RSS

カテゴリー別アーカイブ: ライブ報告

Pra cantar, pra sambar pra valer

バイーヤの神様は、人々が生き、歌い、サンバを踊り、そして幸せのうちに死を迎えることができるように守ってくださる。

西宮北口のサンバ ブラジル料理店での錦織賢治さんとのDUOライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。シェフのレジナルドさんの故郷、バイーヤ州賛歌、Eu vim da Bahia を含め、ブラジル音楽づくしでお送りいたしました。

前回ライブさせていただいたのは、2月の始め。
https://luckynobee.com/2020/02/09/vamos/
8か月近くも前です。その時は立ち見も出ようかという満員御礼のなかで「新しいインフルエンザかなにかが流行ってきているみたいですね」などとMCでも話しておりました。

厳しい自粛の時期を越え、人数限定でマスクや消毒に最大限気を遣いながらではあるものの、また再び皆さんと一緒に音楽を楽しみ、美味しいお料理を楽しむことができる、以前は当たり前に享受していたその時間がどんなに幸せに満ちたものであったのか、ひしひしと感じています。

レジナルドシェフも、お母さん仕込みの料理の腕を振るい、シェーカを振り、もうノリノリでサンバを踊ってくださいました。

Nikkieさんの心地いい7弦ギター(特に低音部がこの楽器のミソ!)、次々運ばれている美味しそうなお料理といい匂い、お客様やお店の皆さんの笑顔、シェフのダンス、店からあふれ出んばかりの幸せに包まれて、本当に楽しく歌わせていただきました。シェフのダンスに気を取られて歌詞が飛んで行ったり、めったにないことなんですが、小節を勝手にすっとぱしたりと、あれこれやらかしてしまいましたが、それでもやっぱり楽しくて仕方がない!!!というライブでした。

実は、翌日(今日)はわたしの誕生日でして、こんな幸せな誕生日を迎えられることに感謝しかございません。なんでしょ?若さも美貌も(いやそれはもともとないし)残り時間も、身体的機能も、脳のメモリー(こちらももともとのスペックにも難があるなあ)もかなり失われておりますが、そんなことをひっくるめても、やっぱり今まで生きてきた中のどこかに戻りたいか?と聞かれたら「今が一番!!」と思います。

来年もそう言えるように、日々精進したいと思います。音楽に関しても、人間としても、まだまだ「伸びしろあり」と信じて。

次回のSamba Brasilでのライブは12月19日(土曜日)です。


幸せすぎて目がない・・・。

アルバムはこちら
https://photos.google.com/share/AF1QipN0awchNKEXc9xn_ikKZ8OGrExsv8llta08291lX_gKE_aqett6eQSiy99GHiX4hw?key=bGVuUUNhS2lJRkFaYkk1UUpMS1Bhd3pZQ21nenZ3

お品書き

お誕生日にお花もいただきました。
マルチカラーのとても美しい薔薇です。

DSC_0801

 
コメントする

投稿者: : 2020/09/27 投稿先 ライブ報告

 

初秋の古都

京都は花園のMusic Cafe SOENでのLa Fiestaライブに来てくださった皆様、小雨の降る中、本当にありがとうございました。

彼岸も近いというのに蒸し暑い晩でございました。(いえ、お店の中は快適なのですが)負けないぐらい暑苦しい、もとい熱いLa Fiestaの演奏をお楽しみいただけましたでしょうか。

特に「濃い」ところでは、Alcioneの2曲、ボーカルでお送りした「Sufoco」とインストでお送りした「Se Não è amor」でしょうか。Se Não è amorはどう聞いても昭和のムード歌謡(褒めてます)。サックスの平口さん曰く「時代劇のテーマ曲みたいやね」いや、ホントに。なので「愛、なかりせば」と勝手に邦題つけちゃいました。(se=if Não=not è=is amor=愛 なのでほぼ直訳ですが)今度ボーカルでもぜひ歌ってみたいと思います。Alcioneの雰囲気が出せるかどうかはわかりませんが少なくとも「昭和感」は思い切り出せる自信がございます。いいのか?それは?

手前味噌ですが、お洒落でアンニュイな演奏が素敵なボサノババンドはたくさんありますが、この「熱さ」がLa Fiestaのウリだと思っています。

ということで楽しく歌わせていただきました。次回SOENは12月20日、日曜日です。ああ、もう寒くなっているだろうなあ。

また皆さんに楽しんでいただけるよう、精進いたします。

DSC_0785

DSC_0786

 
コメントする

投稿者: : 2020/09/18 投稿先 ライブ報告

 

モイ! 初配信

モイ!ってよく目にしていたんですが、なんのことだかわかっていませんでした。動画配信サイト、ツイキャス(TwitCasting)はモイ株式会社が提供しているんですね。で、モイ!ってフィンランド語で「やあ!」というような意味らしいです。英語の「Hi」ポ語なら「Oi」スペイン語なら「Ola」ですね。ちなみに「モイモイ!」は「さようなら」だそうですが、「HiHi」とか「OiOi」とかは言わない。面白いですね。

ということで、昨日のUncle Jamでの池田定男さんとのデュオライブは初めての「同時動画配信」でした。「モイ!」

お店に実際にお越しくださった皆様も、配信を視聴してくださった皆様も、ありがとうございました。リハの時間に間にあうように家を出たのです。配信もあるということで、ちょっぴりお化粧にも力が入っておりました。(なんで?)バス停についてびっくり、コロナの関係で土日は間引き運転になっていてちょうど乗ろうとしたバスがなくなっていました。次まで待っていては間に合わないし、タクシー通らないかなあ・・・と思いながら結局駅まで緩やかな坂道を15分ほど歩くことに。暑いの暑くないのって、帽子も日傘も持っていなかったので、もう汗だく。あああ・・・・・せっかくの化粧が・・・。

ということで幸先悪いな・・・と一瞬思いましたが「いや、これで今日の不運は使い果たしたからきっと今からよいことしかないに違いない!」と考え直してお店に向かいました。

ふふふ・・・・幸運の女神はわたしの味方。本当にそれからは、楽しいことばかり。配信ということで、カメラの向こうに聴いてくださる方がいる、と思うと緊張はしましたが、いつもながら最高の音響を提供してくださるマスター浅野さんと、池田さんのギターにしっかりと支えていただいて、気持ちよく歌わせていただきました。もう、7か月ぶりに池田さんとご一緒できる、と思ったら「あれも、これも」と欲張って、今回もあちこちのジャンルを少しずつ、という「福袋」的なプログラムでお送りいたしました。

来てくれた友人たちが、「Fword (放送禁止の下品なword)言ったらあかんでー!」などというものだから、そもそも配信があろうがなかろうが、普段いかなる場面でもそのような言葉は口走らないうちのですが、妙に言葉にも慎重になって・・・いたはずです。ね?ね?いたよね?

ツイキャスによるライブの視聴は、チケットをご購入の方は9月12日まで。ライブが終わった今からでも購入していただけます。お品書きに興味を持たれた方、是非。

https://twitcasting.tv/f:100002420199471/shopcart/22366?fbclid=IwAR13OdJrtu3yhwM6_1UeAVcdY5ycLzPDTeMDDgn3Tt0CI2avzieEdpqIDT4

お持ちのSNSでログインするか、会員登録してお進みください。

お品書きプログラム1

 
コメントする

投稿者: : 2020/08/30 投稿先 ライブ報告

 

夏の昼下がり

高槻、JKCafeでのLa Fiesta昼ライブに来てくださった皆様、厳しい暑さ、安心とは程遠い状況のなか沢山お越しいただき、本当にありがとうございました。

6月24日のSOENライブにたったおひとり、来てくださったお客様、いつもお店の端っこに座って聴いてくださる寡黙な紳士、そしてジャズの従妹弟子?のマダムシンガー、志賀から来てくださったご夫婦、初めてお目にかかるお客様、皆さんなかなか出歩きにくい状況だと思います。でも「音楽を楽しみたい」と来てくださったことに本当に感謝いたします。少しでも楽しんできただけたのなら嬉しいのですが・・・。

そして、様々なご事情から、まだライブには出かけられない・・・という方も、必ずまた生演奏を聴いていただくことができる日を信じて、お待ちしております。

ライブ中にさらさら~、となにか描いていらっしゃるなあ・・・と思っていたお客様、こんな素敵な絵を描いてくださっていました。許可を頂いて掲載します。TOGOさま、ありがとうございました。
DSC_0745
素敵な絵!!!!

【お知らせ!!!】
29日土曜日の池田定男さんとのライブは、ツイキャスでの同時配信を予定しております。有料ですが、数日は何度でも視聴していただくことができると思いますので、お出かけはちょっと・・・という方、時間が合わない、という方にも楽しんでいただけます。詳細は決まり次第Facebookなどでお知らせいたしますので、是非是非ご参加よろしくお願いいたします。

 
コメントする

投稿者: : 2020/08/24 投稿先 ライブ報告

 

再び集いし者たち

8月1日、梅田Alwaysで開催した、
『Birthday Bash for Sandi Blair’s 80th Birthday~ Celebrate with her children and friends』に来てくださった皆様、感染拡大の中最大限の配慮を下さったスタッフの皆さま、本当にありがとうございました。

出演者中、「1番ブサイク」認定を受けたうちののぶこでございました。(最初に出た植村紀子が「可愛い順!」とか言うから・・・)

今回のSandi’s Childrenは、懐かしいTouch Of Luv のメンバーだった8人のうち6人+梶山敏弘さんの7人が出演いたしました。Sandiの後ろにくっついて、時には8人だけで、週に何度もリハをしながらあちこちで歌わせていただいた懐かしい日々、あれからざっと・・・おおおおお!!!もう20年以上経ってしまっている!!!今まで、それぞれ道は分かれても歌い続けているなんて、本当に本当に嬉しいことです。20年前なんて振り返ると、音楽も人間もあまりにも未熟で恥ずかしい思い出ばかりですが、長い月日を超えて、こうしてSandiの80歳のバースデイを祝うことができるなんて、誰にどう感謝していいのやら。

それよりなにより、Sandiのパフォーマンス!!!全く年齢なんて感じさせません。いやもっともっと深い声、深い歌唱になっている・・・。圧倒されっぱなしでした。
Lastに全員で歌ったSand By Me、SandiのリードにChildrenの声が重なり、皆のパワーが渦になっていくのを感じていました。いつまでも歌っていたかった。

お友達の真理ちゃんが写真を撮ってくれました。こんな風に映像化していただけるなんて思わず、「まあ、遠目やし」とお化粧も適当、直前までマスクしていたので鼻がテカテカ、アップが厳しい・・・。
でも、そんなことはどうでもよい!!
至福のライブでありました。
改めて、状況の厳しい中お越し頂き素敵な時間を盛り上げてくださったお客様、Childrenの皆様、バックを務めてくださったミュージシャンの皆様、バンド出演の皆様、お店のスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

さあ、また次に集う時に少しでも成長した歌をお聞かせできるよう、精進いたします。

114384287_580217525952632_289481670635487092_n

116587566_731910350936421_5260190954889135244_n

 116355954_2629502787288972_1055354159490147601_n

117015659_575072456509339_2572844807677823581_n 
みんなでコーラス。楽しい!!

懐かしいフライヤーも見てください。

 
IMG_0001 
IMG_0002IMG_0003

 
コメントする

投稿者: : 2020/08/04 投稿先 ライブ報告

 

O Show Tem Que Continuar !! (show must go on)

Mクアトロでのライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。消毒、扉を開けての換気、お席はひとつづつ間を空けて・・・と準備してくださったかつみママも、ありがとうございました。

少し発表される感染確認の数値が上がってきて、また・・・という重苦しい空気のなか、お運びくださったお客様には本当に感謝しかありません。

大野こうじさんのギターとフルート、錦織賢治さんの7弦ギターとカヴァコ、年に数回この編成で歌わせていただく機会は本当に貴重で、楽しくて。ついつい張り切りすぎて力が入りすぎて、あちこち「やりすぎて破綻」した感がありますが、楽園にいるような高揚感で楽しく歌わせていただきました。
大野さんと錦織さんのギターの掛け合いも、スリリングで楽しくて、なんかこう、「爆発」している感。聴いていてただただ幸せでした。

IMG_2317

本日のお品書き

ここからちょっと発声の話です。
遠い遠い昔、あるオーディションを兼ねたセッションで、関西ジャズ界の重鎮(金管楽器奏者)の方から「発声からやり直した方がよい」と言われたときから、私の発声の旅が始まりました。

発声に関する過去のあれこれはこちら

https://luckynobee.com/2006/03/18/%e6%ad%8c%e6%89%8b%e3%81%9f%e3%81%a1/

https://luckynobee.com/2011/02/18/%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%81%a6%e9%a0%91%e5%bc%b5%e3%82%8b%ef%bc%9f%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%81%8f%e9%a0%91%e5%bc%b5%e3%82%8b%ef%bc%9f/

https://luckynobee.com/2008/12/07/%e5%8f%a3%ef%bc%88%e5%96%89%ef%bc%89%e3%81%a7%e5%90%b8%e3%81%86%e3%81%8b%e9%bc%bb%e3%81%a7%e5%90%b8%e3%81%86%e3%81%8b/

https://luckynobee.com/2018/12/23/%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%81%ab%e7%ab%8b%e3%81%a1%e8%bf%94%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e5%bd%93%e3%81%9f%e3%82%8a%e5%89%8d%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a8/

ここ数年発声に関してある悩みがあり、上記以外にもいろんな人に相談していろんな訓練を試しておりましたがなかなか克服できず。
それで、最近また新しい発声の先生のところに通うようになったのです。私のニーズ(こうなりたい、こんな発声がしたい)を丁寧に聞いて下さり、本当にそこに集中した指導をしてくださいました。なんでしょうね、過去の先生たちと比較して、特異なことをするわけではないのです。それなのに、「克服しつつある」の実感が確実に・・・・。

山崎先生はわたしの恩人。
https://www.facebook.com/jun.yamasaki.music
子供のころ音楽室にバッハやベートーベンの肖像画がずらっと並んでしました。それと同じように、私の中の音楽室には、自分をここまで導いてくれた師がずらっと並んでいます。山崎先生もすでにそこに並んでおります。

本当に自分の発声に変化を感じています。ただ、まだ安定しない部分がたくさんあり、今回のライブでも、おそらく今までの発声のほうが、結果としては安定した歌唱であったのでは???と思う部分もあるのですが、上記リンクにもある最初についたボイスの師匠の言「自分の持っているものを一度捨てなければ次はない」を信じて、精進しようと思います。

 
コメントする

投稿者: : 2020/07/18 投稿先 ライブ報告

 

Amore! Mangiare! Cantare!

昨日は西宮北口のバスクバル「チャコリ」さんをお借りして、ごく内輪でのアンプラグド・ライブでした。

約3か月の自粛期間、生演奏は街から消えていました。なんとか仲間と音楽を一緒に楽しみたい・・・ということで、ZOOMを使ったオンラインライブや、配信のライブに参加もしました。

ライブを行っている店もそうでないお店も、飲食店は休業要請を受けて臨時休業されたり時間を短縮したり、テイクアウトのみにしたり・・・・辛い時期が続きました。

安心しきって「元の通り」とはいかないものの、6月から少しづついろんなことが動き始めましたが、
まだまだ不特定多数の方に来ていただくライブは難しいこともあり、ライブ再スタートのお祝い(というより祈りに近いですね)を兼ねて、ZOOMライブをお願いした師匠Carlos Ortegaにunpluggedライブをお願いしたのでした。

オンラインライブ、もちろんロックダウン状況ではありがたいツールではありますが、やはり生演奏とは根本的に違う、と感じます。なんでしょう?PCやスマホを通してしまうと、楽器から出る音や歌い手の声は、音声ジャックの小さな穴からしか聞こえないわけです。チャコリさんで聞くそれは、もう音も声も、お店の壁に当たり、空気に触れ、その場でしか味わうことできない「波動」というか「圧力」を、耳だけではなく体全体で「感じる」わけですね。

その快感は、ひょっとしたらライブ演奏を当たり前に享受していたときには忘れかけていたのかもしれません。そんな幸せに加え、チャコリさんの美味しいお料理とワイン!!!本当に幸せなひと時でした。

私も Milton Nascimentoの 『Encontros e Despedidas』とDjavanの「Sina」を歌わせていただきました。
生演奏の楽しみをもっともっと伝えることができますように。

DSC_0528_1593991054225_4
スペイン、バスク地方の赤ワイン「リオハ」美味しかったです。ゆるみ切ったこの笑顔がすべてを物語ってますねえ・・・。緩みすぎやろ!

2020.7.7追記
アルバム、アカウントを持っていない方も見ることができるように修正しました。

 
コメントする

投稿者: : 2020/07/06 投稿先 ライブ報告

 

祭りばやしが聞こえる

意外に思われるかもしれませんが、一時期、柳ジョージさんの大ファンでした。ショーケンこと萩原健一さんが主演した、このタイトルのドラマは見ていないのですが、主題歌(柳ジョージ&レイニーウッド)は大好きでよく聴いていたなあ・・・。

閑話休題。

CandyでのLa Fiestaライブに来てくださったお客様、ありがとうございました。7月1日、本当なら祇園祭のスタートの日で例年であれば街にはコンコンチキチキンの音が流れ(録音ですけど)観光客でいっぱい・・のはずでした。河原町駅周辺はまだ賑わいがあったのですが、河原町通りを平安神宮に向かって歩いていくうちに、だんだん寂しくなってきて、土産物屋さんや、お団子屋さん、いつもキャリーバッグを転がして歩くのに苦労する歩道が見事にシャッター街になっており、ショックを受けました。

途中で河原町通から花見小路を北上するのですが、そちらに行くと東京都知事が「夜の街」と称する大人向けのお店が並んでいます。そちらはそれなりに人がいて、でもお店の前に出ているお嬢さんたちがフェイスシールドをつけていたりして、皆さん工夫して頑張っているなあ、という感じでした。

ちゃんと許可を受けて営業しているお店を(そうでない店もあるのでしょうか?)、しかも内容も形態も経営者の姿勢もそれぞれなのを「夜の街」と一絡げにすることには本当に違和感を持ちますし、私自身はご縁がないけれど、そこで楽しむお客さんがいるからお店もあるわけで・・・。コロナの話に限りませんけれど、「自分に必要ないから世の中に必要ない」と断じるってどんだけ傲慢なんだよ!!!と腹立たしくなることがよくあります。まあ、うちの、ワイドショーの類は一切見ない(見たらテレビにモノ投げて壊してしまいそう)し、そんなこと言う人は周りにいないのですが。とはいえ、感染防止対策は万全にお願いしたいと思いますね。シャンパン回し飲みはお控えになっては?とは思います。

過剰反応せず、でも用心しながら、少しずつ、また街に祭囃子が戻ってきますように。

DSC_0648

DSC_0649 
ライブ終了後、お客様として来て下さった方のバー(Candyのすぐ近く)でコアントローを使ったカクテルを頂きました。

 
コメントする

投稿者: : 2020/07/04 投稿先 ライブ報告

 

響きあう音

UncleJamでの市川強さんとのデュオライブにお越し下さった皆様、ありがとうございました。偶然とはいえ、UncleJamさんのライブ再開第1弾を務めさせていただいてとっても光栄でした。

消毒スプレー、空気清浄機や、マスターの手作り飛散ガードのパネル、お店のいたるところに万全の感染防止対策、本当に感謝しかありません。

細やかな配慮に守られて、何もかも忘れて音楽に集中することができました。マスターとママの笑顔、聴いて下さる方々の笑顔、3か月ぶりに音を響かせあうギターと声。最高の音響。その瞬間、その空間がどれほど自分にとって大切なものか、身に沁みました。

あちこちでいろんな工夫や注意を施しながらライブが再開されています。
まだまだお仕事やご自身の体調、ご家庭の事情で「ライブはまだちょっと・・・」という方も沢山いらっしゃると思います。一日も早く、誰もが生演奏を楽しむことができるようになるといいですね。お店も、ミュージシャンも、細心の注意を払いつつ、お待ちしております。

20200625

お品書き

プログラム1
 
コメントする

投稿者: : 2020/06/27 投稿先 ライブ報告

 

ようやく…

SOENでのLa Fiestaライブに来てくださったお客様、本当にありがとうございました。3ヶ月ぶりのライブでした。

お店では、除菌シート、ジェルなど加え、シンガーの飛沫が飛ばないようにマスターが手作りされた透明ボードが!

休業を余儀なくされ、再開してもお店がこれだけの負担を強いられている状況に、なんとも言えないもどかしさを感じます。

そうした努力の上でまたライブさせていただけることには感謝しかありません。

リアルなミュージシャンが、今ここで演奏している音、そしてリアルに集って聴いてくださるお客様、そうでなくては生まれない「何か」が生演奏にはあるんだなあ、とひしひしと感じつつ、歌う喜びに酔いしれていました。

またライブで歌うことができたことに感謝して、
もっと音楽の喜びが伝えられるよう、精進いたします。

 
コメントする

投稿者: : 2020/06/24 投稿先 ライブ報告