RSS

ギターと声のロマンス

24 5月

Uncle Jamでの、Carlos Ortegaライブにゲストとして出演させていただきました。
カルロスの語った、ライブのテーマが、ずばりこれ。

カルロスの故国アルゼンチンを始め、南米の国々で昔から親しまれてきた音楽、「ギターと声だけ」の音楽。タンゴも、いまはバンドネオンが有名ですが、古くはギターと声、という組み合わせが一般的だったのだそうです。

テーマに合わせて、今回のカルロスのギターはクラシックギター。亡くなったお友達の遺品のそのギターの音色、昔から好きだったので、わたしもご機嫌で唄わせていただきました。

Sabiá(Chico Buarque/Antonio Carlos Jobim)
Tarde em Itapoã (Viniciusde Moraes/Toquinho)
Só tinha de ser com você(Antonio Carlos Jobim)
Emoldurada ( Ivan Lins )
Asa Branca (Humberto Teixeira/Luiz Gonzaga)

の5曲を歌わせていただきました。

A子さん、HAMAさん、写真ありがとう。
聴いてくださった皆様、ありがとうございました。

スペイン語がご堪能なお客様(カルロスのファン)が、カルロスが、わたしのことを
”Nobee”と呼ぶのを聞き間違えされたのか「ノビータさん」とおっしゃったことから、
「Nobita Uchino」(ノビータ・ウッキーノ)」というラテン系の名前を拝命いたしました。ノビータ、は必ず伸ばすこと!のび太と違いますよ!

2013052308

              2013052305

 2013052306笑ってます

  唄ってます     2013052307

20130523014人グループ・・ではない

                え?どこ? 2013052302

2013052303唄ってます

唄ってます 2013052304

P1030536本日のギター

 
コメントする

投稿者: : 2013/05/24 投稿先 ライブ報告

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。