RSS

カテゴリー別アーカイブ: ライブ報告

夢を乗せて

Uncle Jamでの池田定男さんとのデュオライブにお越しくださった皆様、ありがとうございました。池田さんのギターでライブを・・・・・という夢が叶った至福の夜でございました。池田さん、きっちり譜面を読み、リハもしてくださった上で、わたしの雑多な曲リストに対応すべく、なんとギターを3本もお持ちくださいました。当然「ギター小僧」Uncle Jamのマスターも興奮気味に、しかしお二人でしっかりきっちり音を作ってくださいました。ああ、長生きはするもんだわ、と感慨に浸るうちのでございました。

曲調やリズムが偏らないよう・・と思っても、ついつい好きな曲ばかりならべてしまい、スローなナンバーが多すぎたかなあ・・と反省です。
けれど、自分の声と混ざり合うギターの音色がそれはそれは美しくて、「こんな風に・・」と思っていたイメージが形になっていく快感に酔いしれておりました。

2セット目からは歌の師匠も来店してくださって、うれしいやら緊張するやら。でも師匠が目の前に座っているのを見て、2003年に初めてきちんとした(?)リーダーライブをさせていただいた時のことが走馬灯のように頭を駆け巡っておりました。やるぞ!と決めて師匠に相談して、場所やメンバーを決めたのはいいけれど、練習してもしても思うようにいかないでレッスンから泣きながら帰ったり、集客できるかどうかが心配で眠れなかったり、本番はとても今聴けた出来ではないのですが、なんとか終えたときの喜び。

他人と比べてしまったらその歩みの鈍さにあきれるわけですが、それでもあれからずっと歌い続けて来られたことが何よりも幸せなことだなあ・・・としみじみ感じました。

さあ、また次に向けて頑張ります。

IMG_2296_R IMG_2295_R
美しい楽器たち

IMG_2298_R
お花もいただきました。

お品書き

プログラム1

 
コメントする

投稿者: : 2020/01/12 投稿先 ライブ報告

 

唄い初め!

ZACBARANでのLa Fiestaライブに来てくださった皆さま、ありがとうございました。

令和2年初ライブ、唄い初めでございました。今年も一年、元気に歌えますように。

今日は、偶然京都に遊びにいらしていた超絶美しいジャズヴァイオリニストのReikoさんや、アニタ・オデイが大好き!と仰有る紳士や、アルトサックスを吹かれる青年や、音楽好きのお客様にお越しいただき、本当に楽しく歌わせて頂きました。

雨がしとしと降っていますが、1月にしては随分暖かい京都の夜が更けていきます。

さあ、また明日から頑張りましょう。次回La FiestaのZACBARAN出演は2月7日、金曜日です。

 
コメントする

投稿者: : 2020/01/07 投稿先 ライブ報告

 

歌い納めと工夫癖?

21日は恒例のK’zクリスマスパーティ、今年もMクアトロにて、皆で元気に歌い納め。わたくしは、唄仲間梅ちゃんの”Let It Snow”に合わせて「雪」のコーラス(ドッペル)と、ソロで”Ordinary Miracle”、ウクレレ楽団ふあっとの一員として”Country Road”を歌わせていただきました。

今年も元気に歌えたことに感謝です。

IMG_2226IMG_2225
歌っております。

さてさて、年末休みに入ったらしようと思っていたことに「洗濯機の分解清掃」がありました。
ウチのSHARP製の洗濯機、まだ購入してから2年。
J0000009982
マメに乾燥フィルターを掃除しているにもかかわらず、「フィルター目詰まり」のエラーが毎回出るようになっていました。無視してそのまま作動できることはできるのですが、ヒーターの熱で火が出たらどうしよう・・と心配だったのです。ネット情報によると、同じエラーが出て困っている、という意見が散見されます。
要するに、センサーが別のところにあってそこに乾燥したときの埃が溜まっているということらしい。なに?それ?欠陥やん(怒)SHARPさん、どないなっとんの?保証期間も過ぎているし、さてどうしたものか。

あれこれ調べるうちに「分解清掃してエラーがでなくなった」という猛者を見つけたのですね。
頭はどう考えても「文系脳」でありますが、機械をいじるのが大好きなうちの、「節約」というよりは、こういう「やってみました」を見ると、どうしても自分でもやってみたくなるんですよねえ。
ということで、洗濯機の裏側を外して


配線を切らないように気をつけながら、見えている部品からどんどん外して

吸気部分。配線が山ほどあって、引っ張って切れないようにするのに気を使いました。

IMG_2266
ヒーター部分に到達。これを取り外して中を開けます。



これこれ、これがシロッコファン(奥)。手前のヒーター部分が目詰まりしていました。(これ危ないと思うんですけど。どうして掃除できるように設計しないかなあ。)取り出して、掃除機とエアダスターで清掃。

部品を外していくのはスムースだったのですが、今度戻そうと思ったら上手くハマらなかったり、写真撮ってメモとりながら分解したとはいえドキドキしましたが、何とか元に戻すことができました。ネジも余らなかったし、多分大丈夫・・・・。

ということで、洗濯乾燥してみたところ・・・
「おお!!!!エラーが出ない!!!」

いやあ。。うれしかったっす。

もうこれだけで年末大掃除終わった気分になってしまいました。(いやいや、それはアカンやろ・・)
次はどれぐらいでまたエラーが出るかですねえ…。
なんとかあと数年は使いたいところです。

 
 

ライブ納め 来年も

JKCafeでのLa Fiestaライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。12月のJKCafeは大きなクリスマスツリーとレトロな温もりを感じさせてくれる大きな灯油ストーブ(昔札幌の小学校の教室にあったなあ・・・)で、とってもいい雰囲気・・なのですが、大所帯バンドにとっては少々スペースがツラくなるシーズンです。
2列縦隊、のような状態での演奏、互いの音のバランスがつかめず、皆が「探り合い」ながら演奏で、タイミングが合わなくなったり、不完全燃焼の(わたしにとっては)2019年最終ライブでした。(あ、今からでもお声かけていただければ飛んで行ってどこででも歌いますよー!!!)

まだまだ、来年に持ち越す課題は山積でございます。
今の自分を過不足なく認識して、また新しい年も頑張りたいと思います。

 
コメントする

投稿者: : 2019/12/09 投稿先 ライブ報告

 

久しぶりの京都花園

Music Cafe SOENでのLa Fiestaライブに来てくださった皆さま、ありがとうございました。

久しぶりのSOEN、沢山のお客様にお越しいただき、感激でした。

先週、今週と昼間の仕事が超忙しく、力仕事(文字通り重いものを運ぶ)も多くて、体力的にはかなり疲労が溜まっていて、ステージ全うできるかな?と不安だったのですが、大勢のお客様の暖かい拍手や、ノリのいい合いの手にエネルギーを頂いて、元気に歌うことができました。「気」って言うのでしょうか?本当にバッテリーをチャージされたように「生き返った」と感じました。

ありがたいことです。
マスターもますますお元気で、なんだか古巣に戻ってきたような心地よさに包まれておりました。

夜も更けた京都、ますます気温が下がっているようで、ホームに立っていると寒くてたまりません。いよいよ冬だなあ。
さあ、また明日から頑張ります。

 
コメントする

投稿者: : 2019/11/30 投稿先 ライブ報告

 

ゆく河の流れは絶えずして・・・

MクアトロでのSamba de Sábadoライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。
今回はちょっと背伸びして難曲過多。秋は昼の仕事も忙しいのに自分にプレッシャーをかけすぎました。本番であれこれやらかした上に、翌日は寝込むという体たらく。

それでも、タイプの異なる二人の素晴らしいギタリストの奏でる音色に(そして時々フルートもね)歌っているときはやっぱりこの上ない幸せを感じておりました。錦織さんと大野さんは同い年。二人でギターで掛け合いしている様は、まるで二人の少年がサッカーボール追いかけてどこまでも走っていく・・・そんな光景が浮かぶ「ただただ純粋に楽しそう」で、でも紡ぎだす音楽はそれはそれは計算されていて。そんな二人をいつまでも見ていたい・・・・お姉さんとしてはそういう心境なのです。ああ、それなのに、それなのに、「Serrado」では、ちらっとNikkieさんがこちらを見たそれが、歌が戻る合図と勘違いして割って入ってしまいました。
歌いだした途端に「あーーーーーー!!!!〇×■@★」
人生ちょっと巻き戻してやり直したいこと・・・・ありますよねー。

ということで、まだまだ未熟者であると深く深く自省いたしました。
ということで、また次回に向けて精進致します。
同じメンバーでのMクアトロライブは3月14日(土)でございます。ホワイトデーですね。

お品書き

プログラム1

S__69230594

 
コメントする

投稿者: : 2019/11/18 投稿先 ライブ報告

 

秋晴れ!

2019.11.9 写真を追加しました。
Nさま、いつも応援ありがとうございます!

西宮市農業祭でFantana&うちののぶこの演奏を聴いて下さった皆様、ありがとうございました。2年ぶりのFantanaさんとの共演でした。

11月とは思えない暑いぐらいの陽気に真っ青な空、秋晴れの下で気持ちよく歌わせていただきました。

農業祭は収穫したての新鮮な野菜を、生産者の方たちが直接販売するイベント、開場を待つ方たちに音楽を聴いていただく、という演奏なので、皆さん列に並んで立ったまま、音楽を目当てに来られたわけでもない。それなのに終了後、たくさんの方に声をかけて頂き、とっても嬉しかったです。

スタッフの皆様、バンドの皆様もありがとうございました。

さあ、また次のステージにむけて頑張ります。

 
コメントする

投稿者: : 2019/11/03 投稿先 ライブ報告