RSS

カテゴリー別アーカイブ: ライブ報告

We must believe in Spring

Uncle Jamでの池田定男さんとのデユオライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。大勢のお客様にお越しいただき、本当にありがたかったです。兵庫県、まん延防止重点措置に逆戻り、酒類提供禁止になる2日前という滑り込みのタイミングでした。2回も延期になってやっと開催できたライブ、感慨もひとしおでございました。

”You must believe in Spring” Michel Legrandの大好きな一曲です。これは当初1月に予定していたこのライブのために選曲したものでした。冬の氷の下でもバラの蕾はじっと春の日差しを待っている、木々たちは、葉を落とした寂しい季節もやがて終わることを知っている・・・・春を信じましょう、という美しいナンバー。

開催が7月になったとき、他の曲に差し替えようか、とも考えました。けれど、もちろん四季はちゃんとめぐってはきていますが、昨年2月ぐらいから、ずーーーーっと冬のような寒々とした季節を過ごしているようにも感じています。毎日35度を超える真夏の今でさえ、なにか暗いトンネルの中のよう。そう思ったら、Spring=このコロナ禍を抜け出すとき、とも思えてきて、そのまま歌わせていただきました。

一晩明ければ、あれこれ「ああ、もう少しこう歌えていたら」と思うところがありますが、厳しい状況の中で無事にライブができたこと、池田さん、お客様、お店のマスター、ママと一緒に音楽に満ちた時間を過ごすことができたことに感謝して、今後ライブの延期や中止が続きそうですが、次の機会をもっともっと楽しんでいただけるよう、精進いたします。

DSC_0524

 

 

プログラム1

お品書き。今回もスタンダードジャズ、ブラジル音楽、ラテン音楽、日本のポップス、スティービーワンダーにエリック・クラプトン、と「お楽しみ袋」か「ごった煮」か、というプログラム。池田さんの美しいギターの音色に聴きほれて出トチリそうになることしばし・・・なライブでした。

お花もいただきました。
DSC_1296

 
コメントする

投稿者: : 2021/08/01 投稿先 ライブ報告

 

祇園祭りはなかったけれど

祇園CandyでのLa Fiestaライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。京都についてみると、前回4月に来た時よりは人手が戻っているようで、4月はシャッター街になっていた四条通もお店が沢山開いていて、すこし安心しました。もちろん感染拡大防止は大切で不要不急の外出自粛が要請されているわけですが、みんなが外出自粛したら飲食店や土産物屋さん、あらゆる「お客さん」商売はどうなってしまうでしょうか?「〇時まで営業可、でもみんな行かないでね」って酷いのでは?と思っています。

Candyも行くたびに新たな感染対策グッズや席の間仕切りが増えていて、少しでも安心して楽しんでいただこう、という心意気が感じられます。マスター、本当にお疲れ様です。

さて、La Fiestaは最近時々スタジオリハもしており、お陰で今回は3曲も新曲に挑戦させていただきました。スタジオリハだと、じっくり細部を詰めることができるので、合わせにくい微妙な部分など、わりと「エイヤ!」の勢いで演奏してしまってそのままになる、ということがなく、クオリティも上がっている・・・・と思います。

協調性がないわけではない(と思う)けれど、他人との距離を上手く取れず、特に3人以上になると疲れてしまう自分が、こんなに長く「バンド」という形態で歌ってこれたことに驚いています。メンバーの皆さんが、皆さん大人で、着かず離れず、でもフレンドリーだからだろうなあ・・・。よく他所で聞く「女子どうしの確執」とも全く無縁だし。

つくづく自分はラッキーだなあ、と感じています。
皆さん、もう少ししてワクチンが行きわたったら、是非La Fiestaに会いに来てくださいね。
さあ、次に向けて頑張ります。

お品書き
プログラム1

 
コメントする

投稿者: : 2021/07/24 投稿先 ライブ報告

 

感謝と祈りと

Mクアトロでのライブに来てくださった皆様、本当にありがとうござました。
兵庫県はまん延防止重点措置が解除になり、だけどお店の営業やお酒の提供は30分だけの緩和。
でも、このメンバーでのライブ、3月は中止、5月は1セットだけの短い公演、今回やっと2セットお送りできることになり、このまま状況がよくなることを祈るばかりです。

毎回、錦織賢治さんの7弦ギターとカヴァキーニョ、大野こうじさんのギターとフルート、そしてうちのの歌、この5種類の楽器(声を含め)を曲によって組み合わせてお送りしております。短いリハの間に「これは何で行きましょうか・・・」と相談したり、前に演奏した曲を違った組み合わせでやってみたり、と、もうその段階からテンションが上がりまくるのですが、それに加え、今回はNikkieさんがちょっとだけ歌も歌ってくれたんですよ。楽しすぎるでしょ!(いえ、だからって私がギター弾いたら何もかもぶち壊し。変わったことすればよいわけではありません。でも新曲の「Tiro ao álvaro」、作者のAdoniran BarbosaとElis Reginaのバージョンが何といっても最高で、
https://youtu.be/caEFyFRc91c
となると、どうしても渋い男性の声が欲しくて、当日になっておねだりしてしまったのでした。)
前回、前々回とカヴァコ(Niikieさん)+ギター(大野さん)でお送りした「Tico Tico No Fuba」を7弦ギター(Niikieさん)+フルート(大野さん)で演奏したのも楽しかったし、新曲の「Incompatibilidade De Gênios」での二人のギターも最高だったし、どの一瞬を切り取っても喜びに満ちた時間。

あれこれポカもやらかしたのですが、「開催できるのだろうか・・・」という不安が大きかっただけに、いつもに増して歌っているときの高揚感が大きくて、興奮しすぎた感がありました。お客様からも「ライブに今参加している」という高揚感が伝わってきて、それはもう至福でありました。

録音や配信、そこにいない人でも一緒に音楽が楽しめるように技術が発展してきたことは素晴らしいことですし、自分の短い人生のなかでさえ、その恩恵を思い切り享受しているわけですが、それでもやっぱり、いえ、だからこそその場で一発芸のごとくできあがる音楽、場所、環境、演者、お客様、もしかしたら天候や時間も・・・・すべての偶然によって出来上がるライブの素晴らしさ、コロナなんてなかった方がもちろんよかったのですが、多くのミュージシャンや音楽好きの人が改めて気づかされたのかもしれないな・・・なんてちらっと考えました。

もっと多くの方と、もっと安心して、ライブを楽しむことができる、そんな日が再び来ることを信じて。また次回に向けて頑張ります。

DSC_1272

84278428207470627_141269521446109_3368473792736278683_n211280465_884802082107008_2421107172055737417_n214624769_959465021570351_36206095669385152_n

215618534_348881403552601_5151969067964964505_n
イケメンな二人。二人が音楽で絡む様はほとんど小学生男子(失礼かなあ・・・)

お品書き

プログラム20210714

 
コメントする

投稿者: : 2021/07/15 投稿先 ライブ報告

 

気が付けばもう夏。ご報告など

JKCafeでのLa Fiestaライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。ライブ中止が相次ぎ、わたしにとっては4月21日以来のライブでした。1ヶ月以上・・・こんなに間が空いたのは3年前入院した時以来ではないかしら・・・。やむを得ないことと頭では理解していてもライブ中止が決まるたびに意気消沈しては、「次こそは」と望みをつないでいます。JKCafeさんは、もともとアルコールがメインのお店ではなくバリスタがいれるCafeの店。その上おひとり様が多いお店でもあります。それでもスクリーンを立てたり消毒液や体温計を設置したりと様々ご準備して、ライブを開催しておられます。

昨日は大勢の方がお越しくださって、感激でした。歌いながら、ああ、やっぱりお客さんと直接目を合わせて(いや、シャイなもんでなかなか視線は合わせられないけど)歌うのはなにより楽しいなあ・・・・とひしひしと感じておりました。

さらなる休業要請期間延長、飲食業、それにかかわるお仕事の方、エンタメ業界の方、スポーツ関係、沢山の業態の方が先に不安を持ちながらこの困難な時期を凌いでいらっしゃいます。
ワクチン接種がだいぶ進んでいるようですから、あと少しの辛抱・・だといいですね。
自分が感染に気をつける、他の病気やケガにも気をつける、以外にできそうなことが何もありませんが、一日も早く、穏やかな世界に戻りますように。

ということで、休業要請期間の延長により、
6月5日(土)に予定しておりました サンバ ブラジル料理店 西宮北口でのライブは8月21日(土曜日)に延期となりました。
今度こそサンバで皆さんとお会いできますように。

20210529

 
コメントする

投稿者: : 2021/05/30 投稿先 ライブ報告

 

宵のうちのライブでした。

祇園、CandyでのLa Fiestaライブに来てくださったお客様、本当にありがとうございました。


またまた緊急事態宣言が出る、とのことで、ライブハウスにはどのような要請になるのか、とても心配です。仕方がないこととは言え、ライブさせて頂いているお店は皆、時短要請にもきちんと応じ、アクリル板を設置したり席を間引いたり、感染防止に努めてこられたお店ばかり。更なる要請はかなりのダメージだと思います。どんな内容になるかまだわかりませんが、今度こそ最後でありますように、と願わずにはいられません。また街のあちこちが音楽で溢れますように。

DSC_1145
 
コメントする

投稿者: : 2021/04/21 投稿先 ライブ報告, Uncategorized

 

Chovendo na 桜

アントニオ・カルロス・ジョビンの曲に、“Chovendo na roseira”(バラに降る雨)という大好きな曲があるのですが、昨日は春雨が桜の花びらを散らして、この曲が思い浮かんでいました。ちなみに、”Estrada do Sol”(太陽の道)という曲もありまして、これがまるで連歌のように「夕べ降っていた雨のしずくがまだ光っている。いいお天気になったから手をつないで出かけよう」という歌詞なんですよ。

ということで、前置きが長くなりました。雨の中、甲子園口はUncleJamでのCarlos Ortegaライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。ゲストとして5曲、歌わせていただきました。翌日から「マンボウ(世代、かもしれませんが北杜夫さんしか浮かびません。「僕のおじさん」子供のころ何度も読んで、読むたびに涙を流して笑ったものでした。)UncleJamさんぐらいの徹底した感染対策をしていたら、遅くまで営業しても全く問題なさそうなのになあ・・・。本当に考えうることをすべてしてくださっていて安心です。飲んだり、食べたりの間もその都度マスク。皆さんきちんと守っておられました。

3月末から急に忙しくなり、いっぱいいっぱいになっておりましたが、久しぶりにCarlosの熱いラテン音楽を堪能して、Carlosのギターで歌って、楽しそうに聴いてくださるお客様を見ていると、もう嫌なことはみんな吹っ飛んで、エネルギーがどんどん湧き出てくるのを感じました。その瞬間が何よりも幸せです。

歌わせていただいたのは・・・
Samba em Prelúdio(Baden Powell)
Eu vim da Bahia(Gilberto Gil)
Obi(Djavan)
Sabor a Mí(Álvaro Carrillo)
Palco(Gilberto Gil)

お客様に、場を守ってくださっているお店に、共演者に、元気に歌えることに感謝して。
また次に向けて頑張ります。
ツイキャスでの配信は、4月18日までご購入、ご視聴が可能です。よろしければ是非ご視聴ください。
https://twitcasting.tv/f:176151749114549/shopcart/58928

 
コメントする

投稿者: : 2021/04/05 投稿先 ライブ報告

 

京都は時短最終日

時短最終日(本当にこれが最後の時短でありますように)のLaFiestaライブ、SOENに来てくださったお客様、本当にありがとうございました。

昼間とっても憂鬱なことがあり、意気消沈で京都にやってきましたが、楽しく歌わせて頂いてすっかり元気いっぱいのうちのです。

決して自粛疲れ、というほど引きこもってはいませんが、時計を気にしつつのライブも、Vamos cantar!(皆で歌いましょう!)と言えないこと、歌い終わったら慌ててマスクをして、少し離れたところからお客様にご挨拶する、こんなことが「普通」にはなってほしくありません。

京都もあちらこちら桜も咲いています。
大切な人と集い、季節を楽しむ。
そんな日常が一日も早く戻ってきますように。

 
コメントする

投稿者: : 2021/03/21 投稿先 ライブ報告

 

ビタミンカラー!保護色?

西宮北口のブラジル料理店、SambaBrasilでの、錦織賢治さん(7弦ギター)とのデュオライブに来てくださった皆様、お約束どおり寒さが戻った「お水取り」の翌日にお越しいただき、ありがとうございました。
Sambaさん、しばらくお休みされている間にヤシの木が生えていました。カラフルな店内がますますワイルドになり、気分もぐっと高揚いたします。

時短要請も少しだけ緩和されて、じっくり落ち着いてライブができるようになったのはありがたいことですね。今回は、古いサンバの曲、ブラジルのフォークソングともいうべきMúsica sertaneja(ムジカ・セルタネージャ、ブラジルではとても人気が高いのだそうです。今ブラジルポルトガル語を教えていただいている先生が、中部のゴイアス州の方なのですが、ここはMúsica sertanejaの聖地と言われているのだとか。少しずつ、おすすめの曲など紹介していただいています。)、ちょっと新しめのMPBなど、あれこれちょっとづつアラカルトでお送りいたしました。

いるだけで元気になる店内、底抜けに明るいシェフ、スタッフの皆様、そして美味しいブラジル家庭料理、珍しい果物のジュース(無茶ぶりでカクテルにしてもらっていたお客様も・・・!!)

美味しい!楽しい!幸せにあふれた店内、そんな中で歌わせていただける幸せをひしひしと感じております。
そして、演奏後はわたしとNikkieさんも美味しいお料理を楽しませていただきました。
車移動のわたしは、ノンアルコール、ということで「あまり甘くない、そして日本では珍しい果物のジュース!」というわがままオーダーで、グラビオラグラナデイラという果物のジュースを頂きました。(注:果物の名前、間違っておりました。訂正いたします。グラビオラ、日本語ではサワーソップというらしいです。)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%83%E3%83%97
パッションフルーツに似ていますかね。乳白色で「カルピス?」という見た目ですが、本当にほんのり甘くてすっきりしていてお食事にもぴったりでした。

特にわたしが気に入っているお料理は・・・
ピカーニャ
ピカーニャ。イチボ肉のシュハスコ。串焼きです。シンプル、ジューシー。

あれこれ食べたい方はこちら。シュハスコプレート
シュハスコプレート
凄いボリューム!付け合わせのお野菜がまた美味しいのだ。

絶対毎回リクエストするのは
エビのガーリック炒め
特にエビ好き、でもないのに、これは外せない。コリアンダーが効いています。

そして、今回は手作りブジン(プリンのことですが、日本のプリンよりどっしり重いかなあ)もいただいちゃいました。
プジン
お断りしておきますが、ワンホール食べたわけじゃありませんよ。

写真は食べログさんから頂きました。
皆さんも、是非是非 食べてみてくださいね。次回のライブは6月4日(土曜日)に決定いたしました。そのころにはもっと気兼ねなく集えるといいですね。

熱帯雨林で演奏しているみたい!うちのの衣装もマッチしていて保護色のようですね。

2021.3.13

皆さま、写真をお寄せくださり、ありがとうございました。

本日のお品書き
プログラム1

 
コメントする

投稿者: : 2021/03/14 投稿先 ライブ報告

 

明日から3月!春を待ちながら

高槻、JKCafeでのLaFiestaライブを聴いて下さった皆様、ありがとうございました。思いがけず大勢の皆様に来ていただき、感激でした。

長い間花粉症とは全く無縁でしたが、ついに(?)昨年あたりから春先に目の痒みやくしゃみといった典型的な症状がでるようになってしまいました
。花粉症デビューを飾ったわけです。困ったことに「喉の痒み」(痛い、じゃないんですよね、皮膚の痒みともまた違う感じなのですが、やはり「痒み」としか表現しようがなく)がなかでも辛く、歌う時にどうしてもちょっと避ける、というか、庇うというか、してしまいます。
なんとかコントロールしていくしかないのですがコロナも花粉も早く過ぎ去ってほしいです。

明日から緊急事態宣言は解除、飲食店の営業も1時間延長してよいとのことです。予定の変更があるかも、ということでライブのお知らせをアップできずにいましたが、今後の予定を近々アップいたします。

感染しないよう対策しつつ、皆さんと音楽を楽しむことができますように。

 
コメントする

投稿者: : 2021/02/28 投稿先 ライブ報告

 

MCについてなど

Mクアトロでのライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。大野こうじさんのギターとフルート、錦織賢治さんの7弦ギターとカヴァコ、星が降るような幸せな音に包まれて、楽しく歌わせていただきました。
緊急事態宣言下、自粛要請を受けての時短営業、ライブは18:30からの1セットのみでお送りいたしました。普段の1セットよりは少し長く、11曲聴いていただきましたが、構成が難しいですね。なんだかだらだらしてしまったような気もします。いつも1曲終わっては次の曲の紹介などをするのですが、ここはいきなり歌、とかすこし気の利いた小話を挟むとか、工夫が必要なのかもしれません。

MC、マスターオブセレモニー、あるいはマスターオブコンサート。本当は司会者や進行役のことですが、ライブ中のトークのこともMCと言っています。英語では”on-stage banter”と言うのだそうです。ここでTalkといってしまうとこれはお客さんのノイジーなおしゃべりの意味になっちゃうんだとか。

前に、自治体の長も務めておられたロックギタリストの方がブログで「MCなんて必要ない、カッコ悪い、ただ曲を聴かせればいい」と書いておられて、あ、MCなんて鬱陶しい、と思って聴いておられる方もいるのかな、と思いました。あまり長くなってはいけないし、内輪受けのような話になってはいけないし、でもその場におられる方にとって身近な話題はやっぱりなごむような気もするし・・・かなり悩みます。喋ることをあらかじめ考えたり台本があるわけじゃないので、話しているうちに脱線してしまったり、「あ・・・この話題はまずかったか・・・」と思ったり、自分で何が言いたいのかわからなくなってきたり・・・。難しいです。

師匠Carlosに聴いた話ですが、アルゼンチンやブラジルのライブハウスではMCは全くない、というのが一般的だとか。けれど、Carlosは日本に来てMCのあるライブの方がよい、と思うようになったそうです。
特にお客さんのほとんどにとって「母国語ではない」歌を聴いていただく時、やはりある程度歌詞の内容や歌の背景にあるものをお知らせした方が楽しめるのではないか、と思っています。

おそらくそれが前述のギタリストさんにしたら「音楽だけで聴かせる?感動を与える?(ああ、この言葉好きじゃありません。正直に言って嫌い。絶対自分では言わないし、歌う時にそんなことこれっぽっちも思いません。アーチストやスポーツ選手でこれを口にする方がいらっしゃいますが、なにか首筋当たりがぞわ~っとします。あ、企業の偉いさんが社員にこういうこと言っていたりするのも、耳を覆いたくなるほど気持ち悪い、と思っています。この表現が好きな方、ごめんなさい。)」ことからの逃げ、というか姑息な手段に思えるのかな・・・。

ほらほら、MCの時と同じで何が言いたいのかわからなくなってきました。とにかく、たとえ時短でも、この状況下、ライブで歌い、共演者やお客さまと音楽を一緒に楽しむことができた、そのことに感謝して、また次に向けて頑張ります。

次回同じメンバーでのライブは5月8日(土)です。このころには通常の生活に戻っているといいですね。
DSC_1049

アルバムはこちら
https://photos.app.goo.gl/3bzQ1p1g24ghFRYo6

お品書き 今回は新曲も数曲演奏させていただきました。

 
コメントする

投稿者: : 2021/02/20 投稿先 ライブ報告