RSS

カテゴリー別アーカイブ: あれやこれや

音楽の不思議 続けるということ

先週は、年2回の恒例となっている、母のハーモニカ教室の発表会に出かけました。70人もの生徒さんが出演する大きな発表会、先生のご苦労が偲ばれます。

今回、母はカラオケではなく生バンドで「星に願いを」を演奏致しました。母には機会があればできるだけ生の楽器の伴奏を勧めています。ハーモニカを始めて7年(多分)、初めのうちはとにかく”音符に書いてある音を出す” だけ(失礼)で、とても音楽と言えるシロモノではございませんでした。(音符の長さはほとんど無視でしたし)言葉で言えば「あー!」とか「おー」とか発音するだけでは言葉になりませんね。それとおんなじ。リズムが、ましてや音の質がどうとかいう以前の問題でございました。音楽が好きで、「この曲を弾きたい」という思いがある、ということはその音楽を聴くことができるのに、楽器を弾こうとするとそこがすっぽり抜け落ちてしまって「音を出す」「楽器を演奏する」行為に注力しちゃうんですね。不思議なものです。

もちろん音を出す、音階を奏でること自体に技術がいるわけで、そこは訓練をしなければいけないわけですが、肝心の「この曲を・・・」は忘れてはいけません。

先ずは「やっほー!」って歌えること。音を間違えて「やっほー」が「ひゃっほー!」とか「やっへー」になっても構わないけれど、山のてっぺんで「やっほー!」って言っていることが伝わるかどうか、ここなんだよなあ・・・・。
ということで、間違ってもいいから全体のリズムが大事。音間違えて変な音が入ろうが、ちょっとずれようが、歌えていたらちゃんと聞こえるよ、って言い続けて7年。

今回も、もちろんバンドの皆さんがうまく合わせてくださったのは間違いないのですが、それでもかなり「参加」出来ていたと思います。そして、アンサンブルが成立するとその音楽は魔法がかかったように不思議な力で聴く者を魅了する。そうすると今度は聴く人も一体になってさらに音楽が広がっていく。
これはやっぱりカラオケではなかなか望むことができない「ライブ」のマジックだと思っています。
本人としてはまだまだ演奏を楽しむ余裕はなかったとのことですが、確実な進歩に胸が熱くなったのでした。

継続は力。次はもっと楽しめるように頑張れ!

IMG_1442

頑張ったね。

 
コメントする

投稿者: : 2017/12/09 投稿先 あれやこれや

 

Como un Cielo Limpio

「美しい空のように」かしら?

ラテンの師匠Carlos Ortegaの新しいCDです。3曲目、Carlosのオリジナル曲「Viajero」の日本語訳を担当させていただきました。スペイン語は全然わからないのに、何故にわたくしにオファーが回ってきたのか、よくわからないのですが、Carlosが一旦英語に訳したものを読みつつ、また作者本人から聞き取りしつつ・・・の作業でございました。

Carlosのように、世界中あちこちに数年単位で暮らして、そして日本で結婚して子供が生まれ・・・・「故郷に帰りたい」という気持ちと、桜の美しいこの国への愛情と、どちらも同時にある、それはまるでどちらでもない別の場所を漂流しているような気になることもある・・・・。

経験のない身にはなかなか実感としてはわからない感情ですが、強い人にしか耐えられないある種の孤独・・かな、なんて考えました。最近難民の話題があちこちで聞かれるので、否応なしに住む場所を追われた人たちの郷愁はいかばかりか・・・なんてことも少し考えたり。

ありがたくも訳者としてのみならず、「Special Thanks To」にクレジットしていただきました。

IMG

 
コメントする

投稿者: : 2017/09/24 投稿先 あれやこれや

 

思い出は宝物

先日、小学校5年生、6年生のときの同窓会がありました。先生をお迎えしての同窓会は2年ぶりです。

https://luckynobee.com/2015/08/15/%E6%99%82%E3%82%92%E8%B6%85%E3%81%88%E3%81%A6/

恐る恐る参加した前回の同窓会でしたが、わたしにとっては長年の胸のつかえがとれた忘れられない思い出となっています。
音楽好きの先生のおかげで、何かにつけて合唱をするクラスでした。前回、歌集を手作りしてきてくれた同級生がいて、2次会はカラオケボックスにて、みんなから先生に、当日いつもポケットに入れて持ち歩いておられた音叉をプレゼント。(頭にコンと当てて、少し首をかしげるように耳に持って行って「ん~」と声をだす、その先生の姿はきっとクラスメイト全員が覚えているはずです)、小学校の校歌や、当時歌った「山口くんちのツトムくん」などを歌ったのでした。そのとき、「次回は思い出の合唱曲のカラオケを作ってこよう!」と決心していました。

昨年あたりからぼちぼち、同窓会開催の話がでていましたので少しづつ作業を進め、
https://luckynobee.com/2017/07/05/%E4%B9%85%E3%80%85%E3%81%AE%E6%89%93%E3%81%A1%E8%BE%BC%E3%81%BF%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E3%81%A8/

簡単な楽譜集と、カラオケCD、ラジカセなどを持参いたしました。

1次会は元町駅東を少し上がったところにあるハナワグリル、同窓会出席者は先生を含めて14名。半数、とはいきませんが、なかなかの人数ではないかしら。この2年の間に新たに連絡がついて参加した人も3名いました。

2次会には、全員でカラオケボックスに移動、先生がみんなで合唱した曲を他の団体が歌ったもの(当時わたしたちが合唱した音源はなかったようで、)を、全員ひとりひとりCDにしてきて配って下さいました。今回の合唱カラオケの話は先生にはしていなかったにもかかわらず、カラオケを作った曲がすべて入っていて・・・。先生も同じ思いを持ってくれていたのかなあと思うと感激でした。お陰さまで模範演奏を聴いてから合唱、という流れになりました。

「合唱ばかりしていたことはもちろん覚えているけれど歌った曲、覚えていないわ・・」と言っていた当時の野球少年たちが、伴奏かかったらちゃんと歌えて、途中で入る手拍子も無意識に揃って、歌いながらみんなが目を丸くしている・・・。なんだか鳥肌が立つような素敵なシーンでした。

自分が、合唱大好きだったから、ひとりで張り切ってしまい、本当は歌なんて歌いたくない人もいるのではないか、ととても心配していたので、ほっとしました。

当時さながらの先生の歌唱指導も入り、それもまた懐かしく、4曲を数回ずつ歌っては「あの時こうだった、あの曲はどうだった」と話にも花が咲きました。

ただ、ひとつだけ悲しいことがありました。クラスメイトの内の一人が、30代で病気で亡くなっていたことが、同窓会の数日前にわかったのです。2年前にも「連絡がつくといいね」と噂していただけに、みなショックを受けました。
一夜明けた翌日は、クラスから3名が代表で、ご実家にご焼香に行ってくれました。背の順で並んだらいつも先頭だったMくんが、170㎝を超える長身になって、研究職として頑張っていたこと、日本酒が好きでぐい飲みを集めたり、カメラが趣味で、登山したり、ご両親ともあちこち旅行に行ったこと、お亡くなりになる前に「短かったけれど普通の人より2倍、3倍濃密な人生だった」と語っていたことなどをお聞きしました。思い出を語りながら日本酒を一緒に飲みたかった・・・という思いは残りますが、心からご冥福を祈りたいと思います。

また次回、みんなが元気で、そして仲間が増えていますように、と願っています。

乾杯!!
17819卒業40th第2回同窓会_170821_0010_thumb

花束贈呈
17819卒業40th第2回同窓会_170821_0009_thumb

歌ってます。みんなと歌えて本当に嬉しかった。
17819卒業40th第2回同窓会_170821_0017_thumb
17819卒業40th第2回同窓会_170821_0007_thumb
解散前に女子(?)だけで
17819卒業40th第2回同窓会_170821_0008_thumb
0001_thumb[2]

作っていった歌集。おっと歳がばれるからちょっと加工・・。

髙柳先生、クラスメイトの皆さん、本当にありがとうございました。

 
 

元気な商店街、いいですよね。

29日(土)、甲子園口駅南すぐのAmerican Wine Bar SONOMAさんでのCarlos Ortegaライブで、ゲストとして4曲ほど歌わせていただきました。
SONOMAさんは、超イケメンアメリカ人ダービーさんのワインバー。雰囲気があってゆったりワインを楽しむことができる素敵な空間でした。お客様のノリもとてもよく、かつ上品。

仕事帰りにこんなお店でちょっとグラスを傾けて・・・なんて素敵だな。甲子園口はよかところですたい。

翌日日曜日は、Carlosのレッスンとピアノのレッスン(こちらも甲子園口、駅の北側のご自宅)、おりしも商店街は夏祭り。ミニSLが走り、ゆるキャラのコウちゃんがスケボに乗り(これ、中のひとかなり怖いのでは・・)あちこちでバンドが演奏し・・路線バスを迂回させての歩行者天国。うーん、甲子園口恐るべし。
芦屋在住のうちのですが、なぜか甲子園口な週末でございました。

 

 

 

 
 

久々の打ち込み作業

いにしえのPC98の時代から楽譜作成とバッキングを作るために音楽ソフトを使ってまいりました。

https://luckynobee.wordpress.com/2005/11/10/%e9%9f%b3%e6%a5%bd%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88%e3%81%ae%e3%81%8a%e8%a9%b1/

最近は、細々(蜘蛛の糸の細さ・・)と続けているピアノのお稽古の甲斐あってか、外に持ち出しての練習にはバッキングソフトは使わずに「ピアノ絵本」でコードを押さえながら・・ということが多くなりました。

https://luckynobee.wordpress.com/2016/12/17/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%9F%E3%81%A1%E2%91%A1/

8月に小学校の5.6年生のクラスの同窓会が予定されておりまして、宴会以外に、皆で合唱をしようと計画しております。なにせ、恩師が常に音叉を持ち歩いている、音楽好き(その後音楽専科の先生になられました)でして、朝な夕な、何かにつけてクラスで合唱していたのです。中井貴一さん主演の映画「ビルマの竪琴」で合唱ばかりしている部隊を観た時は「あ、ウチのクラスとおんなじ!」と思ったものです。

で、最近せっせと思い出の合唱曲の伴奏の打ち込みを作っております。カラオケみたいに薄くメロディーも聴こえるようにして。以前ならレコンポーザーというシーケンスソフトを使って、ノートも、ベロシティもエフェクトもすべて数値で打ち込んでいったわけですが、音楽ソフトも進化をとげており、普段は楽譜を作るためにしか使っていないFinaleに、今や「Human Playback」というユーティリティーがありまして、楽譜にアーティキュレーション、発想記号、クレッシェンドなどを入れておけば、それをを解釈して生演奏であるかのような演奏をしてくれるんです。今回初めて使ってみましたが、いやあ・・凄いわ。初見やのにねえ。

昨日は、その同窓会の下見(兼飲み会?私は途中から参加)、関西のメンバーのうち4人が集まりました。合唱への思い入れは、自分が恐らく突出しているであろうから、みんなに歌うことを強要することになってもいけないなあ・・なんて考えてもいたのですが、みんな覚えている、覚えている。あれも歌った、これも歌った、と話に花が咲いたのでした。

DSC_0089

写っている男性2名、そのころはとても美しいボーイソプラノで、その声を今でもはっきり覚えているほどなのですが、二人とも当時はそれが嫌で低い声に憧れていたのだそうです。そんな話も時を経てこそ聞くことができますね。

今出来上がっているのは、先生の「歌おうよ」にまだクラスは戸惑っていた初めの頃の思い出の曲「誰かが口笛ふいた」「まっかな秋」、そして6年生の11月にクラスで出場した市内の合唱コンクールでの自由曲「夕やけに拍手」。8月の同窓会当日までにもう1曲ぐらい増やせたらいいなあ。
皆で歌うのが楽しみで仕方がないうちのであります。

 
コメントする

投稿者: : 2017/07/05 投稿先 あれやこれや

 

ハーモニカ道場、そしてサンバ

なんだかんだでバタバタしておりました。週末はちょっと一息。
ハーモニカ道場
4日(日)は恒例の母のクロマチックハーモニカの発表会。今回は弁天町の世界館(どうしても「世界観」と変換しますね。そりゃそうですね)という施設が会場でした。初めて降りる環状線の弁天町駅、海は見えていませんが、なんとなく埠頭の匂いがしています。歩くこと5分ぐらい。安治川のほとりに立つ世界館、会社の倉庫を改装したと思われるその建物は、普段はプロレスの興行などをしているらしいです。プロレスの会場になるだけあって、照明がやけに派手でした。ミラーボールが3つもぶら下がっていたし。

キャパは200人を切るぐらいでしょうか。ちょっとした発表会にはちょうど良い大きさではないかしら。音響もよかったです。

さてさて「木谷クロマチックハーモニカ教室 ハーモニカ道場2017」、総勢69名が演奏する大規模な発表会。毎年、どんな曲が聴けるかな、と楽しみにしているのですが、今回異彩を放っていて、わたしとしては最高に楽しませていただいたのは、多分リアルタイムで楽しんだ世代と思われる(ということは同年代か?)男性の演奏された「Dancing All Night」(by もんたよしのり)!うーん、なかなかハーモニカにあいますねー。もんたよしのりさんの泣きの入った声が重なるような素敵な演奏でした。

母は今回「無縁坂」に挑戦。さだまさしさんの曲ですね。初心者でいきなり「コンドルは飛んでいく」だの「ひまわり」だので大コケしていたことを思うに、よい選曲だったと思います。ただし、こういう「聴かせる」曲は逆に難しい面もありますね。一見簡単そうなテーマ部分、歌を知っている聴衆なら、歌詞が聞こえてくるぐらいにハーモニカが歌えていないと台無しですもん。

運がいいとか悪いとか
人は時々口にするけど
そういうことってたしかにあると
あなたを見ててそう思う
忍ぶ忍ばず無縁坂
かみしめるような
ささやかな僕の母の人生

うーん泣かせる・・・と言いたいところですが、カラオケのテンポから奔放にずれていく演奏にハラハラドキドキで、噛みしめている余裕はありませんでした。だけど曲のエンディングはちゃんと帳尻合わせられたし、アドリブ風アレンジの部分もよく頑張っていたので今回は及第点をあげることにしましょう。お母ちゃん、頑張ったね。
その日は母と二人、梅田にて明るいうちからビールでプチ打ち上げ致しました。母は失敗したところが悔しくて仕方がないらしく、ぐずぐず言っておりました。その気持ち、よーーーーーーくわかる。(ああ、あれはなかったことにしてもう一度歌わせて・・・と何度思ったことか)でもね、そうやって成長していくのですよね。出来なかったところより、今回できたところを大切にまた頑張ってもらいたいものです。別にプロになるわけでもなし、うまくなってどうなる?ってどうもならないんですが、そんなことじゃないんですよね。「ああ、少し進歩したな」って思えることって、凄く幸せなことだと思います。それは多分日々の生活を豊かにすると思うんだな。
そしてサンバ(そして神戸みたい。サーーーーンバ、泣いてどうなるのか)
6日(火)は、谷町4丁目、グラバー邸というバーに、サンバユニット「ミストラード」さんのライブを聴きに行きました。余談ですが、なぜか、わたしはグラバー邸という名前から、神戸の異人館にある店だと思い込んでおり(ちなみにグラバー邸という施設は神戸にありません。長崎ですね。何重にも勘違いですね)、先週同じくライブに行く予定だったSAPOさんと話していなかったら、「近くまで行ったらわかるやろ」とばかりに当日三宮に向かっているところでした。あぶないあぶない。
閑話休題。普通の6弦ギター以外に7弦ギターとカヴァキーニョでサンバを弾く素敵なギタリストが関西におられる、ということを知り(youtubeでもチェック)、SAPOさんにご紹介いただいて、いきなり連絡、初めてお会いする前にライブでご一緒することもお願いしてしまったという、(自分で自分の行動にびっくりしています。向う見ずすぎる。自分にこういうことができるとは思っていませんでした。)錦織さんに会うためでもありました。
ミストラードさん、オーセンティックなサンバやショーロを中心に演奏されているようです。山下美紀さん(とってもチャーミング!)と内桶あきこさん(ピアノも、ギターも歌も!すごい・・・。)とのツインボーカル、梅田麻美子さんの美しいフルート、そして錦織賢治さんのギター、カヴァキーニョと、それぞれの演奏の素晴らしさもさることながら、バリエーション豊かで(ハモったり、楽器を持ち替えたり)、編曲もきちんとされていてとても楽しめました。(いいバンドを見ると「羨まし~。入れてくれ~」って思いますね)
ということで、8月に大野こうじさん(Gt,Fl)、錦織賢治さん(7Gt、Cavaquinho)と一緒にライブします。歌いたい曲が山ほどあってなかなか決められませんが、ジャズを通じてボサノバを知り、CarlosやLaFiestaに出会って今まで歌ってきたたくさんの歌を大切に、古いサンバからボサノバ、MPBも楽しんでいただけるような、「ブラジル音楽ア・ラ・カルト」のような、あるいは「ブラジル音楽お得ディナーセット」のような(意味わからん)ライブにしたいな、と考えております。

改めてご案内致しますので、是非是非楽しみにしてください。

 
コメントする

投稿者: : 2017/06/10 投稿先 あれやこれや

 

ギターに魅せられた人、そしてDIVA

Uncle Jam でのCarlos Ortega &荻野やすよし ライブでゲストとして4曲歌わせていただきました。
初めてご一緒させていただいた荻野さん、自ら「ギター(音楽)オタク」と言われるだけあって、音へのこだわり、あらゆるギター音楽への情熱、そして何よりギターを演奏しておられるときの表情から、「ギターへの愛」がひしひし伝わってくる素晴らしいギタリストでした。

webサイトはこちら
http://www.yasuyoshiogino.com/

荻野さんの愛は、おそらくCarlosにも伝わって、いつもに増して感情のこもった「泣き」の入る歌とギターに思わず「ウーン」とうなってしまうことしばしば。
いやあ、本当に、なんでしょ。いい演奏はさらにいい演奏を生んで、いい演奏は人を幸せにしますね。

さて、翌日はCarlosと唄仲間と一緒にダイアン・リーブスを聴きに行きました。(at 神戸オリエンタル劇場)
ダイアン・リーブス、デビューしたころから圧倒的な歌唱力でしたが、時を経て、いまや神の領域に入っている感。声のコントロール、リズム、インプロビゼーション、なにをとっても「圧倒的」としか言いようがない。そしてそれ以上に「歌」の説得力。力量あっての説得力と言えなくはないのですが、もうこの人だったら、歌詞をつぶやくだけ、いや黙っていても「歌」が伝わりそう・・・と思ってしまうぐらい(そうなると呪術や宗教の世界、ええ、もうすれすれですね)でした。

バンドもまた一流だの最高だのという言葉が陳腐に感じるぐらい。とにかく凄い・・・の一言。わたしとしてはメインのダイアン・リーブスとギターのホメロ・ルバンボがお目当てだったのですが、ピアノもベースもドラムも、一人一人のクオリティの高さだけでなく、5人一体になった時の音の神々しさはまさに光が降ってくるようでした。

Dianne Reeves(vo)
Peter Martin (p,md)
Romero Lubambo (g)
Reginald Veal (b)
Terreon Gully (ds)

今回、もともと行くはずだったメンバーが急病で、ほとんどジャズは聴かないCarlosを、やはりギターがホメロ・ルバンボだから、ということで誘ったのですが(始まる前、「この会場で、彼女を知らないで来ているのはきっとボクだけ」と笑っていました)、彼もやはり圧倒されて「素晴らしい、世界が大きく広がったような気がする」と言っていました。
ああ、言葉で綴れば綴るほどもどかしくなってしまう。
終了後は三宮のカジュアルフレンチ「肝胆亭」さんで美味しい料理をいただきながら冷めやらぬ興奮を分かち合ったのでした。(4人でワイン2本空けてしまった・・・)
http://www.kantan-tei.jp/

至福のコンサートでありました。