RSS

カテゴリー別アーカイブ: ライブ報告

呼応する音

Jammerでの柏木玲子さんとのデュオライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。10年以上前に、初めてご一緒した時から、自由奔放、でも歌心に満ちている玲子さんのピアノにとても惹かれていました。しばらくご縁がなく、今回久しぶりにご一緒できる、ということで、もう選曲するときから楽しみで仕方がありませんでした。

当たり前のこと、ではあるのですが、カラオケのように伴奏に合わせて歌うのではなく、それぞれ好き勝手に演奏するのでもなく、まるで、演奏しながら、歌いながら、玲子さんと楽しくおしゃべりが続いているような、そんな幸せに包まれて、本当に楽しく歌わせていただきました。これ!これ!これがアンサンブル!!という興奮に思わず行き過ぎたところも多々ありましたが、音楽の喜びでいっぱいの夜でございました。

初めてライブさせていただくJammer、マスター厳選のレアものウィスキーのそろう、お酒好きにはたまらないお店です。

ウィスキーは普段ほとんど飲まないのですが、せっかくなのでライブ終了後、マスターにお願いして「初心者でも楽しめるウィスキー」(だってね。通の皆さんは、「正露丸の匂いのウィスキーが最高」とか言うし、いやいや、まだその域にはね。。。)2種類を頂きました。

ロックで頂いたのですが、まろやかな舌触りや喉を通り過ぎる暖かな感触に、ちょっとハマリそうな予感がしました。とはいってもうちのはロック2杯でもう酔い酔いなので、いろんな味がわかるようになるまでにはずいぶん時間がかかりそうですが。

音楽の神様に感謝。
次回Jammerでの玲子さんとのライブは来年2月13日(土曜日)です。
是非是非ご予定ください。

61831
玲子さんとツーショット!!しあわせ!

お品書き
プログラム1

 
コメントする

投稿者: : 2020/11/15 投稿先 ライブ報告

 

今後の予定 2020.11~

JKCafe でのLa Fiesta ライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。10月最終日のライブ、楽しく歌わせていただきました。

もう年末だなんて、どう考えてもおかしい!騙されているような気分です。「時の経つのが速いのは充実している証拠」という誰かの言葉を信じて良しとしましょう。

年末まで頑張ります。

***********************************

Jazz

2020年11月14日(土)20:00~

JAMMER

尼崎市東難波町4-13-13
06-7177-7501
https://jammer-jazz.com/


うちののぶこ(Vo)
柏木玲子(Pf)

初めてお世話になるお店、レアなお酒がそろっているお店、素敵ですね。久しぶりの柏木さんとのライブに興奮気味です。ピアノ愛にあふれた柏木さんのピアノ、大好きなんです。楽しみ!是非遊びに来てください。

******************************

JAZZ&POPS

2020年11月27日(金) 19:30

Live&Bar Uncle Jam


(JR甲子園口駅徒歩3分)
http://www.uncle-jam.jp/index.html

img20200911191132756819
うちののぶこ(Vo)
市川 強(G)

テーブルチャージ800円(別途、2ドリンクオーダーをお願いします)+投げ銭
(事前にご予約お願いいたします)

スタートがいつもより早くなっていますのでご注意ください。
ツイキャスによるライブ配信も行います(有料)ので、
お出かけしにくい方は是非、お家でくつろぎながらお楽しみください。
配信チケットはこちらから
https://twitcasting.tv/f:176151749114549/shopcart/25498

*******************************

さて、ここから火曜日から日曜日に4か所でマラソンライブです。もう、これはとにかく体力勝負??体調管理に努めます。皆さま!どうか激励に来てください。お待ちしております。(リポビタンD、アリナミンVなどの差し入れ大歓迎!!)

*******************************

La Fiesta

2020年12月15日(火) 19時~

高槻JKカフェ

土佐まさかず(Ds)
西脇 敦子 (P)
奥島 康幸(G)
宮下 典男(B)
平口充(As)
うちののぶこ(Vo)
music fee:お志

JKCafeでは珍しいLa Fiestaのよるライブです。

*******************************

La fiesta

2020年12月16日(水)19:30~

Jazz Cafe ZAC BARAN

(京都市左京区 熊野神社前交差点 東入100m メタボ岡崎B1F)
TEL 075-751-9748

http://www.secondhouse.co.jp/zacbaran_top.html
https://www.facebook.com/ZAC-BARAN-654781627940759/timeline

土佐まさかず(Ds)
西脇 敦子 (P)
奥島 康幸(G)
宮下典男(B)
平口 充(As)
うちののぶこ(Vo)

昭和レトロな雰囲気が漂うお店。お料理がとっても美味しいんですよ。是非遊びに来てください。

***********************************

Samba&Bossa Nova

2020年12月19日(土) 19:00~

ブラジル料理

SAMBA BRASIL

西宮市深津町3-25 深津橋本ビル 202
TEL 0798-61-5454

An autumn concr

うちののぶこ(Vo)
錦織賢治(Gt)
テーブルチャージ500円+投げ銭(別途、1ドリンクオーダーをお願いします)

少人数限定ライブです。事前予約制。ご予約は
nobukouchino@hotmail.com
まで。
ブラジル音楽をたっぷりお届けします。

 

***********************************

La fiesta

2020年12月20日(水)19:30~

Music Cafe SOEN

京都府京都市右京区常盤御池町14−11
http://musiccafesoen.com/

土佐まさかず(Ds)
西脇 敦子 (P)
奥島 康幸(G)
宮下典男(B)
平口 充(As)
うちののぶこ(Vo)

2020年最後の(たぶん)ライブはLa Fiesta at SOEN。にぎやかにお送りしたいと思っています。

***********************************

 

カメラを止めるな!音楽も・・・

いきなり乱暴なタイトルですみません。「カメラを止めるな!」2018年の邦画です。最高に面白い傑作だと思っています。

Mクアトロでのライブに来てくださった皆様ありがとうございました。錦織賢二さんの7弦ギターとカヴァコ、大野こうじさんのギターとフルートと一緒に、古い古いショーロの曲、サンバ・ボサノバの名曲、70-80年代のMPB、そしてボサノバの流れを汲む最近の曲まで、ブラジル音楽をたっぷり聴いていただきました。

ノリノリで聴いてくださるお客様、2人のギター少年の掛け合い(前にも書きましたが1個のサッカーボールを蹴りながら、楽しそうにどこまでも駆けていく姿が思い浮かぶんです)、ギターとフルートの重なり、カヴァコのどこか懐かしい響き、万全の感染対策をして場を用意してくれるかつみママ、これ以上ない幸せな空間で、楽しく歌わせていただきました。

イタリアに長くおられたNさまが、Tristezaはイタリアでも大ヒットしたよ、と1ステージが終わった後イタリア語でちょっと歌ってくださいました。世界中で愛されているんだなあ・・・。イタリア語とポルトガル語はとっても似ています。近いといわれているスペイン語とポルトガル語よりももっと近いのではないかしら、と思います。Nさまも「曲によっては聴いていておおよその歌詞がわかる」とおっしゃっていました。

1セット目の最後の方で、突然どこからか異音が!!あれ?と思っていたら2セット目の途中からは大野さんのギターがスピーカーから消えたり現れたり、あれ?あれ?機材の不具合?シールド?などとあれこれ探りつつ、最後にはディストーションをかけたような音が鳴りだしました。大野さん、動じません。そのディストーションのような音で遊び始めます。さすがはギター小僧(少年どころか小僧呼ばわり)!!絶対音楽は止めない。さすがです。ハラハラしていたのがこちらも楽しくなってきてしまいました。

アクシデントもまた楽し。音楽はずっと流れている、という中での目線や音でのやり取り、なんだかわたしもギター少年のボールを一緒に蹴っているような瞬間さえある、そんな楽しいアクシデントでした。

ちなみに、かつみママとお店の名誉のために断言しておきますが、原因はお店の機材ではなかったことは後ではっきりいたしました。ママ、心配させてごめんね。

永遠に歌い続けていたい、終わってほしくない、そんな気持ちになる時間でした。
次回同じメンバーでのライブは来年2月19日(土曜日)です。

3人で同じ表情?

アルバムはこちら(皆様、写真ありがとうございます)
2020.10.29 Mcuatro

お品書きはこちら

 
コメントする

投稿者: : 2020/10/31 投稿先 ライブ報告

 

o meu remédio é cantar

歌うことが私の薬。
フォホーの名曲、Luiz Gonzaga の Que Nem Jiló  の一節です。

祇園はCandyでのLa Fiestaライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。寒暖差が激しい今日この頃、着込んでは「暑い」と言い、薄着しては「寒!」となっております。

どうも最近疲れやすく、体力の低下を実感しています。お店に到着したときはなんだか身体がダル重く、リハでもテンションが上がらず、あら、どうしたものかしら・・と不安になっていました。でも、お客様が来てくださって、熱心に耳を傾け、盛大な拍手で盛り上げてくださったお陰で、一曲歌うごとに「ぐんぐん」と力が沸き上がるのを感じていました。

アンコール曲のジェット機のサンバをご紹介した時に、その曲が大好きなお客様が「やったー!」と声を上げて下さって、そんな風に喜んで聴いていただける幸せに、わたしも「もうジェット機そのまま飛んでいってしまいます!!」というぐらいの高揚感でした。

本当に歌はわたしの何よりの薬なのでした。
もっともっと楽しんでいただけますように。次回Candyは1月6日(水曜日)です。ひょえ~~~!!!もう2021年だああああ。

DSC_0836
今日も元気いっぱいのLafiesta男衆

DSC_0837
ピアノのあっちゃん

 
コメントする

投稿者: : 2020/10/15 投稿先 ライブ報告

 

Pra cantar, pra sambar pra valer

バイーヤの神様は、人々が生き、歌い、サンバを踊り、そして幸せのうちに死を迎えることができるように守ってくださる。

西宮北口のサンバ ブラジル料理店での錦織賢治さんとのDUOライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。シェフのレジナルドさんの故郷、バイーヤ州賛歌、Eu vim da Bahia を含め、ブラジル音楽づくしでお送りいたしました。

前回ライブさせていただいたのは、2月の始め。
https://luckynobee.com/2020/02/09/vamos/
8か月近くも前です。その時は立ち見も出ようかという満員御礼のなかで「新しいインフルエンザかなにかが流行ってきているみたいですね」などとMCでも話しておりました。

厳しい自粛の時期を越え、人数限定でマスクや消毒に最大限気を遣いながらではあるものの、また再び皆さんと一緒に音楽を楽しみ、美味しいお料理を楽しむことができる、以前は当たり前に享受していたその時間がどんなに幸せに満ちたものであったのか、ひしひしと感じています。

レジナルドシェフも、お母さん仕込みの料理の腕を振るい、シェーカを振り、もうノリノリでサンバを踊ってくださいました。

Nikkieさんの心地いい7弦ギター(特に低音部がこの楽器のミソ!)、次々運ばれている美味しそうなお料理といい匂い、お客様やお店の皆さんの笑顔、シェフのダンス、店からあふれ出んばかりの幸せに包まれて、本当に楽しく歌わせていただきました。シェフのダンスに気を取られて歌詞が飛んで行ったり、めったにないことなんですが、小節を勝手にすっとぱしたりと、あれこれやらかしてしまいましたが、それでもやっぱり楽しくて仕方がない!!!というライブでした。

実は、翌日(今日)はわたしの誕生日でして、こんな幸せな誕生日を迎えられることに感謝しかございません。なんでしょ?若さも美貌も(いやそれはもともとないし)残り時間も、身体的機能も、脳のメモリ(こちらももともとのスペックにも難があるなあ)もかなり失われておりますが、そんなことをひっくるめても、やっぱり今まで生きてきた中のどこかに戻りたいか?と聞かれたら「今が一番!!」と思います。

来年もそう言えるように、日々精進したいと思います。音楽に関しても、人間としても、まだまだ「伸びしろあり」と信じて。

次回のSamba Brasilでのライブは12月19日(土曜日)です。


幸せすぎて目がない・・・。

アルバムはこちら
https://photos.google.com/share/AF1QipN0awchNKEXc9xn_ikKZ8OGrExsv8llta08291lX_gKE_aqett6eQSiy99GHiX4hw?key=bGVuUUNhS2lJRkFaYkk1UUpMS1Bhd3pZQ21nenZ3

お品書き

お誕生日にお花もいただきました。
マルチカラーのとても美しい薔薇です。

DSC_0801

 
コメントする

投稿者: : 2020/09/27 投稿先 ライブ報告

 

初秋の古都

京都は花園のMusic Cafe SOENでのLa Fiestaライブに来てくださった皆様、小雨の降る中、本当にありがとうございました。

彼岸も近いというのに蒸し暑い晩でございました。(いえ、お店の中は快適なのですが)負けないぐらい暑苦しい、もとい熱いLa Fiestaの演奏をお楽しみいただけましたでしょうか。

特に「濃い」ところでは、Alcioneの2曲、ボーカルでお送りした「Sufoco」とインストでお送りした「Se Não è amor」でしょうか。Se Não è amorはどう聞いても昭和のムード歌謡(褒めてます)。サックスの平口さん曰く「時代劇のテーマ曲みたいやね」いや、ホントに。なので「愛、なかりせば」と勝手に邦題つけちゃいました。(se=if Não=not è=is amor=愛 なのでほぼ直訳ですが)今度ボーカルでもぜひ歌ってみたいと思います。Alcioneの雰囲気が出せるかどうかはわかりませんが少なくとも「昭和感」は思い切り出せる自信がございます。いいのか?それは?

手前味噌ですが、お洒落でアンニュイな演奏が素敵なボサノババンドはたくさんありますが、この「熱さ」がLa Fiestaのウリだと思っています。

ということで楽しく歌わせていただきました。次回SOENは12月20日、日曜日です。ああ、もう寒くなっているだろうなあ。

また皆さんに楽しんでいただけるよう、精進いたします。

DSC_0785

DSC_0786

 
コメントする

投稿者: : 2020/09/18 投稿先 ライブ報告

 

モイ! 初配信

モイ!ってよく目にしていたんですが、なんのことだかわかっていませんでした。動画配信サイト、ツイキャス(TwitCasting)はモイ株式会社が提供しているんですね。で、モイ!ってフィンランド語で「やあ!」というような意味らしいです。英語の「Hi」ポ語なら「Oi」スペイン語なら「Ola」ですね。ちなみに「モイモイ!」は「さようなら」だそうですが、「HiHi」とか「OiOi」とかは言わない。面白いですね。

ということで、昨日のUncle Jamでの池田定男さんとのデュオライブは初めての「同時動画配信」でした。「モイ!」

お店に実際にお越しくださった皆様も、配信を視聴してくださった皆様も、ありがとうございました。リハの時間に間にあうように家を出たのです。配信もあるということで、ちょっぴりお化粧にも力が入っておりました。(なんで?)バス停についてびっくり、コロナの関係で土日は間引き運転になっていてちょうど乗ろうとしたバスがなくなっていました。次まで待っていては間に合わないし、タクシー通らないかなあ・・・と思いながら結局駅まで緩やかな坂道を15分ほど歩くことに。暑いの暑くないのって、帽子も日傘も持っていなかったので、もう汗だく。あああ・・・・・せっかくの化粧が・・・。

ということで幸先悪いな・・・と一瞬思いましたが「いや、これで今日の不運は使い果たしたからきっと今からよいことしかないに違いない!」と考え直してお店に向かいました。

ふふふ・・・・幸運の女神はわたしの味方。本当にそれからは、楽しいことばかり。配信ということで、カメラの向こうに聴いてくださる方がいる、と思うと緊張はしましたが、いつもながら最高の音響を提供してくださるマスター浅野さんと、池田さんのギターにしっかりと支えていただいて、気持ちよく歌わせていただきました。もう、7か月ぶりに池田さんとご一緒できる、と思ったら「あれも、これも」と欲張って、今回もあちこちのジャンルを少しずつ、という「福袋」的なプログラムでお送りいたしました。

来てくれた友人たちが、「Fword (放送禁止の下品なword)言ったらあかんでー!」などというものだから、そもそも配信があろうがなかろうが、普段いかなる場面でもそのような言葉は口走らないうちのですが、妙に言葉にも慎重になって・・・いたはずです。ね?ね?いたよね?

ツイキャスによるライブの視聴は、チケットをご購入の方は9月12日まで。ライブが終わった今からでも購入していただけます。お品書きに興味を持たれた方、是非。

https://twitcasting.tv/f:100002420199471/shopcart/22366?fbclid=IwAR13OdJrtu3yhwM6_1UeAVcdY5ycLzPDTeMDDgn3Tt0CI2avzieEdpqIDT4

お持ちのSNSでログインするか、会員登録してお進みください。

お品書きプログラム1

 
コメントする

投稿者: : 2020/08/30 投稿先 ライブ報告

 

夏の昼下がり

高槻、JKCafeでのLa Fiesta昼ライブに来てくださった皆様、厳しい暑さ、安心とは程遠い状況のなか沢山お越しいただき、本当にありがとうございました。

6月24日のSOENライブにたったおひとり、来てくださったお客様、いつもお店の端っこに座って聴いてくださる寡黙な紳士、そしてジャズの従妹弟子?のマダムシンガー、志賀から来てくださったご夫婦、初めてお目にかかるお客様、皆さんなかなか出歩きにくい状況だと思います。でも「音楽を楽しみたい」と来てくださったことに本当に感謝いたします。少しでも楽しんできただけたのなら嬉しいのですが・・・。

そして、様々なご事情から、まだライブには出かけられない・・・という方も、必ずまた生演奏を聴いていただくことができる日を信じて、お待ちしております。

ライブ中にさらさら~、となにか描いていらっしゃるなあ・・・と思っていたお客様、こんな素敵な絵を描いてくださっていました。許可を頂いて掲載します。TOGOさま、ありがとうございました。
DSC_0745
素敵な絵!!!!

【お知らせ!!!】
29日土曜日の池田定男さんとのライブは、ツイキャスでの同時配信を予定しております。有料ですが、数日は何度でも視聴していただくことができると思いますので、お出かけはちょっと・・・という方、時間が合わない、という方にも楽しんでいただけます。詳細は決まり次第Facebookなどでお知らせいたしますので、是非是非ご参加よろしくお願いいたします。

 
コメントする

投稿者: : 2020/08/24 投稿先 ライブ報告

 

再び集いし者たち

8月1日、梅田Alwaysで開催した、
『Birthday Bash for Sandi Blair’s 80th Birthday~ Celebrate with her children and friends』に来てくださった皆様、感染拡大の中最大限の配慮を下さったスタッフの皆さま、本当にありがとうございました。

出演者中、「1番ブサイク」認定を受けたうちののぶこでございました。(最初に出た植村紀子が「可愛い順!」とか言うから・・・)

今回のSandi’s Childrenは、懐かしいTouch Of Luv のメンバーだった8人のうち6人+梶山敏弘さんの7人が出演いたしました。Sandiの後ろにくっついて、時には8人だけで、週に何度もリハをしながらあちこちで歌わせていただいた懐かしい日々、あれからざっと・・・おおおおお!!!もう20年以上経ってしまっている!!!今まで、それぞれ道は分かれても歌い続けているなんて、本当に本当に嬉しいことです。20年前なんて振り返ると、音楽も人間もあまりにも未熟で恥ずかしい思い出ばかりですが、長い月日を超えて、こうしてSandiの80歳のバースデイを祝うことができるなんて、誰にどう感謝していいのやら。

それよりなにより、Sandiのパフォーマンス!!!全く年齢なんて感じさせません。いやもっともっと深い声、深い歌唱になっている・・・。圧倒されっぱなしでした。
Lastに全員で歌ったSand By Me、SandiのリードにChildrenの声が重なり、皆のパワーが渦になっていくのを感じていました。いつまでも歌っていたかった。

お友達の真理ちゃんが写真を撮ってくれました。こんな風に映像化していただけるなんて思わず、「まあ、遠目やし」とお化粧も適当、直前までマスクしていたので鼻がテカテカ、アップが厳しい・・・。
でも、そんなことはどうでもよい!!
至福のライブでありました。
改めて、状況の厳しい中お越し頂き素敵な時間を盛り上げてくださったお客様、Childrenの皆様、バックを務めてくださったミュージシャンの皆様、バンド出演の皆様、お店のスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

さあ、また次に集う時に少しでも成長した歌をお聞かせできるよう、精進いたします。

114384287_580217525952632_289481670635487092_n

116587566_731910350936421_5260190954889135244_n

 116355954_2629502787288972_1055354159490147601_n

117015659_575072456509339_2572844807677823581_n 
みんなでコーラス。楽しい!!

懐かしいフライヤーも見てください。

 
IMG_0001 
IMG_0002IMG_0003

 
コメントする

投稿者: : 2020/08/04 投稿先 ライブ報告

 

O Show Tem Que Continuar !! (show must go on)

Mクアトロでのライブに来てくださった皆様、ありがとうございました。消毒、扉を開けての換気、お席はひとつづつ間を空けて・・・と準備してくださったかつみママも、ありがとうございました。

少し発表される感染確認の数値が上がってきて、また・・・という重苦しい空気のなか、お運びくださったお客様には本当に感謝しかありません。

大野こうじさんのギターとフルート、錦織賢治さんの7弦ギターとカヴァコ、年に数回この編成で歌わせていただく機会は本当に貴重で、楽しくて。ついつい張り切りすぎて力が入りすぎて、あちこち「やりすぎて破綻」した感がありますが、楽園にいるような高揚感で楽しく歌わせていただきました。
大野さんと錦織さんのギターの掛け合いも、スリリングで楽しくて、なんかこう、「爆発」している感。聴いていてただただ幸せでした。

IMG_2317

本日のお品書き

ここからちょっと発声の話です。
遠い遠い昔、あるオーディションを兼ねたセッションで、関西ジャズ界の重鎮(金管楽器奏者)の方から「発声からやり直した方がよい」と言われたときから、私の発声の旅が始まりました。

発声に関する過去のあれこれはこちら

https://luckynobee.com/2006/03/18/%e6%ad%8c%e6%89%8b%e3%81%9f%e3%81%a1/

https://luckynobee.com/2011/02/18/%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%81%a6%e9%a0%91%e5%bc%b5%e3%82%8b%ef%bc%9f%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%81%8f%e9%a0%91%e5%bc%b5%e3%82%8b%ef%bc%9f/

https://luckynobee.com/2008/12/07/%e5%8f%a3%ef%bc%88%e5%96%89%ef%bc%89%e3%81%a7%e5%90%b8%e3%81%86%e3%81%8b%e9%bc%bb%e3%81%a7%e5%90%b8%e3%81%86%e3%81%8b/

https://luckynobee.com/2018/12/23/%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%81%ab%e7%ab%8b%e3%81%a1%e8%bf%94%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e5%bd%93%e3%81%9f%e3%82%8a%e5%89%8d%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a8/

ここ数年発声に関してある悩みがあり、上記以外にもいろんな人に相談していろんな訓練を試しておりましたがなかなか克服できず。
それで、最近また新しい発声の先生のところに通うようになったのです。私のニーズ(こうなりたい、こんな発声がしたい)を丁寧に聞いて下さり、本当にそこに集中した指導をしてくださいました。なんでしょうね、過去の先生たちと比較して、特異なことをするわけではないのです。それなのに、「克服しつつある」の実感が確実に・・・・。

山崎先生はわたしの恩人。
https://www.facebook.com/jun.yamasaki.music
子供のころ音楽室にバッハやベートーベンの肖像画がずらっと並んでしました。それと同じように、私の中の音楽室には、自分をここまで導いてくれた師がずらっと並んでいます。山崎先生もすでにそこに並んでおります。

本当に自分の発声に変化を感じています。ただ、まだ安定しない部分がたくさんあり、今回のライブでも、おそらく今までの発声のほうが、結果としては安定した歌唱であったのでは???と思う部分もあるのですが、上記リンクにもある最初についたボイスの師匠の言「自分の持っているものを一度捨てなければ次はない」を信じて、精進しようと思います。

 
コメントする

投稿者: : 2020/07/18 投稿先 ライブ報告