RSS

検索結果: ‘働き’

懐かしさ、そして新たな気持ち

日曜日は、京橋でポルトガル語のレッスンを受けてから西宮へ移動して、31日のリハーサル。今回はいつもゲスト出演してもらっていたAtsukoさん参加の曲を大幅に増やしたので、イントロや、エンディングなど、曲の構成をチェックしつつ、ひととおりリハーサルしました。本番が楽しみです。

さて、西宮へはリハの時間の1時間前に着いて、ぶらぶらしていましたら、ばったりと懐かしい人に出会いました。むかーし昔、就職したての時にとてもお世話になった人です。なんというか、波長が合うというのか価値観があう、というのか、大先輩でありながら、仲よくしていただきました。お互いに働きながら別に熱中しているものがあり、(それが何か、ということを具体的に語り合ったことは一度としてないのに)、そういうこともあってなんだか「同志」のように感じていました。早くに退職されて、いまはご病気の奥様の介護をされていることは知っていて、気にはなっていたのですが、わざわざ会いに行ったところで自分には何もできないし・・・と、心の中でただ、ご夫妻の日々の幸せを願うばかりでした。
 
「いまでも唄っている」と言ったら、ほとんど涙ぐむように喜んでくれて、「頑張ってるんやなあ、うれしいわ」と言ってくださいました。
その人も、いつもは通らない駅に、たまたま寄ったのだとか。偶然に感謝です。
懐かしさと、お元気そうなお姿に胸が熱くなりました。

素敵な人に出会って、たとえその後ご縁が切れて、それきり会うこともなかったとしても、その人の「存在」を知ったということだけで、どれだけ自分が励まされて、その後生きていくうえでの支えになるか、ということをについて、改めて思い至って、本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

まして、そういう出会いのあった人と、ある日偶然再会し、同じ「輝き」のようなものをその人に見つけた時の喜びは、なにものにも代えがたい貴重な体験ですね。

その人には聴いてもらえないけれど、いつでも精一杯歌おう、そしていつまでも歌おう、そう思って臨んだリハでした。

本番は、31日19:30 東淀川 OPPiDOMです。
皆様のお越しをお待ちしております。

 
コメントする

投稿者: : 2012/10/29 投稿先 あれやこれや

 

ファイアスターターでチャーリーのパパが「押した」後の頭痛は多分こん な感じに違いない。

って いきなり分かるひとにしか分からない話で恐縮です。スティーブンキング好きの方には分かっていただけことでしょう。
JKカフェでのライブに来て下さった皆様、ありがとうございました。今日は高槻ジャズストリートの出演者向けの説明会があったとのことで、ミュージシャンのお客様も多く、緊張いたしました。
パソコン仕事が祟ったのか、今朝から左の目の奥がズキズキ痛んで全く集中できず、午後から足と頭のリフレクソロジーにいったら「頭皮も足もこわばっているように固かった」と言われて、こういうときに円形脱毛症になるのかしら(経験あり)…気をつけなくちゃ…と思いつつ だいぶましになったものの、頭痛は続いていて、夜出かけるまで寝ていました。

お店についてからも頭がぼーっとしてテンションがあがらず、自分で決めて譜面もわたした曲をわすれて「何歌うんだっけ?」と聞く始末。

けれど歌い始めたら、頭痛はどこへやら。すっかり楽しくなってしまいました。歌詞がしょっちゅうどこかに飛んでいましたけど。

条件反射のようなものでしょうか。今、帰りの電車の中、かなり疲れてはいますが、頭痛は治まっています。

帰宅したらとにかく早く休んで、明日はしっかり働きます。

 
コメントする

投稿者: : 2012/04/18 投稿先 ライブ報告

 

雨の土曜日

高槻JKcafeでのLa Fiestaライブに来て下さった皆様、ありがとうございました。雨の土曜日だというのに、沢山のお客様で、とっても嬉しかったです。

午前中は別のコンサートの準備スタッフをしておりました。気圧が低いと途端に体調がイマイチになるうちの、椅子を運んだりマイクなどをセットしたりした程度で、大した働きもしないのに、すっかりくたびれモードで、高槻へ向かう電車のシートに座ったときには、二度と立ち上がれないような気がしていました。身体は殆ど二つ折り状態。ずるずる身を引きずるようにお店に到着。

でも、演奏が始まってしまうと 急に疲れはどこかへ行ってしまいます。特に熱心に聴いて下さるお客様がいたらもう本当に幸せな気分、身体も軽い!

で 今帰りの電車に揺られております。

明日はSOEN
今日はゆっくり休んでまた明日 頑張ります。

 
1件のコメント

投稿者: : 2012/03/17 投稿先 ライブ報告

 

カーニバルの朝

 
 リオではカーニバルの最終日。水曜の朝まで踊り続けている・・・はず。
 
 今年はブラジル移民100周年だそうです。100年前、神戸の港から、初めてブラジルに渡った船「笠戸丸」は到着まで50日かかったとか。今年のカーニバルでは、日本人移民をテーマにしたパレードも登場して、日本風の衣装や飾り付けが喝采を浴びているとか。なんだか心あたたまる話だなあ。
 
 今では、向こうへ渡る人は「働きに」というよりは、ブラジルに憧れていく人ばかり、逆にブラジルからたくさんの人が働くために日本にやってきています。100年越しの「お互い様」。長いお付き合いなのですねー。
 あれやこれやに思いを馳せながら、部屋にこもってサンバの練習。水曜の朝まで・・・とはいかないけどね。
 
 
 
 
コメントする

投稿者: : 2008/02/04 投稿先 あれやこれや

 

忍法 ぼさのば

雨のなかカフカマイスター館に来て下さった甲賀の皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。銀行だった建物を地元の皆さんで有効に使われているのですね。和紙を使ったランプの明かりと、天井から下がる手染めの布と、なぜか壁のはるか高い位置にある(強盗対策だ立ったのでしょうね )金庫の扉、止まった壁時計、昔学校にあったような大きな灯油ストーブ…。レトロな空間にすっかり落ち着いた気分。初めてなのに懐かしい…。そんな場所で唄わせてもらってとってもHappyでした。
京都のホテルに戻ってきたら1時をまわっていました。でも満ち足りた気分で爆睡。朝からバイキングで爆食べ。今日も頑張って働きます。
 
 
コメントする

投稿者: : 2007/02/17 投稿先 ライブ報告