RSS

カテゴリー別アーカイブ: ライブ報告

Amore! Mangiare! Cantare!

昨日は西宮北口のバスクバル「チャコリ」さんをお借りして、ごく内輪でのアンプラグド・ライブでした。

約3か月の自粛期間、生演奏は街から消えていました。なんとか仲間と音楽を一緒に楽しみたい・・・ということで、ZOOMを使ったオンラインライブや、配信のライブに参加もしました。

ライブを行っている店もそうでないお店も、飲食店は休業要請を受けて臨時休業されたり時間を短縮したり、テイクアウトのみにしたり・・・・辛い時期が続きました。

安心しきって「元の通り」とはいかないものの、6月から少しづついろんなことが動き始めましたが、
まだまだ不特定多数の方に来ていただくライブは難しいこともあり、ライブ再スタートのお祝い(というより祈りに近いですね)を兼ねて、ZOOMライブをお願いした師匠Carlos Ortegaにunpluggedライブをお願いしたのでした。

オンラインライブ、もちろんロックダウン状況ではありがたいツールではありますが、やはり生演奏とは根本的に違う、と感じます。なんでしょう?PCやスマホを通してしまうと、楽器から出る音や歌い手の声は、音声ジャックの小さな穴からしか聞こえないわけです。チャコリさんで聞くそれは、もう音も声も、お店の壁に当たり、空気に触れ、その場でしか味わうことできない「波動」というか「圧力」を、耳だけではなく体全体で「感じる」わけですね。

その快感は、ひょっとしたらライブ演奏を当たり前に享受していたときには忘れかけていたのかもしれません。そんな幸せに加え、チャコリさんの美味しいお料理とワイン!!!本当に幸せなひと時でした。

私も Milton Nascimentoの 『Encontros e Despedidas』とDjavanの「Sina」を歌わせていただきました。
生演奏の楽しみをもっともっと伝えることができますように。

DSC_0528_1593991054225_4
スペイン、バスク地方の赤ワイン「リオハ」美味しかったです。ゆるみ切ったこの笑顔がすべてを物語ってますねえ・・・。緩みすぎやろ!

2020.7.7追記
アルバム、アカウントを持っていない方も見ることができるように修正しました。

 
コメントする

投稿者: : 2020/07/06 投稿先 ライブ報告

 

祭りばやしが聞こえる

意外に思われるかもしれませんが、一時期、柳ジョージさんの大ファンでした。ショーケンこと萩原健一さんが主演した、このタイトルのドラマは見ていないのですが、主題歌(柳ジョージ&レイニーウッド)は大好きでよく聴いていたなあ・・・。

閑話休題。

CandyでのLa Fiestaライブに来てくださったお客様、ありがとうございました。7月1日、本当なら祇園祭のスタートの日で例年であれば街にはコンコンチキチキンの音が流れ(録音ですけど)観光客でいっぱい・・のはずでした。河原町駅周辺はまだ賑わいがあったのですが、河原町通りを平安神宮に向かって歩いていくうちに、だんだん寂しくなってきて、土産物屋さんや、お団子屋さん、いつもキャリーバッグを転がして歩くのに苦労する歩道が見事にシャッター街になっており、ショックを受けました。

途中で河原町通から花見小路を北上するのですが、そちらに行くと東京都知事が「夜の街」と称する大人向けのお店が並んでいます。そちらはそれなりに人がいて、でもお店の前に出ているお嬢さんたちがフェイスシールドをつけていたりして、皆さん工夫して頑張っているなあ、という感じでした。

ちゃんと許可を受けて営業しているお店を(そうでない店もあるのでしょうか?)、しかも内容も形態も経営者の姿勢もそれぞれなのを「夜の街」と一絡げにすることには本当に違和感を持ちますし、私自身はご縁がないけれど、そこで楽しむお客さんがいるからお店もあるわけで・・・。コロナの話に限りませんけれど、「自分に必要ないから世の中に必要ない」と断じるってどんだけ傲慢なんだよ!!!と腹立たしくなることがよくあります。まあ、うちの、ワイドショーの類は一切見ない(見たらテレビにモノ投げて壊してしまいそう)し、そんなこと言う人は周りにいないのですが。とはいえ、感染防止対策は万全にお願いしたいと思いますね。シャンパン回し飲みはお控えになっては?とは思います。

過剰反応せず、でも用心しながら、少しずつ、また街に祭囃子が戻ってきますように。

DSC_0648

DSC_0649 
ライブ終了後、お客様として来て下さった方のバー(Candyのすぐ近く)でコアントローを使ったカクテルを頂きました。

 
コメントする

投稿者: : 2020/07/04 投稿先 ライブ報告

 

響きあう音

UncleJamでの市川強さんとのデュオライブにお越し下さった皆様、ありがとうございました。偶然とはいえ、UncleJamさんのライブ再開第1弾を務めさせていただいてとっても光栄でした。

消毒スプレー、空気清浄機や、マスターの手作り飛散ガードのパネル、お店のいたるところに万全の感染防止対策、本当に感謝しかありません。

細やかな配慮に守られて、何もかも忘れて音楽に集中することができました。マスターとママの笑顔、聴いて下さる方々の笑顔、3か月ぶりに音を響かせあうギターと声。最高の音響。その瞬間、その空間がどれほど自分にとって大切なものか、身に沁みました。

あちこちでいろんな工夫や注意を施しながらライブが再開されています。
まだまだお仕事やご自身の体調、ご家庭の事情で「ライブはまだちょっと・・・」という方も沢山いらっしゃると思います。一日も早く、誰もが生演奏を楽しむことができるようになるといいですね。お店も、ミュージシャンも、細心の注意を払いつつ、お待ちしております。

20200625

お品書き

プログラム1
 
コメントする

投稿者: : 2020/06/27 投稿先 ライブ報告

 

ようやく…

SOENでのLa Fiestaライブに来てくださったお客様、本当にありがとうございました。3ヶ月ぶりのライブでした。

お店では、除菌シート、ジェルなど加え、シンガーの飛沫が飛ばないようにマスターが手作りされた透明ボードが!

休業を余儀なくされ、再開してもお店がこれだけの負担を強いられている状況に、なんとも言えないもどかしさを感じます。

そうした努力の上でまたライブさせていただけることには感謝しかありません。

リアルなミュージシャンが、今ここで演奏している音、そしてリアルに集って聴いてくださるお客様、そうでなくては生まれない「何か」が生演奏にはあるんだなあ、とひしひしと感じつつ、歌う喜びに酔いしれていました。

またライブで歌うことができたことに感謝して、
もっと音楽の喜びが伝えられるよう、精進いたします。

 
コメントする

投稿者: : 2020/06/24 投稿先 ライブ報告

 

蟄虫啓戸

すごもりのむしとをひらく

暗い土の中から光あふれる世界へ!戸を開きたいですよねー。Mクアトロでのライブに来てくださった皆様、厳しい状況の中のお越し、本当にありがとうございました。お店はゆったりしていますし、除菌や換気にも気を使っていただいていましたので、安心して聴いていただけたのではないかと思います。

いつ中止を余儀なくされるかわからない状況、心がざわついて、気もそぞろ。おまけに出かけようかな…と思ったらずいぶん気温が下がってきて、慌ててストールを巻いたり中に着込んだりして「だるまさん」のような恰好になってしまいました。

でも、Nikkieさんのギターとカヴァコ、大野さんのギターとフルートの演奏も熱が入っており、私も歌いだしてしまえばあっという間に何もかも忘れて楽しむことができました。

今回初めて挑戦させてもらったGuingaの曲2曲も、お二人の「歌い手よりも歌っている」ギターに誘われて、なにかキラキラ光り射す暖かい場所へたどり着いたような心地よさでした。

サンバを歌う先輩シンガーお二人も来てくださってちょっと緊張しましたし、歌詞が飛んだり、音が飛んだり、場所間違えたり、というポカも満載でしたが、それでもなお、音楽の力を感じた至福の晩となりました。

聴いて下さる方ともその瞬間を共有出来ていたら本当に最高。そのような音楽がお届けできるようまた精進いたします。

IMG_2309

 

お品書き
プログラム

P.S.
3月19日、諸事情で出演がかなわなくなった歌仲間、大塚陽子に代わり、ピンチヒッターでMクアトロに出演いたします。
19:30~
うちののぶこ(Vo)
市川強(Gt)

 
コメントする

投稿者: : 2020/03/15 投稿先 ライブ報告

 

春を待ちながら

SOENでのLa Fiestaライブに来てくださったお客様、本当にありがとうございました。

ライブハウスから!!と連日報道されてライブハウスが特別に危険な場所のようになっていますが、ライブハウスと一口に言っても、規模も、ライブ形態も様々、居酒屋やカフェで演奏をしている、といった感じの店が殆どです。

勿論、外出や外食自体を避ける方がリスクは低いでしょうから、自粛という選択もあると思います。そこはお店、出演者、お客様のそれぞれの考え方、事情で選択したらよい、そう思っています。 たった一人でも足を運んで下さったお客様に楽しんで頂けたら、幸せです。

ライブが続けられるよう、体調管理に努めます。 そして1日も早く事態が終息しますように。

 
コメントする

投稿者: : 2020/03/08 投稿先 ライブ報告

 

Vamos!!!!

サンバブラジルでの錦織賢治さんとのDUOライブに来てくださった皆様、寒い中のお越し、本当にありがとうございました。おかげさまで満員のお客様、テンションも上がり楽しく歌わせていただきました。

1セット始まってすぐちょっと喉に違和感を生じ「あ、やばい、咳出そう、咳出そう・・・」となって、数曲途中で声が途切れるという事態が発生し、内心真っ青になっておりましたが、なんとか持ち直し、最後まで歌うことができました。かなりお聞き苦しい場面があったかと思います。聴いてくださった皆様、本当にごめんなさい。

とはいえ・・・・
サンバブラジルさんでライブさせていただくのは3回目なのですが、お店の中に一歩入れば皆お友達!嫌なことなんて吹き飛んじゃう、という雰囲気があるんですよねー。カラフルで暖かみのある内装といい、陽気なバイーア出身のシェフ、レジナルドさんをはじめとするスタッフの皆さんの明るい笑顔、そして美味しいお料理。「お客様との一体感」を心から感じることができる、そんな環境で演奏させていただけるのは本当にありがたいことです。

共演のNikkieさんの深い音色のギター、音楽への愛を感じるバッキング、そしてソロ、今回も駆けつけてくれてパンデイロを披露してくださったSAPOさんをはじめ、厨房から出てきて踊ってくれるシェフ、シェイカーを振って下さるお客様、MCに鋭い突込みをいれてくださるお客様、MCに「うんうん、知ってる」「へー!そうなんだ」などなど反応を(言葉にしなくてもお顔に書いてある・・・)下さるお客様、ジーっと耳をすまして聴いてくださるお客様、一緒に口ずさんで下さっているお客様、美味しい料理を楽しんでお酒がどんどん(?!)進んでいるお客様、その場にいた誰一人欠けてもライブはまた違った雰囲気になったのだと思います。

ライブで歌うことの喜びをひしひしと感じた幸せな一夜でありました。
アンコールでは、シェフの故郷のバイーアの音楽、バイアォンを代表する曲ともいえるLuiz Gonzagaの「Asa Branca」を、お客様もご一緒にご唱和いただきました。

サンバブラジル最高!
サンバブラジルのお客様最高!

です。
幸せを噛み締めつつ、もっとよい演奏を楽しんでいただけるよう、今後も精進いたします。ありがとうございました。

DSC_0344_1581205001990_R

楽しくて仕方がない

202028西宮サンバブラジルライヴ_200209_0018_R

写真をたくさん撮ってくれた友人と記念撮影。

DSC_0347_1581204988754_R

ちょっとイイ女風じゃないですかー?

お品書き

プログラム1

 
コメントする

投稿者: : 2020/02/09 投稿先 ライブ報告

 

寒さ厳しき

ZACBARANでのLaFiestaライブにお越し下さった皆様、寒い中をありがとうございました。昨日からぐっと気温が下がり、冬の京都らしい寒い夜です。

いつものように昼間の仕事を終え、河原町に降りたって、あまりの人の少さに驚きました。新型肺炎の影響がこんなに広がっているのですね。

タクシーの運転士さんもしばらくこんな状態が続いたらどうなってしまうのやら、と嘆いておられました。

そんななか、来てくださったお客様に感謝するとともに、1日も早くこのウィルス騒ぎが終息しますように願っています。

次回ZACBARAN出演は5月8日金曜日です。

 
コメントする

投稿者: : 2020/02/07 投稿先 ライブ報告

 

夢を乗せて

Uncle Jamでの池田定男さんとのデュオライブにお越しくださった皆様、ありがとうございました。池田さんのギターでライブを・・・・・という夢が叶った至福の夜でございました。池田さん、きっちり譜面を読み、リハもしてくださった上で、わたしの雑多な曲リストに対応すべく、なんとギターを3本もお持ちくださいました。当然「ギター小僧」Uncle Jamのマスターも興奮気味に、しかしお二人でしっかりきっちり音を作ってくださいました。ああ、長生きはするもんだわ、と感慨に浸るうちのでございました。

曲調やリズムが偏らないよう・・と思っても、ついつい好きな曲ばかりならべてしまい、スローなナンバーが多すぎたかなあ・・と反省です。
けれど、自分の声と混ざり合うギターの音色がそれはそれは美しくて、「こんな風に・・」と思っていたイメージが形になっていく快感に酔いしれておりました。

2セット目からは歌の師匠も来店してくださって、うれしいやら緊張するやら。でも師匠が目の前に座っているのを見て、2003年に初めてきちんとした(?)リーダーライブをさせていただいた時のことが走馬灯のように頭を駆け巡っておりました。やるぞ!と決めて師匠に相談して、場所やメンバーを決めたのはいいけれど、練習してもしても思うようにいかないでレッスンから泣きながら帰ったり、集客できるかどうかが心配で眠れなかったり、本番はとても今聴けた出来ではないのですが、なんとか終えたときの喜び。

他人と比べてしまったらその歩みの鈍さにあきれるわけですが、それでもあれからずっと歌い続けて来られたことが何よりも幸せなことだなあ・・・としみじみ感じました。

さあ、また次に向けて頑張ります。

IMG_2296_R IMG_2295_R
美しい楽器たち

IMG_2298_R
お花もいただきました。

お品書き

プログラム1

 
コメントする

投稿者: : 2020/01/12 投稿先 ライブ報告

 

唄い初め!

ZACBARANでのLa Fiestaライブに来てくださった皆さま、ありがとうございました。

令和2年初ライブ、唄い初めでございました。今年も一年、元気に歌えますように。

今日は、偶然京都に遊びにいらしていた超絶美しいジャズヴァイオリニストのReikoさんや、アニタ・オデイが大好き!と仰有る紳士や、アルトサックスを吹かれる青年や、音楽好きのお客様にお越しいただき、本当に楽しく歌わせて頂きました。

雨がしとしと降っていますが、1月にしては随分暖かい京都の夜が更けていきます。

さあ、また明日から頑張りましょう。次回La FiestaのZACBARAN出演は2月7日、金曜日です。

 
コメントする

投稿者: : 2020/01/07 投稿先 ライブ報告