RSS

カテゴリー別アーカイブ: 唄との出会い

全ての道はブラジルへ?

「暗いはしけ Barco Negro」という歌が大好きだ、というお話を致しました。

唄との出会い「暗いはしけ」byアマリア・ロドリゲスhttps://luckynobee.wordpress.com/2008/01/29/%e5%94%84%e3%81%a8%e3%81%ae%e5%87%ba%e4%bc%9a%e3%81%84%e3%80%8c%e6%9a%97%e3%81%84%e3%81%af%e3%81%97%e3%81%91%e3%80%8dby%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%83%ad%e3%83%89%e3%83%aa%e3%82%b2/

げ!なんと6年も前だ・・・。

その後、音楽通のお知り合いから、Dulce Pontesという、ポルトガルのシンガーを教えていただきました。ファドをベースにポップスや現代音楽の要素なども取り入れている現代のディーバとも言える存在。彼女のCDを聴いたとき、「あれ?これ”暗いはしけ”だけど、歌詞が違う・・・」と気が付いて。題名も「Mãe Preta」と違ってる・・。
調べてみたら、なんと、この曲は、Mãe Preta が原曲でブラジルの曲だったんです。ファド、といえばポルトガルの伝統的な音楽、というイメージですが、ファドが音楽のジャンルとして確立されたのは19世紀、すでに大航海時代は遠い過去、ファド自体がポルトガルによってブラジルへ連れて行かれたアフリカ系の人たちの音楽が逆輸入されたもの、という説もあるのだそうです。

Mãe Preta
https://www.youtube.com/watch?v=5NX32PqN9QY

奴隷の乳母は、自分の子供がお腹を空かせて泣いていても、雇い主の白人の子供にお乳を与える・・・・という悲しい唄です。

Barco Negro
フランス映画「過去を持つ愛情」の超有名シーン。
https://www.youtube.com/watch?v=HgkowHa2jZ4

話変わって・・・。
BSで放映されている(されていた?)『小さな村の物語 イタリア』という番組が大好きで、よく見ていました。イタリアは是非行ってみたい国の一つ。毎回紹介される、小さな村の人々の日常生活が、「知らないのに郷愁をさそう」良質の番組です。そのテーマ曲が、番組の雰囲気ともぴったりで大好きでした。

ORNELLA VANONI – L’APPUNTAMENTO
https://www.youtube.com/watch?v=abYTvIqXzOY

で・・・なんと!!!この曲もブラジルの曲だったことを、つい最近知りました。御大Roberto Carlosの曲だったんですねえ・・。知らんかった。
オリジナルは 『Sentado a beira do caminho』
ゆったり16ビートバージョンは如何?
https://www.youtube.com/watch?v=F_Wm6P9UWH4

ということで、どっちへ行ってもブラジルに行きつく・・・という気がしています。
昔の日本人のお伊勢さん、ローマかサンティアゴかエルサレムか。ブラジルが聖地・・という感じ。
ああ、行きたいなあ・・・・・。

 
コメントする

投稿者: : 2014/05/05 投稿先 唄との出会い

 

Uncle Jam そしてCompany(会社・・・ではない)

市川強さんとのライブにお越しくださった皆様、暑い中、本当にありがとうございました。
2月以来の市川さんとの共演、しかも音響、雰囲気ともにとても気持ちよく演奏させていただけるUncle Jamさんで、ということで本当に楽しみにしていました。
ライブの様子は、お店のHPで紹介してくださっています。

http://www.uncle-jam.jp/Live/report2012.html#2012年7月のライヴレポート

一夜明けて今日は、FANTANAさんとのリハーサルと、K’zの発表会のフィナーレのメドレーのリハーサル、リハーサル尽くしの一日でした。移動が暑かったあ。
FANTANAさんとの本番は8月2日、K’zのSing,Swing,Singは5日。
ああ、練習せねば・・・。

IMG
どなたでも来ていただけます。入場無料。遊びに来てください。
2012年8月5日(日) 12:30開場 13:00開演
心斎橋 Soap opera classics

地下鉄御堂筋線心斎橋7番出口徒歩3分
地下鉄四ツ橋線四ツ橋3番出口徒歩5分

トムズハウス4F
06-6121-6688

ところで、昨夜は、Ricky Lee Jonesの “Company”を、6月のMクアトロでの寺地達弘さんとのライブに続いて唄わせていただきました。ライブで唄うのは2回目です。

この唄との出会いは高校生のとき。レコードをテープに入れてもらって、何度も何度も聴きました。
好きな唄の歌詞を書きとめていたお話はしましたが、
https://luckynobee.wordpress.com/2011/04/18/%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b4%e3%82%a9%ef%bc%81%e5%8e%9f%e7%94%b0%e7%9c%9f%e4%ba%8c%e3%81%95%e3%82%93/
英語の歌詞を聞き取るなんて至難の業。
当時は、貸しレコードやさんというのが流行っていて(CDレンタル・・・ではないLPレコードだ!)、たしかレコードを借りたら、ライナーノーツをコピーさせてもらえたんですよね(これって違法かしら?)で、何枚コピーしたか店員さんが数えてお金を支払う、という仕組みでした。今では考えられないことかもしれませんが、コピー機だって、どこにでもある、というものではなかったのです。(コンビニ、ないし。一般家庭にコピー機なんてありえなかった。そういえば、そういう家庭用のコピー機を中森明菜が宣伝していたっけ。でも普通の家庭への普及はまだまだ)テープに入れてもらったRicky Lee Jonesのデビューアルバム『浪漫』(これは邦題、というか日本で勝手につけたアルバムタイトル。タイトルはRicky Lee Jones)の歌詞が欲しくて、レコードを借りてコピーしてノートに貼り付けていました。といってもレコードプレーヤーを持っていなかったので、レコード借りたらその場でコピーだけして返却。
Rickie 
これは随分あとに購入したCD 。今ではLPも持っています。
CompanyNote
大学ノートでしたが、もう表紙も取れてぼろぼろ。
高校生の時にはすでにJAZZにハマっていましたので、1冊ほとんどがJAZZの曲です。数少ないPOPSが、このRicky Lee Jones。あとは、Lionel Richieなんかも。
今だったら、ネットでちょいちょい、っと検索するだけですものね。
コピーが出来なくて書き写すとしたって、やっぱりすぐ手の届くところにあると言えるのではないかしら。

Companyですが、歌詞を見て、ますます好きになりました。
テープにあわせて口ずさむたびに涙が・・・。
ずっとずっと唄いたいと思っていました。インターネットを使うようになり、楽譜が手に入ると知ったときには狂喜乱舞しましたね。それまでは、ネットで海外に注文、なんていうことは怖くてできなかったのですが、楽譜欲しさに足を踏み入れたようなものです。

しかし・・・。手に入れた楽譜は何故か譜割りが半分。(4分音符が2部音符で表記)、拍子が変わるところがなんかヘン。結局は手に入れた楽譜を参考に自分で作りました。
4拍子の中に2拍子、3拍子が入り、わりと決まったサイズで演奏することの多いジャズミュージシャンには嫌がられる曲です。

楽譜作って、レッスンには持っていったりしてみたものの、やっぱり唄うたびに涙が・・・。涙なしに唄えるようになったのは本当に最近です。(だから人前でも唄ってみよう、という気になりました。)
まあ、人生いろいろ(♪)、てなもんで、多少経験値が上がり、少しこういう歌も、感情移入しすぎることなく唄えるようになったのかなあ・・・なんて。

Dianne Reeves もカバーしております。Dianne姐さま、もうこれでもかっていうぐらいにテクニック見せまくりの絶唱、バックの演奏も一級品、聴く価値ありです。
でも、やっぱりRicky Leeの唄のほうが好きだな・・・。

5日のK’z発表会でもこの曲を唄わせていただきます。トリオではどうなるか。。。楽しみです。

 
 

夏が来る!

今日は、コンサートの受付などのスタッフをするはずだったのが、急遽譜めくりを仰せつかりました。フルートとピアノの演奏のピアノの譜めくりです。
譜めくりは初めて、というわけではありませんが、ちゃんとしたコンサートの本番、というのは未経験。しかも知らない曲ばかり。
譜面を見てますますびっくり。めちゃくちゃ難しい譜面でした。特に難しかったのがテルシャックという作曲家の作品。拍子がころころ変わるし、ちゃんと追いかけているつもりでも不安になります。
3段譜だったのが救いでした。不安になってもフルートの譜面で確認ができますから。(ピアノソロだったら・・・怖い・・・)
それでも、2枚一度にめくってしまったらどうしよう、めくろうとしてよろめいてピアノの鍵盤触ってしまったらどうしよう、奏者と激突したらどうしよう、おなか痛くなってトイレ行きたくなったらどうしよう、悪い妄想がぐるぐる渦巻いて、吐きそうになりました。

ピアニストの方は、さぞや弾きにくい、というか「思ったところにどんぴしゃ」ではなかったであろうと申し訳なく思いますが、それでも2枚めくったり、全く違うところでめくったり、ピアノ触ったり、トイレ行きたくなったりもしなかったので、ああ、すみません。これで勘弁してください。という感じ。終わったときにはほっとしすぎてちょっとうるっとなってしまいました。

けれど、プロの演奏家のすぐ横で迫真の演奏、息遣いを感じることができたことは、とてもいい経験だったと感謝しています。

さてさて、昨夜はFANTANAさんとの練習でした。
FANTANAさん、何故か活動するのは、もっぱら夏から秋にかけてのみ、というめずらしい「冬眠するバンド」です。
今年は5月に2つもステージのお話があったので、始動が早かったのですが、盆踊りの練習、というと「ああ、夏が来たなあ・・・」と感じるようになりました。
もうかれこれ。。。何年だろ?7年?8年?忘れちゃったけど。

で、今年は、ホーン(Ts)が入ります!
で、ホーンに活躍してもらえる曲を・・・ということで、10年ぶり(あれ?ということは盆踊りも10年になるんやろか?)にTower OF Powerの “Only So Much Oil In The Ground” を演奏することになりました。

この曲を初めて聴いた時の衝撃は忘れられません。
ブラスの魅力については、イマイチまだピンとこないうちのなのですが、これは・・・。
うーん、なんというノリ、なんというハイレベルな演奏・・。
笑われそうなぐらいド素人な感想ですが、「いや、この人たち、どんだけ練習するんやろ?」と思ったものです。ひとりひとりがめっちゃ上手いのはもちろんのこと、このグルーブ感をあれだけの大人数で出すというのは・・・。もちろんその「グルーブ感」はボーカルにも求められるわけで・・・ええっと・・・はい、練習いたします。

ところで、10年前この曲を歌ったころを振り返るに(若かったわあ・・・てなことではなく。いや、若かったなあ)、あのころは、”限りある資源”と言った場合に化石燃料(つまりOil)のことしか想像していなかった、というか、それはもちろん今でも、いえ、”限り”はますます近づいているわけなのだけれど、歌詞にあるところの”Alternate sources of power”って、原子力なんかなあ、と漠然と考えていたような気がして、お気楽だったのだなあ・・・と、ちょっと考えさせられてしまいました。
マイコップ使ったり、割り箸使わなかったりするだけでエネルギー問題解決に貢献しているような錯覚があったような、なかったような。(いや、錯覚していたのはわたくしなのであって、それらを提唱していた方たちが、それで充分と考えていたとは思っていませんが。)

西宮市六湛寺公園での盆踊りは、8月1日(水)2日(木)、FANTANA&うちののぶこの出演は2日です。

 
 

Ordinary Fool

JK茨木で、La Fiestaの演奏を聴いてくださった皆様、ありがとうございました。
雨の日の運転は、少々疲れました。久しぶりに金曜日のJK茨木だったので、お気に入りのマッサージサロンShuアモンさんへ。歌う前のひとっ風呂ならぬ、ひとマッサージでリフレッシュ。

院長さんに「太った?」と聞かれて、「やや、ちょっとだけ太ったけど・・、そんな見てわかるほどかしらん?」、とドキッと・・・。追い討ちをかけるように「いや、全然違うし・・・」
「えええ????」 横の鏡を見ると顔が豚マンのようになっています。
これは、むくみとのこと。腎臓が少々疲れているのでしょう、と言われました。
うーん、ショック。本当に豚マンみたい。まんまるお月さん。

でも、唄い終わったときにトイレの鏡でチェックしたら顔は元に戻っていました。
あれは何やったんやろ・・・??

季節の変わり目は、体調を崩しやすいから気をつけなくちゃ。

********************************************************
ところで、先日のMクアトロのライブで、新曲(ってわたしにとっての新曲で、古い曲なんだけど)唄いました。
”Ordinary Fool”  Paul Williamsの曲で、カーペンターズも唄っています・・・というのは最近知ったのですが。

もっとずっと若い頃は、ちょっと聴いて「この曲好き!」と思ったらそれを唄う必然性があるかないか(歌詞を充分咀嚼できているのか、とかいったことや、作者の想いのようなものを充分に理解できているか)なんてことや、その曲を歌うスキルがあるかないか、なんてことは考えずに、とにかく「今すぐ!」という感じで唄ってしまっていました。声楽に入門していきなり発表会で「わたし、シェーンベルクの歌曲をうたいます」っていったらドン引きですよねー。それに近いことやってたと思います。

最近は、好きだなーと思った曲が「降りてくる」というのでしょうか。「今、唄おう」という気持ちになるまで待つようになりました。それが案外聴いてすぐ、ということもありますが、それは飛びついているというよりも、自分のほうが年齢を重ねた分、唄の歌詞を聴いたときに「うん、あるある」と思い当たることが多くなったからかな、と思っています。

で、Ordinary Foolですが、この曲を初めて聴いたのは、高校生のときでした。(おお、四半世紀以上前ではないか!)そのころは「女性ジャズボーカル」ブーム真っ只中。阿川泰子さん、真梨邑ケイさん、アンリ菅野さん、笠井紀美子さんなど、売れに売れていました。いまから思うと「え?これはジャズと言えるのか?」というものも多いのですが・・。で、ジャズ少女であったうちの、もちろん彼女達にも憧れて、当時はレコードプレーヤー(CDなんてない時代だよー)持っていませんで、親にねだってねだって買ってもらったラジカセで、FM番組を聴いておりました。

NHKFMで、女性ジャズボーカリストを紹介するという2週間続きの企画があって、半分は大阪からの放送、その大阪のスタジオライブに登場したのが、今の師匠、谷けい子でありました。まだ高校生、情報はテレビとラジオだけ、のうちのにとっては、ライブハウスで活躍する人を知る機会はありません。「え、このひと誰?」ってなもんで、「ま、一応録音しとくか」という感じでした。(うわあ・・・・師匠、ごめんなさーい!!)

ところがです。その演奏のかっこいいことといったら!。歌に凄くパワーがあって、アレンジも凝っていて(古谷充さんのバンドであったと思う・・とは師匠の言)すっかりしびれてしまいました。曲も、所謂スタンダードではないようで、知らない曲ばかり。5曲ぐらい演奏されたうちの一曲がOrdinary Foolでした。

ずっと覚えていて、いつか唄いたい、と思っていましたが、てっきりオリジナルとか、超レアな曲だと思っていて・・・。映画音楽にも使われ、メル・トーメも録音していることを知ったのは、ここ数年のことです。

そのラジオ番組からしばらくして、ある日「ぴあ」(ああ、この雑誌ももうないんですよね)をめくっていて、甲陽音楽学院の広告が目に入り、「なになに、ボーカル科講師、谷けい子、あー!!あの人だ!!」ということで師匠の門を叩くことにあいなったのでありました。といってもそのころはまだ高校生。働いて一人暮らしを始めてから入門するまでにはしばらく時間が掛かりましたが。(しかもお月謝が安月給の20%ちかくを占めてしまうという無茶な状況での入門で、給料日前は冷凍しておいた白いご飯と具のない味噌汁のみという食事も・・・・うう、涙ぐましや。でも悲壮感はゼロでした。)

長いときをかけてやっと唄うことができた曲。思い入れもひとしおです。
「わたしって単なるよくあるお馬鹿さん」
という歌詞も、自分のやらかしてきた数々の「お馬鹿」が頭をよぎり、切ないものがあります。

I shuldn’t cry but I do.

ほんとにねー。

 
 

まだ化粧は未経験 宣伝効果はありません。

昨日の、JKCafeでのLa Fiestaのライブを聴いてくださった皆様、ありがとうございました。
高槻では昨日は、あちこちで音楽イベントが行われていたようです。
通りかかった阪急の駅では、若者バンドが「なごり雪」を唄っていました。
「なごり雪」かあ。。。
わたしにとっては、思い出のメロディ、「懐メロ」なんですが、きっと彼らは全く違う捉え方をしているのだろうなあ・・・、と思いつつちょっと口ずさんでみたりして・・。
今頃の季節にぴったり。

さてさて、
CMソングの続きです。

今はどうなのか知らないのですが、化粧品CMを必ずチェックしていた頃、化粧品といえば資生堂とカネボウの独壇場という(あくまでもCMの話)感じだったと思います。春は口紅、秋はアイシャドウ。季節一新!と言う雰囲気はやはり「春」だったのではないかしら。

CM映像なし
79年春資生堂

柳ジョージ、大大大ファンでした。

すみません、これはCMと関係ないです。あまりの懐かしさに・・・。

 

カネボウ 対抗馬は布施明

さすが布施先生!!上手すぎ。モデルは元嫁のオリビア・ハッセー。

翌年は女性シンガー対決
カネボウは渡辺真知子。姐さん、さすが

モデルさんはレディ・80’松原千明さんですね。

対する資生堂はピーチパイ。竹内まりや。

夏はファンデーションのキャンペーンでしたね。78年夏

 

お知らせ あれやこれや

 
 

CMソング

自分の ん十年の「音楽」に関する道を振り返るに・・

テレビCMなくしては今の自分はありえない!

と断言していいと思っています。
目当てのCMソングを聴きたいがために、眠い目をこすって起きていたこともありました。
一番古いCMソングの記憶は・・・これかなー。

文明堂カステラ

この人形のダンス映像、わたしの記憶の中でも白黒テレビです。
先日同年代の人と話をしていたら、「関西ではそんなのなかった」と・・。
本当ですか?見た人いない?カステラだから長崎のメーカーですよね。
札幌ではやってだんだけどなー。

あと、これはCMソングというよりは、天気予報の番組ですが、
ヤン坊マー坊

これは、バージョンを変えて今でもやっているのではないかしら。(未確認)

あと、これ!これは関西に来てはじめてみました。ちょっと怖かった。
パルナス。 後半のパルピロは最近まで知りませんでした。

 

もう少し色気づいてきてからは、なんといっても化粧品のキャンペーンソングに夢中でした。
古いところでは
オレンジ村から春へ
CMの映像がなくて残念。

ゆれるまなざし
真行寺君枝さん美しー!16歳だって信じられない・・・。

ワインカラーのときめき

新井満さん、えらく高い声だったのね。
「美しいおんなは 縛っちゃいけないよー♪」
おとなの世界をのぞき見たようでドキドキいたしました。

マイ・ピュア・レディ
この曲、今でも大好きです。

小林麻美ちゃん(このときはどう見てもちゃんだな)、可愛かった・・・。映像見つけられませんでしたが、たしか初めのバージョンは、陸上競技場のようなところでダッシュするんだったような・・。

あー、きりがない。
今日はこの辺で。

 
コメントする

投稿者: : 2011/03/02 投稿先 唄との出会い

 

AMAZONAS

 
 アマゾネスとちゃいますよ。
 
 ア・マ・ゾ・ナ・ス 
 
 アマゾナスはブラジルの北西部の州。州都はマナウス。この曲を作ったジョアン・ドナート(João Donato)はアマゾナスの出身ではありませんが、やはりアマゾン川の奥地アクレ州オブランコの出身なのだそうです。この曲、曲名も、どこの国の曲かも知らないときからとても好きでした。ブラジル音楽を聴くようになって、ジョアン・ドナートの曲だとわかってから、「歌詞があったらいいのになあ・・・」と思っていました。
 
 実はあったんです。実は・・・ってみんな知ってるのかもしれないんだけど。別の目的で購入したボサノバのオムニバスCDにナラ・レオンとドナートとのデュエットが入っていて、「ああ、きっとスキャットよね」と思って聞いたら・・・。
 
 わあ・・・素敵な歌詞。(いや、聞いて理解したわけではありません・・・・) 
 
 都会にいたのでは郷愁が(もちろんここ、saudadeね)募るばかり。僕はアマゾンへ帰るよ。
 ちゃんと調べていませんが、アマゾナスって、アマゾン人。。。みたいな意味かも、と思います。
 
 エクササイズも大事だし、他にも課題曲を抱えているから、我慢して我慢して(いえ、他の曲も楽しく練習できるのだけど、こういうときは本当に気持ちが逸ってしまうのです)、やるべきことやってから・・・
 
 今日は大体半日間、この唄にどっぷり浸っておりました。
 
 ああ。。。。しあわせだ。もいっかい唄おう。
 
 
 
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2008/11/03 投稿先 唄との出会い