RSS

カテゴリー別アーカイブ: ライブ報告

Chovendo na 桜

アントニオ・カルロス・ジョビンの曲に、“Chovendo na roseira”(バラに降る雨)という大好きな曲があるのですが、昨日は春雨が桜の花びらを散らして、この曲が思い浮かんでいました。ちなみに、”Estrada do Sol”(太陽の道)という曲もありまして、これがまるで連歌のように「夕べ降っていた雨のしずくがまだ光っている。いいお天気になったから手をつないで出かけよう」という歌詞なんですよ。

ということで、前置きが長くなりました。雨の中、甲子園口はUncleJamでのCarlos Ortegaライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。ゲストとして5曲、歌わせていただきました。翌日から「マンボウ(世代、かもしれませんが北杜夫さんしか浮かびません。「僕のおじさん」子供のころ何度も読んで、読むたびに涙を流して笑ったものでした。)UncleJamさんぐらいの徹底した感染対策をしていたら、遅くまで営業しても全く問題なさそうなのになあ・・・。本当に考えうることをすべてしてくださっていて安心です。飲んだり、食べたりの間もその都度マスク。皆さんきちんと守っておられました。

3月末から急に忙しくなり、いっぱいいっぱいになっておりましたが、久しぶりにCarlosの熱いラテン音楽を堪能して、Carlosのギターで歌って、楽しそうに聴いてくださるお客様を見ていると、もう嫌なことはみんな吹っ飛んで、エネルギーがどんどん湧き出てくるのを感じました。その瞬間が何よりも幸せです。

歌わせていただいたのは・・・
Samba em Prelúdio(Baden Powell)
Eu vim da Bahia(Gilberto Gil)
Obi(Djavan)
Sabor a Mí(Álvaro Carrillo)
Palco(Gilberto Gil)

お客様に、場を守ってくださっているお店に、共演者に、元気に歌えることに感謝して。
また次に向けて頑張ります。
ツイキャスでの配信は、4月18日までご購入、ご視聴が可能です。よろしければ是非ご視聴ください。
https://twitcasting.tv/f:176151749114549/shopcart/58928

 
コメントする

投稿者: : 2021/04/05 投稿先 ライブ報告

 

京都は時短最終日

時短最終日(本当にこれが最後の時短でありますように)のLaFiestaライブ、SOENに来てくださったお客様、本当にありがとうございました。

昼間とっても憂鬱なことがあり、意気消沈で京都にやってきましたが、楽しく歌わせて頂いてすっかり元気いっぱいのうちのです。

決して自粛疲れ、というほど引きこもってはいませんが、時計を気にしつつのライブも、Vamos cantar!(皆で歌いましょう!)と言えないこと、歌い終わったら慌ててマスクをして、少し離れたところからお客様にご挨拶する、こんなことが「普通」にはなってほしくありません。

京都もあちらこちら桜も咲いています。
大切な人と集い、季節を楽しむ。
そんな日常が一日も早く戻ってきますように。

 
コメントする

投稿者: : 2021/03/21 投稿先 ライブ報告

 

ビタミンカラー!保護色?

西宮北口のブラジル料理店、SambaBrasilでの、錦織賢治さん(7弦ギター)とのデュオライブに来てくださった皆様、お約束どおり寒さが戻った「お水取り」の翌日にお越しいただき、ありがとうございました。
Sambaさん、しばらくお休みされている間にヤシの木が生えていました。カラフルな店内がますますワイルドになり、気分もぐっと高揚いたします。

時短要請も少しだけ緩和されて、じっくり落ち着いてライブができるようになったのはありがたいことですね。今回は、古いサンバの曲、ブラジルのフォークソングともいうべきMúsica sertaneja(ムジカ・セルタネージャ、ブラジルではとても人気が高いのだそうです。今ブラジルポルトガル語を教えていただいている先生が、中部のゴイアス州の方なのですが、ここはMúsica sertanejaの聖地と言われているのだとか。少しずつ、おすすめの曲など紹介していただいています。)、ちょっと新しめのMPBなど、あれこれちょっとづつアラカルトでお送りいたしました。

いるだけで元気になる店内、底抜けに明るいシェフ、スタッフの皆様、そして美味しいブラジル家庭料理、珍しい果物のジュース(無茶ぶりでカクテルにしてもらっていたお客様も・・・!!)

美味しい!楽しい!幸せにあふれた店内、そんな中で歌わせていただける幸せをひしひしと感じております。
そして、演奏後はわたしとNikkieさんも美味しいお料理を楽しませていただきました。
車移動のわたしは、ノンアルコール、ということで「あまり甘くない、そして日本では珍しい果物のジュース!」というわがままオーダーで、グラビオラグラナデイラという果物のジュースを頂きました。(注:果物の名前、間違っておりました。訂正いたします。グラビオラ、日本語ではサワーソップというらしいです。)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%83%E3%83%97
パッションフルーツに似ていますかね。乳白色で「カルピス?」という見た目ですが、本当にほんのり甘くてすっきりしていてお食事にもぴったりでした。

特にわたしが気に入っているお料理は・・・
ピカーニャ
ピカーニャ。イチボ肉のシュハスコ。串焼きです。シンプル、ジューシー。

あれこれ食べたい方はこちら。シュハスコプレート
シュハスコプレート
凄いボリューム!付け合わせのお野菜がまた美味しいのだ。

絶対毎回リクエストするのは
エビのガーリック炒め
特にエビ好き、でもないのに、これは外せない。コリアンダーが効いています。

そして、今回は手作りブジン(プリンのことですが、日本のプリンよりどっしり重いかなあ)もいただいちゃいました。
プジン
お断りしておきますが、ワンホール食べたわけじゃありませんよ。

写真は食べログさんから頂きました。
皆さんも、是非是非 食べてみてくださいね。次回のライブは6月4日(土曜日)に決定いたしました。そのころにはもっと気兼ねなく集えるといいですね。

熱帯雨林で演奏しているみたい!うちのの衣装もマッチしていて保護色のようですね。

2021.3.13

皆さま、写真をお寄せくださり、ありがとうございました。

本日のお品書き
プログラム1

 
コメントする

投稿者: : 2021/03/14 投稿先 ライブ報告

 

明日から3月!春を待ちながら

高槻、JKCafeでのLaFiestaライブを聴いて下さった皆様、ありがとうございました。思いがけず大勢の皆様に来ていただき、感激でした。

長い間花粉症とは全く無縁でしたが、ついに(?)昨年あたりから春先に目の痒みやくしゃみといった典型的な症状がでるようになってしまいました
。花粉症デビューを飾ったわけです。困ったことに「喉の痒み」(痛い、じゃないんですよね、皮膚の痒みともまた違う感じなのですが、やはり「痒み」としか表現しようがなく)がなかでも辛く、歌う時にどうしてもちょっと避ける、というか、庇うというか、してしまいます。
なんとかコントロールしていくしかないのですがコロナも花粉も早く過ぎ去ってほしいです。

明日から緊急事態宣言は解除、飲食店の営業も1時間延長してよいとのことです。予定の変更があるかも、ということでライブのお知らせをアップできずにいましたが、今後の予定を近々アップいたします。

感染しないよう対策しつつ、皆さんと音楽を楽しむことができますように。

 
コメントする

投稿者: : 2021/02/28 投稿先 ライブ報告

 

MCについてなど

Mクアトロでのライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。大野こうじさんのギターとフルート、錦織賢治さんの7弦ギターとカヴァコ、星が降るような幸せな音に包まれて、楽しく歌わせていただきました。
緊急事態宣言下、自粛要請を受けての時短営業、ライブは18:30からの1セットのみでお送りいたしました。普段の1セットよりは少し長く、11曲聴いていただきましたが、構成が難しいですね。なんだかだらだらしてしまったような気もします。いつも1曲終わっては次の曲の紹介などをするのですが、ここはいきなり歌、とかすこし気の利いた小話を挟むとか、工夫が必要なのかもしれません。

MC、マスターオブセレモニー、あるいはマスターオブコンサート。本当は司会者や進行役のことですが、ライブ中のトークのこともMCと言っています。英語では”on-stage banter”と言うのだそうです。ここでTalkといってしまうとこれはお客さんのノイジーなおしゃべりの意味になっちゃうんだとか。

前に、自治体の長も務めておられたロックギタリストの方がブログで「MCなんて必要ない、カッコ悪い、ただ曲を聴かせればいい」と書いておられて、あ、MCなんて鬱陶しい、と思って聴いておられる方もいるのかな、と思いました。あまり長くなってはいけないし、内輪受けのような話になってはいけないし、でもその場におられる方にとって身近な話題はやっぱりなごむような気もするし・・・かなり悩みます。喋ることをあらかじめ考えたり台本があるわけじゃないので、話しているうちに脱線してしまったり、「あ・・・この話題はまずかったか・・・」と思ったり、自分で何が言いたいのかわからなくなってきたり・・・。難しいです。

師匠Carlosに聴いた話ですが、アルゼンチンやブラジルのライブハウスではMCは全くない、というのが一般的だとか。けれど、Carlosは日本に来てMCのあるライブの方がよい、と思うようになったそうです。
特にお客さんのほとんどにとって「母国語ではない」歌を聴いていただく時、やはりある程度歌詞の内容や歌の背景にあるものをお知らせした方が楽しめるのではないか、と思っています。

おそらくそれが前述のギタリストさんにしたら「音楽だけで聴かせる?感動を与える?(ああ、この言葉好きじゃありません。正直に言って嫌い。絶対自分では言わないし、歌う時にそんなことこれっぽっちも思いません。アーチストやスポーツ選手でこれを口にする方がいらっしゃいますが、なにか首筋当たりがぞわ~っとします。あ、企業の偉いさんが社員にこういうこと言っていたりするのも、耳を覆いたくなるほど気持ち悪い、と思っています。この表現が好きな方、ごめんなさい。)」ことからの逃げ、というか姑息な手段に思えるのかな・・・。

ほらほら、MCの時と同じで何が言いたいのかわからなくなってきました。とにかく、たとえ時短でも、この状況下、ライブで歌い、共演者やお客さまと音楽を一緒に楽しむことができた、そのことに感謝して、また次に向けて頑張ります。

次回同じメンバーでのライブは5月8日(土)です。このころには通常の生活に戻っているといいですね。
DSC_1049

アルバムはこちら
https://photos.app.goo.gl/3bzQ1p1g24ghFRYo6

お品書き 今回は新曲も数曲演奏させていただきました。

 
コメントする

投稿者: : 2021/02/20 投稿先 ライブ報告

 

さよならだけの人生だけど

Uncle JamでのCarlos Ortega&うちののぶこ ライブに来てくださった皆様、配信を視聴してくださった皆様、ありがとうございました。緊急事態宣言を受けて、17:30から、という夕暮れライブでございました。

Carlosのライブでちょこっと歌わせてもらったりすることはあるのですが、一緒にライブするのは本当に久しぶり。ちょっと過去のブログで確認してみたところ、初めて一緒にライブしたのが2008年6月、長いお付き合いになりました。

わたしにとっては、今回のライブはなんていうか「再出発」ような意味を持つものになりました。昨年11月に倒れた兄を1月12日に看取ったのですが、急だったこともあって、大きな嵐に飲み込まれ、掴まる大木もなく風に巻かれて、くるくるといったいどこまで連れていかれるんだろう?というような状態でした。右往左往するなかでも次々といろんな選択に迫られ。それでも、医療従事者の方、葬儀でお世話になった方、そして家族、心配してくれた友人たち、沢山の方に助けていただいて、その時々の最善を尽くした、と思っています。助けていただいた方たちのことは忘れません。

そんな日々を過ごしたあと、どこがどう、ということはないのですが、目に入る世界はほんの少し変わったような気がします。そして、やっぱり歌う、ということが自分を支えているんだなあ・・ということも改めて身に沁みました。

そんなこんなで迎えたライブの日でした。自粛要請でライブが中止になってしまうのではないか、と心配しましたが、お客さんは少ししか入れられないし、準備の手間は同じなのに、ほんの短い間しか開店できないこの状況でも、マスターとてまりママはいつもと同じように、隅々まで心のこもった素晴らしい環境を提供して下さり、こんな状況でもご来店くださったり、配信を見てくださるお客様がいて、久しぶりのCarlosとのデュエットも楽しくて楽しくて・・・・。
「きっと今は自由に空も飛べるはず」byスピッツ
まさにこんな気持ちでした。

「Chan Chan」では付け焼刃の鍵盤ハーモニカも演奏させていただきましたが、やっぱり吹いては歌い、吹いては歌う、は無理がありましたね。息する間がなくてよだれが垂れそうで焦りました。

さあ、また次に向けて頑張ります。
65046

アルバムはこちら。A子さん、写真撮影ありがとうございました。みんなで記念撮影したらよかった!!いつもわすれてしまうのですよねー。
https://photos.app.goo.gl/oJB5a1JK7b4MHmK48

お品書き
プログラム1

 
 

初ライブは幸せいっぱい

2021年初ライブは祇園はCandyでした。京都府からの要請に厳格に従い、8時50分終了のライブ。来てくださったお二人の女性が女神様に見えました。

ああ、だけどそんな状況でも、いえ、だからこそ歌うのが楽しくて、他のメンバーの楽器に声を重ねることが心地よくて。明日にも「しばらくはライブできない」状況になるかもしれない中で、当たり前に享受していた特別なギフトのありがたさを教えてくれた初ライブとなりました。

厳しい中で頑張って考えうる限りの対策をして店を開けてくださるお世話になっている各ライブハウスのマスター、ママにも、本当に感謝しかありません。

「ああ、あのときは大変やったね」と笑って話せる日が1日 も早く来ますように。

音楽以外の私生活で、最近少し落ち込むことが多かったのですが、今日は「わたしは世界一の果報者!」と心から思えたステージでした。

さあ、次のライブが開催できると信じて、また精進いたします。

 
コメントする

投稿者: : 2021/01/06 投稿先 ライブ報告

 

Feliz Natal ,Papai Noel !

メリークリスマス、サンタさん!
西宮北口、Samba Brasil での錦織賢治さんとのデュオライブに来てくださった皆様、厳しい状況の中お運びくださいまして、本当にありがとうございました。皆さんと一緒に音楽を楽しむことができた、わたしにとってはこれが最高のクリスマスギフトでございます。

先日ポルトガル語のワークショップで教えてもらったブラジルのクリスマスの歌が、楽しい曲調なのに歌詞がとても暗くてクリスマスに歌うのが憚られる・・・という話を休憩中にしていまして、「やはりこれはご紹介したい」と思い、ギターの錦織さんも一緒に歌ってくれる、と言ってくれたので、急遽歌わせていただきました。後半はNikkieさんの両手が(ギターを弾いているので)塞がっていることをいいことに、強引にNikkieさんにマイクを向けて歌わせてしまいました。

わたしは器用な方ではないので、曲をライブの最中に変更することはめったにないのですが、こんなこともたまにはいいですね。ちなみにお送りしたのは「Boas Festas」楽しいお祭り、という題名ですが、ほんんとうに悲しい歌で・・・。「サンタさんにお願いごとをしてからずいぶん時間が経ったけれど、自分にはサンタは来ない」というような歌詞です。

例によって、Nikkieさんのギター(特に7弦ギターの低音が心地よすぎ)と歌うことが幸せすぎて、シェフが踊りだすとますます楽しくて、皆さんがシェフの作る美味しいお料理にかぶりついて(失礼?)「美味しい!」とおっしゃるのを見ても楽しくなるし、ライムがたっぷりのカイピリーニャをシェフがシェーカーを(もちろんsambaのリズムで)振っているのも、注がれたグラスを見てもウキウキするし・・・でまるで子供みたいにどんどん気持ちが高揚して、後半若干破綻気味になってしまいましたが、まるで、サンタクロースがお店に、今この場にやってきて、みんなに「幸せ」を配っているような、そんな妄想さえ喚起する、お店が温かさに包まれていました。

皆さま、Feliz Natal !!
来年はもっといい歳になりますように。

「密」になっておりますが、記念撮影の一瞬だけでございます。

63382

次回、Samba Brasilでのライブは3月13日(土曜日)です。次回はたくさんのお客様をお迎えできますように。いい演奏を楽しんでいただけるよう、精進いたします。

今回のお品書き

プログラム1

 
1件のコメント

投稿者: : 2020/12/20 投稿先 ライブ報告

 

Blue Christmas それでも希望の灯を

高槻JKカフェ、京都岡崎はZAC BARANでのLa Fiestaライブに来てくださった皆様、厳しい状況下でのご来場、本当にありがとうございました。ZAC BARANではシンガーの形部由夏さんも、素敵な歌を披露してくださいました。

ライブを開催すべきか否か、難しいところです。私が歌うライブは、おひとりさまで静かにグラスを傾けていらっしゃるお客様がほとんどだし、お店も細心の注意を払って下さって準備してくれています。だから安心して・・・と言いたいけれど、誰も「絶対」とは言えません。

飲食店の廃業の話を聞くたびに胸は痛むし、演奏する場がなくなっていくのはミュージシャンにとっては死活問題ですし。

「正解」がない中で手探り。それでも音楽の喜びをささやかに共有することができたことに感謝して、明日に、来年に希望を繋ぎます。

毎年楽しみにしているJKCafeのクリスマスツリー。心なしか寂しそう・・・。

お品書き

(インスト)
Clouds
Você e Eu
Boa Noite

(Vocal)
Samba do Avião
Amazonas
おつきさまのうた
Mas Que Nada

(インスト)
Como Vai
Nacimento
Sudden Samba

(Vocal)
Emoldurada
Sufoco
Falsa Baihana
Wave
Última Batucada

 
コメントする

投稿者: : 2020/12/17 投稿先 ライブ報告

 

A vida é viagem

人生は旅である

Uncle Jam での市川強さんとのDUOライブに来てくださった皆様、配信を視聴してくださった皆様、ありがとうございました。

冬になり、また感染者数が増えてきて、なかなかライブにお誘いできない中、来てくださる方や、配信視聴してくださる方がいらっしゃることは本当にありがたいことです。

個人的なことでは、直前に家族が倒れる、といったことがあり、ライブに出演できるかどうか危ぶまれましたが、各方面からサポートいただき、無事に歌うことができ、あれこれ反省点はありつつも「そのステージに立って(座ってましたけど)歌うことができる」ということが、どんなに幸運なことか、改めて身に沁みました。

だいぶ前から曲を決めていたので、「父親」「若者だったころ」「希望」などがキーワードになっている曲を選んでいたことは全く偶然なのですが、なんだか自分の今の在り様に重なる曲が多くて、わたしとしては、「歌詞の内容に歌い手自身がどっぷり浸ってしまっては伝わらない」と思っており、「おお、切り離すのだ!切り離せ!」と念じつつ歌っておりましたが、多少「歌に巻き込まれた」自覚がありました。これは反省すべきことだと思います。

多分生きていれば誰しも突然降りかかる「試練」を乗り越えていかなくちゃいけない。そのたびに恐れ、「なぜ自分が」「なぜ我が子が」「なぜ〇〇が」と運命を呪い、自分に落ち度があったのでは、と悔やみ、選択を迫られ、おそらくはどの道を選択したとしても後悔は残り・・・・。それでもそんな試練の時に、自分には支えてくれる人がいること、自分を癒してくれる「何か」があること、そうやって今までも生きてこられたこと、そのことに感謝して、しっかりと踏ん張っていきたい、と思っています。

市川さんのギターの音色がいつも以上に心に沁みる、幸せなひと時でした。ライブ動画は、12月11日まででしたらご購入、ご視聴いただけます。下記からお申し込みください。https://twitcasting.tv/f:176151749114549/shopcart/25498

さあ、中止になるライブが増えてきて不安はありますが、次に向けてしっかり準備していきたいと思います。

アルバムはこちら。皆さん、素敵な写真をありがとうございます。
https://photos.app.goo.gl/87Bo3mjj6uBFsnES6

お品書きプログラム1

 
コメントする

投稿者: : 2020/11/29 投稿先 ライブ報告