RSS

丘に住む人々

28 7月
音楽 今日はCarlosのレッスンでした。FAVELA(O morro nao tem vez) とO Patoのお勉強。FAVELAは、明日の発表会で唄仲間の一人が唄う、と聞いてにわかにわたしの中でブームになった曲です。
 
O Patoをはじめて聞いたのは英語バージョン。器楽曲にたくさん歌詞をつけたことで有名なJhon Hendricksのお嬢さんのMichele Hendricksのアルバムでした。
ずいぶん昔の話ですが、Michele Hendricksが来日したときに淡路島のホテルでライブを行ったんですが、その前座にK’zの発表会・・という企画がありまして、そのときにお会いしました。とっても気さくで暖かいお人柄でした。
 
で、彼女のアルバムで知ったO Pato、その後、セルジオメンデスなどで聴いて初めてブラジルの音楽なのだということを認識しました。好きな曲だったので、耳コピーして長いこと唄ってきたんですよねー。なので、嘘っぱちの歌詞がもう癖になってしまっている。
それをワンフレーズづつチェックしてもらいながらの練習。
 
ちゃんとブラジルの人が聞いてわかる発音で唄えるようになりたいものです。
クエー!クエー!クエー!
チョコボ~ル音楽
 
ちゃうって。
 
明日はK’zの発表会
リオっ子が一年に一度、カーニバルで弾けるように
わたしも弾けますわよLOVE
 
 
コメントする

投稿者: : 2007/07/28 投稿先 唄との出会い

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。