RSS

ラ・ボエーム

19 12月
 仕事の関係で、関西歌劇団のラ・ボエーム(縮小版)を2幕まで、見せていただきました。ラッキー!
 舞台の上にもうひとつ舞台を作って、その上と周りで芝居を、手前に弦楽5名、フルート、オーボエ(多分、見えなかった。見えなくても聴き取れよ!いや、面目ない)、ピアノという編成。ナレーター役の方が解説を加えながら、ハイライトシーンを見せる・・というもの。全体を1時間ほどにまとめてあります。
 
 オペラには決して詳しくはないのですが、声楽の師匠のところで、オペラアリアも教えていただいていたので、少しかじりました。なかでもラ・ボエームは、生の舞台では見ていませんが、メトロポリタン歌劇場のテレサ・ストラータスがミミを演じた劇場版と、フレーニがミミを演じた映画(?)版の2本のビデオを見たのでなじみがありました。どちらもフランコ・ゼッフィレッリ演出。フランコ・ゼッフィレッリ監督って、映画の「ロミオとジュリエット」「エンドレスラブ」でしか知らなかったのですが、オペラの監督もやる人だったのね・・・。
 
 大仰なセットや衣装のオペラよりも、ボエームのようなストーリーで魅せるものの方が、唄に集中できて好きです。(オペラはそもそも唄に集中するものじゃないですね。だからいまいちオペラに入れ込めないのでしょう。ミュージカルにしてもしかり。ミュージカルからのスタンダードをたくさん唄っているのに、”ミュージカル好き”では(今のところ)ないのです。ダンスも好きなんだけどなあ。いっぺんにいろいろ・・というのが性に合わないのでしょうか?)
 
 縮小版であっても、やっぱり生で見るのはよいですね。最後まで見たかったなあ。仕事の一部で、すべてを鑑賞するのが目的ではなかったので、そうも行きません。
わたしは、2幕のムゼッタのアリアが好きなので、そのシーンを見ることが出来たところまでで我慢です。
 
 いつか、ボエームの舞台が近くに来たら、ちゃんとチケットを買って、是非見に行こうと思いました。
 
 あっちもこっちも、個人のお宅でクリスマスイルミネーション、すごいですねー。夜道を歩くのが楽しみです。
 ご近所さん大賞!!
セルフルミナリエ
 
  
 
コメントする

投稿者: : 2007/12/19 投稿先 エンターテイメント

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。