RSS

カテゴリー別アーカイブ: ライブ報告

残暑厳しい一日でしたね。

伏見、レミューズカフェでのLaFiestaライブにお越しくださった皆様、ありがとうございました。
今日はお客様にアルトサックス、そして切れのよいダンスでもご参加いただいて、より楽しいライブとなりました。

お客様の、音楽への愛とともに地元京都への愛も感じられて、とてもアットホームなライブでもありました。

台風の影響でしょうか、とにかく暑い一日で、かなり身体にこたえていますが、今日も元気に歌えたことに感謝して、また明日から頑張ります。


ライブ終了後、イタリアンソーダ・ラズベリーを頂きました。美味しかったあ!!

 
コメントする

投稿者: : 2019/09/07 投稿先 ライブ報告

 

Samba de Verão!!

サンバブラジルでの錦織賢治さんとのDUOライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。8月に一周年を迎えられたSAMBA BRASILさん、バイーヤ出身のシェフ、レジナルドさんが作るブラジルの家庭料理の数々。お肉好きにはたまらない(お肉だけじゃないですよ。キャッサバ芋とか豆料理とか、ほんとうに温かみがあって美味しいんです。)お店です。

そのサンバブラジルさんに会場をお借りしてのライブ、6月に続いて2回目でした。今回もたくさんのお客様に来ていただいて、本当にひたすら楽しく歌わせていただきました。シェフも厨房の中から、ラストは客席に出てきて曲に合わせて踊ってくださいましたし、お客様もパンデイロ、シェイカーを振ってご参加くださいました。

いつもいつも感じることですが、本当にライブの楽しさって、演者だけじゃなくて、その場いるすべての人が関わって作るものだよなあ・・・と改めて思いました。演奏が伝われば、お客様が楽しそうに身体を揺すって聴いてくださる、あるいはじーっと耳を傾けてくださる、そうすると今度はそのパワーが演者に伝わって・・・上手く伝わるかどうかは(もちろん演者の力量に負うところが大きいですが、ちょっとそれは脇において)お店やステージの雰囲気にも左右されるし・・・。

ということで、お店の皆さん、その場の空気、美味しいお料理、お酒、そしてお客様の楽しもう!という気持ち、共演者のNikkieさんのギターの音色、大きな渦に巻き込まれるかのような幸せな気持ちで歌うことができました。

ライブが終わった後はちょっと電池切れおこしてボーっとしてしまいましたが、それだけ受け取るエネルギーも放出するエネルギーも大きかったということかな・・・・と感じました。

ただ、演奏一つ一つについては反省点満載。幸せな気持ちはありがたく100%受け取りつつ、また次に向けて精進したいと思います。

DSC_0093_1566660122785

カラフルな店内にお肉の焼けるいい匂い、もう幸せに溢れております。

DSC_0101_1566660028397

DSC_0096_1566660097371

LINE_P2019825_121412

LINE_P2019825_121418

19056

A子さん、〇嶋さん、写真ありがとうございました。

お品書き

プログラム1

来てくれた同級生(左)と記念撮影

LINE_P20190825_190615779

LINE_P20190825_190622193

追加投入。終了後に頂いたお肉三昧!

 
2件のコメント

投稿者: : 2019/08/25 投稿先 ライブ報告

 

天上の音楽

十三 DreamRoadでの池田定男さんと上川保さんのツインギターライブでゲストとして歌わせていただきました。

いつもながら映画音楽あり、ご機嫌なジャズナンバーあり、オリジナルあり、贅沢な音色とお二人のギターでの掛け合い、極上のひと時でした。

バイオリニストの長野昭子さんも4曲演奏され、長く3人のユニットで演奏されていただけあって、息のぴったり合った素晴らしいパフォーマンス。おひとり加わっただけで音が無限に広がるようで、口をぽかんとあけて聴き入っておりました。特にアンコールの「スペイン」は圧巻。
チックコリアのこの曲、まあよく演奏されていますが「やっとこさコピー」以上のことを聴く機会はめったになく。
基本の構成やリズムは変えていないのですが、その基本の上で自由に遊ぶ、少し違うリズムを乗せる、まあ、なんと見事に「今このユニットだからの演奏」に仕上がっておりました。

手のひら痛くなるぐらい拍手しちゃった。

歌も、歌い手の技量はもちろんのこと、カラオケのようにどんな演奏でも同じように歌うのではなく、ご一緒するミュージシャンとでなければできない音楽として聴いていただけるようでないとあかんなあ・・・と思いました。

わたしは、といえば、ただただもお二人のギターの音色にうっとり。空を飛んでいるような気分で歌わせていただきました。
いつも笑顔で迎えてくださるマスター、ママ、聴いてくださった皆様。ありがとうございました。

20190813

20190813-1

幸せ!の顔です。

 
コメントする

投稿者: : 2019/08/14 投稿先 ライブ報告

 

少しづつ少しづつ

Uncle Jamでの市川強さんとのDUOライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。とてもお久しぶりのお客様や、春に甲子園口に越してこられ、通勤の朝夕にお店の前を通って、いつか・・と思いうちののライブを選んできてくださったというお客様も来ていただきました。たくさんのライブ案内の中から選んでくださって本当にうれしかったです。マスターの作って下さる素敵なフライヤーのお陰だなあ。感謝感謝。ご期待に応えられていたなら良いのですが。

今回は、Stevie Wonder,Rickie Lee Jones,中島みゆきなどジャズではあまり歌われない曲を入れた分、そのほかの曲はスタンダードを中心にしてみました。「何を歌うか」にももちろん毎回頭を悩ませるわけですし、新しい曲にも挑戦したいわけですが、繰り返し歌っている曲についても、「アレンジを変える」とか「違うフェイクをする」というのでなく(いえ、それもよいのですけれど)前回歌ったときよりも、より歌の魅力が伝わるような歌が歌えていたらいいな、と思います。それはビートが心地よく身体に入ってくる、とか曲の流れとか、ディクションとかダイナミクスとか・・・。「深み」なんて言うとおこがましいですが、曲の奥に少しずつ近づくイメージでしょうか、細部を大切にすることによって全体がもっと生きる、というような。

特に尊敬しているミュージシャン(たくさんいらっしゃいますが)の中の一人の方が、何気なく話しているときによく口にされるのが「一日一回はこれをやるんですよ」という言葉。毎回別のことだったりするので、「毎日やる」ことが山ほど・・・。でもそういう一日5分、10分取り組むことがあとあとどんな差になるか・・・。小学生の時の計算ドリルや、漢字のお勉強で嫌と言うほど身についているはずなのに、なぜか音楽とか創作分野になると、なにか突然天から才能が降ってくるに違いない・・・・・という勘違いが起こってしまうのは何故なんでしょうねえ・・・。

ということでまた新たな気持ちで取り組みたいと思います。次回により楽しんでいただけますように。次回UncleJamは10月17日木曜日です。

IMG_2153

お品書き
プログラム1

 
コメントする

投稿者: : 2019/07/27 投稿先 ライブ報告

 

山鉾巡行の名残

ZacBARANでのLa Fiestaライブに来てくださった皆さま、雨が降る中をお運び頂き本当にありがとうございました。

山鉾巡行を終え、少し祭りの後の風情の京都から帰宅途中です。

本日は素敵な女性同士のお客さまが二組、フランスから京都は3度目とおっしゃる紳士、ハンブルグから初めての訪日とおっしゃるキリッとした青年(彼の地では別に普通のことなのだと思いますが、Tシャツから垣間見える腕から肩に大胆な模様をお持ちで、ちょっと怯みましたが、思いきってお話したらとても優しい方でした。明日は広島へ移動するので、京都は最後の夜、いい音楽が聴けてよかった、と言ってくださいました。)、あと、最初の方でお帰りになりましたが、韓国からのお若い3名は唐揚げがいたく気に入ったようで、「おかわり」されていました。

ZACBARANはお酒の種類も豊富でお料理も美味しく、特に今日は特別メニューの日だったそうで、お客さま皆様大満足だったようです。

お客様が楽しんでくださると演奏のテンションもぐんぐん上がって、お客様も含めてその場にいる誰もが一緒に音楽を紡ぎだす瞬間。

ライブの醍醐味ですよね。本当に楽しく歌わせていただきました。

音楽の神様に感謝。
また明日からも頑張ります。

 
コメントする

投稿者: : 2019/07/18 投稿先 ライブ報告

 

一歩の喜びと・・・

Mクアトロでの 「Uma Noite de Mùsicas Brasileiras 」に来てくださった皆様、ありがとうございました。錦織賢治さんの7弦ギターとカヴァコ、大野こうじさんのギターとフルート、という幸せすぎるメンバーでお送りいたしました。今回、何曲かの新曲、なかでも先日ビルボード大阪での感激のコンサートの記憶も新しいGuingaのヴォカリーズ曲にも挑戦させていただきました。ヴォカリーズといえば、声楽に夢中だったころ、ラフマニノフのヴォカリーズが大好きでよく練習していました。書かれた音符をきちんと歌いつつ「自分の歌」にする難しさ、クラッシック音楽にはポピュラー音楽とはまた違った楽しみがある、と思っています。今でも大好きな一曲。オーケストラでどうぞ。

https://youtu.be/QAwETLTAHHM

また、新曲だけでなく、今回は何度も歌ってきた曲のリズム再考・・・というかサンバのリズムをバッキングだけに頼るのではなく、歌でもきちんと感じさせることができるように、ということを特に意識していました。でもすぐに甘くなってしまったり、リズム出そうとするあまりメロディがぶつっと切れてしまったり、ギターやカヴァコの刻みと合わなかったり、少しトリッキーに刻まれると見失いそうになったり、ああ・・・道は果てなく・・・・と改めて感じました。

でも楽器と声のリズムがピタッと合って、いわゆる「グルーブ」が生まれるときの快感はもう、とてつもないものがあります。もっとそれを感じることができるよう、聴いてくださる皆様にも感じていただけるよう、精進したいと思います。

でも、それでも、やっぱり最高に楽しいライブでした。
お客様に、お店に、共演者に感謝です。

喜びに浸っております。

 

本日のお品書き

プログラム1

 

 
コメントする

投稿者: : 2019/07/14 投稿先 ライブ報告

 

金管楽器の澄んだ音色

JKCafeでのライブにお越しくださった皆様、ありがとうございました。
今日はトランペットの小林徳久さんも遊びに来て下さってボーカル曲にも入って下さいました。久しぶりにトランペットの清清しい音色に包まれて、至福の一曲でした。

あれやこれや、出来なかったことを数え上げれば果てがないのですが、元気に歌えたこと、また新しいご縁が繋がったことで今日はよしとして、また明日から頑張ります。
次回JKCafeでのジャズライブは10月4日、金曜日です。

 
コメントする

投稿者: : 2019/07/02 投稿先 ライブ報告