、それぞれの楽器の音が絡み合い、鳥肌が立つような美しさでした。特に選曲が、ラテン系の曲でまとめられていて、とくにピアソラと、ペルーのフェイスタスという作曲家(若手作曲家だそうです。初めて知りました)の作品が、官能的でとても心を動かされました。
 
 こちらはわたしはスタッフでしたので、撤収作業を終えたのが5時。夜は三宮のライブハウス、グレートブルーへ出かけました。ピアノトリオ+女性ボーカル。誘ってくれたドラマーが、わたしが人前で唄い始めたころ(すっごい昔になっちゃった)に、よく声をかけてくださったかたで・・・その人のドラムを聴くこと自体、もう10年ぶり(もっとかな・・?)で、1セットしかいられなかったのですが、かぶりつきで、ドラムばかり見ていました。
 
 一緒に演奏してもらっていたときなんて、余裕ゼロ。はっきり言って、ドラムなんて聴いちゃいませんでしたね。リズム刻んでくれたらそれでいいという感じ。後ろでドラムがどんな問いかけをしようが、完全無視。(そもそもなにか仕掛けようとよう気にはならなかったであろうと思いますが)もちろんこちらから何かドラムにアプローチ・・・なんてことも皆無。
出来なかったことを後悔しても始まりませんが、こんなに熱いドラムを叩いてくれていたんだ・・・と思うと、そのころの自分の胸ぐらつかんで、
 
「こらー!ありがたく思わんかい!!」
 
と言いたい。
 
そう思えたということは、少しはそのころより進歩していると思ってよいのだと思う反面、今、全く気がつかずにいることが山ほどあるのだろうな・・。
謙虚な気持ちにさせられたライブでありました。
 
今日は、谷けいこ師匠のお稽古日。
絞られに行ってまいります。
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2008/02/24 投稿先 音楽

 

バカラック&東京ニューシティオーケストラ

 
 バカラックのコンサートは1曲目からもう、涙うるうるでした。美しいメロディー、素晴らしい歌唱、ゴージャスな編曲、たくさんの生楽器…昔は当たり前だったことが、今では涙するほどに貴重なことだというのはちと悲しいことではありますが…。
 惜しむらくは、ドラムが一部、打ち込みだったこと。やけに音量の大きい打ち込みのドラムを引き継いで生ドラムに…うまくつないではいましたが、やはり機械と一流のドラマーでは、違いがくっきり。(機械といっても、そのドラマーさんの叩いたものをサンプリングしたのかもしれませんが、同じものをリピートすると、やはり不自然。)
 指揮者がいない、オーケストラが普段POPSをやっていない…など、理由はいろいろあるのでしょうけれど…、わたしとしては残念なところでした。
 とはいえ、素晴らしい舞台でした。唄は、ご本人は少しだけで、女声2+男声1がコーラスしたり、ソロで唄ったりするのです。その3人がまた第1級!特に、低いパートの女性シンガー、神々しいほどの声のコントロール、そしてリズム感!

 今日は、一人ででかけたのですが、なんと師匠谷けいこと唄なかま3人も会場に来ていたことがわかり…合流して、幸せな気分を皆さんで共有。
 とにかく、とってもとっても幸せなひとときでした。

 
コメントする

投稿者: : 2008/02/22 投稿先 エンターテイメント

 

ほっこり温か

Greenwich Houseに来て下さった皆様、ありがとうございました。

今夜の京都は冷えていますよー。

 お店は四条河原町のすぐそば、食べ物屋さん、染織工房、洋服屋さんなどが集まる路地に面しているのですが、今日は人影もまばら。
スタートしたときはお客様は2名!多勢に無勢(勿論ミュージシャンが多勢)でした。寒いなかを来て下ってとてもありがたいですが、お客様の方がツラかったりしますよね。帰られへん…。

だけど2セット目には満員で、アンコールも頂いて…感謝感謝、です。
遊びに来て下さったドラマーの土佐あきひろさんとも初セッションさせて頂きました。

Greenwich Houseは今夜も温か、一足早い春の気分です。

春眠暁をおぼえず(唐突、しかも読み下した時にどの漢字を使ったらいいのかわからないという無教養)

早い話が、「ねむねむ」です。布団が恋しい…。阪急電車はもうすぐ高槻に到着します。

おやすみなさい…

あ! そうそう、師匠Carlos Ortegaとの初共演、決まりました。6月14日(土)15時~JKCafeです。だいぶ先の話ですが…サンバが中心になると思います。
ご期待下さい!

再び…おやすみなさい
(*v_v*)zzZ

 
コメントする

投稿者: : 2008/02/19 投稿先 ライブ報告

 

春は名のみの

 
かーぜーの寒さや音楽
ライブのお知らせです。
 
 
 
JAZZ
2月19日(火)20時~
GREENWICH HOUSE グリニッジハウス
(阪急四条河原町駅徒歩5分) 
http://www.greenwich-house.com/
    うちののぶこ(Vo)
  西脇敦子(P)
  児島さとし(B)
  土佐まさかず(Ds)
La Fiesta
3月1日(土) 15時~
JK高槻 
 La Fiesta  
    土佐まさかず(Ds)
    西脇 敦子 (P)
    奥島 康幸(G)
    宮下 典男(B))
    平口 充(As)
    うちののぶこ(Vo) 
La Fiesta
3月15日(土) 21時~
JK茨木 
 La Fiesta  
    土佐まさかず(Ds)
    西脇 敦子 (P)
    奥島 康幸(G)
    宮下 典男(B))
    平口 充(As)
  釣 千賀子(スチールパン)
    うちののぶこ(Vo)
 
La Fiesta

3月30日(日) 20時~


Music Cafe SOEN
 La Fiesta  
    土佐まさかず(Ds)
    西脇 敦子 (P)
    奥島 康幸(G)
    宮下 典男(B))
    うちののぶこ(Vo) 他

 
 
コメントする

投稿者: : 2008/02/17 投稿先 ライブのお知らせ

 

バート・バカラック来日

 
 ふう・・・・チケット取るのに1時間以上かかっちゃった。
 
 RAINDROPS KEEP FALLIN’ ON MY HEAD / CLOSE TO YOU / ALFIE / LOOK OF LOVE・・・・
 曲はたくさん知っていても、作曲者であるバート・バカラックについて、最近までほとんど知りませんでした。
 御歳80になられるとか・・・・そうよねえ、マレーネ・ディートリッヒのコンサートの指揮を務めたのいう人だもの・・・。
 
 やっととれた、チケット!生バカラック、しかもフル・オーケストラ。
 楽しみ!!
 
コメントする

投稿者: : 2008/02/16 投稿先 音楽

 

ゲッコーリング

リング
 
えへ!ヤモちゃんのリング見つけちゃった。
ネットで見つけましたが、今度はパチモンは嫌よ・・・と思い、取り扱いのある阪神百貨店へ・・・。UZUというブランドです。他の商品に目もくれずに、お目当てを探すわたくし。
 
店員さん「なにか、お探しですか?」
わたし 「ヤモリのリング、ください!(きっぱり)」
店員さん「あ、あれはトカゲなんですよ」
 ガーン!
 「・・・・・・。えー??この頭のでっぱった形、目のつき方はヤモちゃんでしょうが?ヤモちゃんが欲しいのよ、トカゲは嫌いなの!」
いえ、こんなこと声に出して言ってはいませんよ。念のため。心の中でね。
 
「トカゲだ」と言われて一瞬怯みましたが、つけてみたところ、とても気に入ったので、
わたし的(?変な日本語だと思っていたけど、こういうときには妙にぴったりくるなあ・・)にはこれはヤモちゃん。
と心に決めて(決めなあかんのか?あかんのです)、購入いたしました。
 
 ヤモリは実物と遭遇しても「可愛い」、と思うし、手に乗せることも全く平気ですが、トカゲはダメ。
 「一緒やん」という人が多いのですが、わたし的には(乱用)全く違うのだ。
 
 違い
 1・トカゲは体表がぬめっとしているがヤモリは乾燥している
 2・トカゲは目が小さくて瞬きをするが、ヤモリの瞳は大きくてまぶたがない
 3・トカゲは蛇のように筒状だがヤモリはぺしゃんこである
 4・トカゲよりもヤモリのほうが頭が大きい
 5・トカゲは庭でにいて、ヤモリは家の中にもいる
 
 ヤモリは好きで、トカゲが苦手である説明になっていませんが・・・。
ヤモちゃんGoodsひとつ追加!
のお話でした。
 
 「これからいつもいっっしょだよ、元トカゲのヤモちゃん。Red heart
爬虫類嫌いの方、シツレイいたしました。
 
 
 
 
 
 
3件のコメント

投稿者: : 2008/02/14 投稿先 趣味

 

many thanks

師匠のウン十ウン回目のbirthday party、おおきなこと言った割にたは、情けないパルナスでした。しっかりビール頂いた後だったし…。でも、私たちに触発されて「パルピロの唄」(ご存知のかたは少ないのでは…パルナスのピロシキのCMソング。)も飛び出し、楽しいパーティーでした。 師匠に感謝、星野さん(誕生日が近いので、毎年一緒にお祝いさせてもらっています)に感謝、そして一緒に今年もパーティーに参加した、唄を愛する仲間に、感謝です。
 
コメントする

投稿者: : 2008/02/11 投稿先 あれやこれや

 

まだまだ冬です

今年初のSOEN、今日のLa Fiestaは 基本メンバーのギターカルテット+Voという、コンパクトサイズでお送りしました。お運び下さった皆様、ありがとうございました。
リオのカーニバルも終わり…(参加したわけじゃないけど)Felicidadeの、「人々は働く、つかの間の夢のために…水曜日には全てが終わってしまうのに…」という歌詞が心に沁みます。
今日は、雪だった昨日とはうって変わって昼間暖かかったですが、23時も過ぎて、冷えてきました。今から快速姫路行きに乗ります。
おやすみなさい。
(*u_u)
 
コメントする

投稿者: : 2008/02/10 投稿先 ライブ報告

 

ブラヴァ!

何年ぶりかにうっすらと積もった雪をサクサクと踏んで、ニューオペラシアターの「カルメン」を観に行ってきました。券をいただのです。
‘超’のつく寒がりのわたしですが、雪だけは別。子供のころ札幌から関西に来ましたので、雪には特別な思い入れがあります。雪が降ったあと、何もかもが白くなった世界を見るのは無上の喜び。

「カルメン」、素晴らしい舞台でした。主役がソブラノの濱崎加代子さんと知ったとき(ちょこっとだけお知り合いなのです)、 「あー ぴったり!」と思いましたが、期待通り、いえそれ以上の情熱的なカルメン、ハマっていたなあ…。ホセ役のかたの歌唱も、うっとりするほど素敵でした。
幸せ一杯で電車にゆられております。

 
コメントする

投稿者: : 2008/02/09 投稿先 エンターテイメント