RSS

入院生活その3

22 10月
 少しづつ、元の生活ペースに戻しつつあります。でも今度はあまり無茶をしないよう慎重にいきます。
入院した日の前日ぐらいから、パートナーも調子を崩しておりました。なので、医者へはタクシーで行ったわけです。入院が決まって、そのときはほとんど転げまわらんばかりに苦しんでいたのですが、医者に促され、診察室から電話で、パートナーに入院になったことを報告。そのあと、着替えなど、持ってきてもらったのですが、その後、パートナーも熱が上がり続け・・・・。かかりつけの医者にはさじを投げられて、7月に彼が入院した別の病院へ・・・。入院を強く勧められたそうですが、私が咲きに入院してしまっているし、とにかく通院で・・・とお願いし、点滴に通ったそうです。
 
 なんと。。ちと二人そろって情けないことでした。
 
コメントする

投稿者: : 2006/10/22 投稿先 あれやこれや

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。